ピクシブ百科事典

ペダニウムランチャー

ぺだにうむらんちゃー

ウルトラシリーズに登場する宇宙ロボット:キングジョーのカスタマイズ装備の1つ。
目次[非表示]

概要

キングジョーの改良型の右腕に装備されている大口径ライフル

見た目に違わず威力は絶大で、設定上は怪獣よりも強力とされる超獣ですら問答無用で粉砕するほどの凄まじい破壊力を秘めているという。漫画大怪獣バトルウルトラモンスターズ』では、ゴモラ攻撃がほぼ通じなかったバキシムたった一発で撃破エースキラーの片腕をもぎ取っており、河本ひろしによる漫画版『ウルギャラ』に至ってはバキシムを闘っていたアントラー諸共消滅させていた
間違いなく、ウルトラマン光線技並みの威力があるとみてよかろう。

映像作品においても、『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』において、登場早々、ペダニウムランチャーでサラマンドラルナチクスをまとめて始末した他、あのゼットンとも一歩も引かない互角の戦いを展開して見せた。『ウルトラマンギンガS』でもギンガビクトリーを相手にこのペダニウムランチャーを使用し、苦戦に追い込んでいる。
ただし、ファイブキングのような極めて強力な怪獣には殆ど通用しなかった。

また、キングジョー本体と同様、宇宙金属ペダニウムで生成されているため強度も十分で、格闘戦ではリーチの長さを生かして打撃武器として使う事も可能。

『大怪獣バトル』とは別の世界の出来事を描いた、漫画『ウルトラジャーニー』に登場するアンドロイド:キングジョーも必要に応じてペダニウムランチャーを装備・使用している(メインキャラクターの1人であるお嬢も使用するシーンがある)。
何気に同作ではランチャーから発せられる光線をサーベル状にした白兵戦モードなる新機能が登場している。

他の使用者

基本的にペダン星人の武装であるが、他にもこのペダニウムランチャーを使用した者がいる。

スペースペンドラゴン

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』およびその続編である『NEO』に登場する、ZAPの大型輸送船。
『NEO』において、ペダン星人ダイルの呼び寄せた無人ドックによって改造された結果、機体上部にペダニウムランチャーが装備された。元々装備されていたが使用不能だったハイパーオメガ砲をベースにしたからなのか、キングジョーに装備されているものとは異なり、強力なレーザーを放つタイプとなっている。

ベムスターを、逃げ込んだ小惑星ごと粉砕する等あまりにも凄まじい破壊力を持っていたことや、クルーたちが「スペースペンドラゴンは戦闘艦ではない」という信念を持っていたため、初使用から程なくして封印されていたが、その後、キングジョーブラックの大群に苦戦するレイを援護するべく、ヒュウガ隊長が封印を解いて使用。キングジョーブラックの大半を殲滅して大損害を与え、ペダン星人のレイオニクス討伐部隊を撤退へと追い込んだ。その後も、最終話でアーマードダークネスに苦戦するレイとグランデを援護するべく使用し、アーマードダークネスに大ダメージを与えたほか、劇場版『ウルトラ銀河伝説』でも、ベリュドラに対して、ウルトラ戦士たちの必殺光線やEXゴモラのEX超振動波と共に使用され、勝利に貢献する等、大きな戦果を挙げている。

ウルトラ銀河伝説外伝』や『キラーザビートスター』では使用していない。
そもそも、両作ではスペースペンドラゴン自体ほとんど出番がなく使う機会がなかったのだが…

ウルトラマンビクトリー

ウルトラマンビクトリー


キングジョーカスタムのスパークドールズを使用し、ウルトランスすることで、右腕にペダニウムランチャーを模したキングジョーランチャーを使用可能。
従来のペダニウムランチャーと同様、怪獣を一撃で粉砕できるほど威力が高い。そのため、劇中ではEXレッドキングナックルやシェパードンセイバーの次に使用頻度の高いウルトランスであった。
なお、ウルトラマンビクトリーの戦闘データを元に調整の施されたビクトリーキラーもキラートランスによりキングジョーランチャーを使用した。

キングギャラクトロン

ベリアル融合獣 キングギャラクトロン


キングジョーとギャラクトロン怪獣カプセルフュージョンライズしたベリアル融合獣
右腕にペダニウムランチャーの強化版ペダニウムハードランチャーを装備しており、こちらはギャラクトロンの魔法陣を形成しながら強力なビームを放つエネルギー砲となっている。体内で発生している超強力なエネルギーによって威力は数倍に上がっているという。

関連項目

ウルトラシリーズ 大怪獣バトル ウルトラマンギンガS
ペダン星人 キングジョーブラック キングジョーカスタム ウルトラマンビクトリー ウルトランス キングギャラクトロン
大砲

pixivに投稿された作品 pixivで「ペダニウムランチャー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7169

コメント