ピクシブ百科事典

目次[非表示]

演:小池亮介 / 嶺岸煌桜(幼少期)

概要

ウルトラマンR/B』の主人公の一人。湊カツミの弟でウルトラマンブルに変身する。
母のミオに影響され、宇宙考古学を研究している大学生。年齢19歳(本編1年後を描いた劇場版にて20歳と明言されている)。4月13日生まれ。血液型はB型。
カツミの事は「カツ兄」と呼ぶ。好物はチーズの入ったおかかおにぎり。

昭和世代も含むこれまでの主人公格のウルトラマン変身者は

  • 防衛隊などの組織に所属
  • そうでなくとも何かしら特殊な素質や能力がある
  • ウルトラマン本人が地球人の姿で活動している

……といった具合に敵と戦う為の力となり得る要素を持っているのだが、本作の変身者であるイサミは兄のカツミ共々戦闘訓練を受けている訳でもなければ特殊な能力も持たない完全な一般市民という珍しいケースとなっている。

明朗快活で好奇心旺盛、自由奔放な言動が多く、やや直情的。演じる小池亮介氏からも「子供っぽい性格」と言われている。
しかしカツミと同じく家族を大切にしている。普段はカツミに茶々を入れることが多いが、内心では自分の夢よりも家族を優先したカツミに対して尊敬の念を抱いている。また、第1話では父:ウシオの独特のデザインセンスに理解を示していると思われる描写もあったが、第2話以降はそうした描写はなくなっている。
兄と比べると運動神経はそれほど良くなく、第1話でグルジオボーンから逃げる時も途中で疲れ、たまたま置いてあったレンタル用の自転車に乗っていた。

綾香市の伝承など怪獣にまつわる事件を独力で調査しており、第4話では怪獣出現を知らせるアプリも独自に制作している。

ウルトラマンに初めて変身した際は困惑する兄とは真逆に終始興奮気味であったが、先走り過ぎるあまり2回も兄に攻撃を当ててしまうなど空回り気味。それでも咄嗟の閃き戦闘の突破口を開き、以降の戦いでも彼の開けが事態打開の突破口となることが多い。
熱い正義感も持っており、「毎回勝つ事を求められる責任を背負えるのか?」という兄の問いに対し、「でも!俺達がやんなきゃだろ!」と反論している。
その一方で、恩人であるコマ姉メカゴモラの体内に閉じ込められ、撃破のためにやむを得ずメカゴモラに攻撃を加えた後は、「カツミ(ロッソ)がコマ姉を助けてくれなければ、怪獣ごとその命を奪っていたかもしれない」と、初めてウルトラマンの持つ力の危うさに気づき、恐怖心から一時的にブルに変身できなくなったこともあった。

また、家族に対しては割とおちゃらけた一面を見せているが、誰に対してもそうした態度を取っているわけではなく、同じ大学の二宮ユウハの前では兄のような落ち着きを見せていた。

劇場版では自身の研究が海外で評価されユウハからカリフォルニアの大学への留学を勧められていた。自身の夢に向かうチャンスではあるものの「もしまた怪獣が出たら…」という理由で一歩を踏み出せずにいたが、カツミに「お前はお前の行きたい道を進めばいい」と後押しされた。それに感謝したイサミもまた「カツ兄も自分の夢、叶えてよ」と言葉をかけ、カツミが自分の夢と向き合うきっかけを作った。
事件終了後は同じく留学するカツミと別れ、自分の道を進み始めた。
その後、『ウルトラギャラクシーファイト』ではブルとして登場。タロウたちウルトラ兄弟によって、兄弟そろって光の国に呼び出され、(この際、いつものやり取りをした後遅れてお互いがウルトラマンの姿をしていることに気づくというある意味いつも通りのコメディチックな一幕がある。ちなみに、セリフからしてすでにカリフォルニアに留学した後のようだ)アサヒ=グリージョ(とゼロ)がウルトラダークキラーにさらわれたことを知ると、兄共々タロウの制止も聞かず飛び出して行ってしまう。その後エタルガーと戦闘になり、序盤こそ互角に戦うものの、一瞬のスキを突かれ大ピンチに陥ったところをリブットに救出され、光の国に帰還、その後はジードとの再会や(本物の)オーブとの初対面を経て、グリージョ及びゼロの救出、ひいてはウルトラダークキラー撃退のため、仲間たちと共にウルトラダークキラーの下に向かった。

ウルトラマンタイガ

-ニュージェネクライマックス
ヒロユキを助けるために新世代ヒーローズと共に世田原市にやって来る。

UGFTAC/ウルトラヒーローズEXPO2021

ブルとしての登場はなかったが、大いなる陰謀ではチームの勧誘に来たゼロに、EXPO2021ではゼットのピンチに駆けつけた際にそれぞれグリージョからカツミと共にデビルスプリンター絡みの事件を追っている事が明かされた。

余談

ウルトラマンシリーズで主人公が学生という設定は『ウルトラマンガイア』の主人公・高山我夢、『ウルトラマンギンガ』の主人公・礼堂ヒカル以来、3人目であり、大学生という設定は『ガイア』以来2人目である。ちなみにイサミ役を演じた小池氏は幼少期時代はリアルタイムで『ガイア』を見ていたと語っている。

関連タグ

ウルトラマンR/B ウルトラマンルーブ ウルトラマンブル

巽ナガレ:自由奔放な言動が多くて長男にに茶々を入れることも多い兄弟ヒーローの次男繋がり。
小津魁:学生として生活する兄弟ヒーローの弟繋がり。
オルバ・フロスト:激昂し易い性格でもあり、子供っぽい面もある弟繋がり。イサミは正義の弟であり、オルバは悪の弟である。
桐生戦兎同時期の作品の主人公。こちらも天才キャラで、熱血派の相方がいる点も同じ。また一時期トラウマを抱え戦意喪失した事がある。
夜野魁利同時期のW主人公作品の主人公の片割れ。こちらも年下で知能派、ライバルが年上で熱血派等が共通している。またこちらも弟キャラである。

朝倉リク湊カツミ&湊イサミ → 工藤ヒロユキ

関連記事

親記事

湊家 みなとけ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「湊イサミ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「湊イサミ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 247167

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました