ピクシブ百科事典

湊カツミ

みなとかつみ

湊カツミとは、『ウルトラマンR/B』の主人公の一人である。
目次[非表示]

演:平田雄也 / 藤沢元(幼少期)

概要

ウルトラマンR/B』の主人公の一人。漢字表記は湊活海
湊イサミ湊アサヒの兄でウルトラマンロッソに変身する。
年齢23歳(本編開始15年前に8歳と明言されている他、1年後を描いた劇場版にて24歳との表記がある)。5月23日生まれ。血液型はA型。

昭和世代も含むこれまでの主人公格のウルトラマン変身者は

  • 防衛隊などの組織に所属
  • そうでなくとも何かしら特殊な素質や能力がある
  • ウルトラマン本人が地球人の姿で活動している

……といった具合に敵と戦う為の力となり得る要素を持っているのだが、本作の変身者であるカツミは弟のイサミ共々戦闘訓練を受けている訳でもなければ特殊な能力も持たない完全な一般市民という珍しいケースとなっている(カツミの方に関しては野球をやっているので身体能力は決して低い訳ではない)。

普段は父、湊ウシオが経営するセレクトショップ「クワトロM」の唯一の従業員として働き、父と共に一家の生活を支えている。
かつてはかなりの実力を持つ野球少年として将来を有望視されていたが、8歳の時に宇宙考古学者であった母親の湊ミオが謎の失踪を遂げた事で家族を支えるために夢を断念する事になってしまった(大学野球のオファーを断ったとの事)。しかし野球自体は現在も地元商店街の有志で構成された草野球チームの「ホワイトベアーズ」に所属する形で続けている。

アクの強い父や弟のツッコミ役となる事が多い一方、ウルトラマンに初めて変身できた際は終始困惑気味で、「自分たちがウルトラマンであることがばれると家族に迷惑が掛かる」「巨大生物を相手に毎回勝つことを人々から求められるようになる。そんな責任に耐えられるのか?」と、当初はウルトラマンとして戦うことに躊躇しているような描写もあった。

基本的には本作でも数少ない常識人で、温厚かつ理知的な性格なのだが、好きなことに関しては周囲も驚くほどの熱血ぶりを見せることがあり(イサミ曰く「意外とノリで何とかしようとする」)、第4話では恩師である熊城松雄の引退試合に花を添えたいという気持ちが先走るあまり、医学的に効果がない練習をチームメイトに強要したり、根性論を押し通そうとしたりして弟達に突っ込まれ(ちなみに、このシーンでは何故かとある別作品のBGMが使われていた)、チームメイトたちからも反発されてしまう事態を招いてしまったことがある。

劇場版では事実上の主人公を務める。
イサミとアサヒが夢に向かって歩む中、自分の将来を決めかね(悩みすぎてメザシと犬が合体した謎の生物をノートに書いた)、久しぶりにあった戸井ゆきおの代わりようにショックを受け、なぜか自分を付け狙うウルトラマントレギアによってホスター21星系に飛ばされてしまうが、湊一家と朝倉リクの活躍で帰還。
事件終了後はデザイナーの勉強をすることを決め(あの謎の落書きが評価されたらしい)ウシオの知人のいるミラノへ留学することに。同じく留学するイサミと別れ、自分の道を進み始めた。

余談

カツミを演じた平田は大卒のため、大学出身者で平成ウルトラマンシリーズの主人公を演じるのは『ウルトラマンネクサス』の主人公・孤門一輝を演じた川久保拓司と『ウルトラマンX』の主人公・大空大地を演じた高橋健介に次いで3人目となり、平成生まれの主人公では2人目である。

また、平田は前作愛崎モア役・長谷川眞優と同様に日テレ系の情報番組『ZIP!』でもリポーターとして出演しており、2年連続で『ZIP!』からウルトラシリーズレギュラーが登場することとなった。

関連タグ

ウルトラマンR/B ウルトラマンルーブ ウルトラマンロッソ

アスカ・シン:元高校球児だったウルトラシリーズの先輩。
剣飛竜加賀美新:元高校球児の東映特撮ヒーロー。



朝倉リク←湊カツミ&湊イサミ※(→工藤ヒロユキ

※「ウルトラマンR/B」が平成最後の作品である為。

関連記事

親記事

湊家 みなとけ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「湊カツミ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 91200

コメント