ピクシブ百科事典

ギンガスパーク

ぎんがすぱーく

ギンガスパークとは、ウルトラマンギンガの変身アイテムである。
目次[非表示]

音声:川原慶久

概要

スパークドールズとなったウルトラマン怪獣を一時的に元の姿に戻し、使用者と一体化、ウルトライブさせることが出来る短剣型のアイテム。使用者は礼堂ヒカル
ウルトラシリーズでは初となる、喋る変身アイテムである。

光の国の伝説として語り継がれてきたアイテムで、ウルトラマンタロウも「闇の呪いを解く唯一の希望」としてその存在を知っていた。ダークスパークと対をなす存在。

経緯は不明だが、ヒカルの祖父であるホツマが神主をしている銀河神社の御神体としてまつられており、タロウによって発見され、夜中に御神体を調べにやってきたヒカルの手に渡った。

通常は側面のスパークブレードを閉じた召還モード(メイン画像左)をとり、スパークドールズの左足の裏についたライブサインを先端のスパークリーダーで読み込むことで「ウルトライブ!●●(ウルトラ戦士・怪獣名)!」と音声が流れ、その怪獣や宇宙人、ウルトラマンにウルトライブする。
怪獣や宇宙人に変身した際初代ウルトラマンの変身ポーズようなポーズ(所謂ぐんぐんカット)で現れることがある。

ウルトライブ!ブラックキング
ウルトライブ、サンダーダランビア!


また、ウルトラマンギンガのスパークドールズは普段この中に入っており、ヒカルの勇気の力に反応して出現すると、スパークブレードが展開した変身モードとなる。この状態でギンガのサインを読み込むと、柄部分にあるスパークフェイスカバーが展開しギンガの顔を模したスパークフェイスが出現する(メイン画像右)。この時音声が「ウルトラーイブ!」と少し伸びる。

初期は前回の戦いで手に入れた別の怪獣にライブし、ある程度戦って後ギンガにライブしていた。ウルトラマン全員の悩みである時間切れを解決し、多様な技を持つ敵への対応も瞬時にできる、ある種万能な能力である。
ただし、第6話以降は普通にギンガへ直接ライブできるようになっている。

ウルトラマンギンガSからは変身プロセスこそそのままだが、親指と人差し指でスパークブレードを跳ね上げてギンガのスパークドールズを出現させ、伸ばした両腕を8の字を描くように振ってからリードし、高く掲げ「ギンガー!」と叫んで変身するようになった。

これ以外にも、スパークドールズを探知する機能や、手持ち武器として使用することもでき、ダークルギエルとの最終決戦では状のギンガスパークランスに変形するなど様々な機能を持っている。

また、何らかの不思議な力に守られており、石動美鈴に変身したイカルス星人や盗もうとしたナックル星人グレイは直接触ることが出来ず、吹き飛ばされてしまっている。ただし、人間であれば悪意のあるものが触れても問題はない。

ギンガライトスパーク

8話から登場したダークダミースパークのギンガスパーク版で、ギンガスパークを盗まれた事で変身不能になったヒカルを救いたいと美鈴が銀河神社の祠に願ったときに出現した。
10話ではスーパーグランドキングとなった美鈴を救おうとした健太、千草、誠一郎の前に出現し、最終回ではダークルギエルの圧倒的な実力の前に屈することのなかった降星小学校の卒業生たちの前に大量に出現し、タロウをライブすることに成功した。
番外編ではヒカルや友也がいなくとも負けずに立ち向かった健太と千草の前にも現れている。

常に召喚モードの形態をしており、カラーリングは半透明な青色。新ウルトラマン列伝では光のダミースパークとも呼ばれた。

ギンガスパークランス

輝けギンガ!!


ギンガスパークが変形した
ダークルギエルとの最終決戦で初めて使用したものだが、この時は光に包まれており全体像は明らかになっていなかった。
続編のギンガSにて光が消え、スパークブレードやスパークリーダー部分が青い刃で縁どられているという全体像が明らかになり、戦闘にも積極的に使用するようになった。


関連タグ

ウルトラマンギンガ 変身アイテム スパークドールズ ダークスパーク エクスデバイザー

ウルトラマンパワード…主題歌「ウルトラマンパワード」の歌い出しが「銀河のスパーク」である。でも多分何の関係もない。

pixivに投稿された作品 pixivで「ギンガスパーク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11732

コメント