ピクシブ百科事典

ロブトン星人

ろぶとんせいじん

ロブトン星人とは、『ULTRAMAN』に登場する宇宙人。原作漫画には登場しないアニメオリジナルキャラクター。

CV:松川裕輝

概要

手足や顔のようなものが見えない宇宙人で、かつて初代ウルトラマンが戦った四次元怪獣ブルトンに似た姿をもつ。
原作漫画におけるカッダー星人の立ち位置に当たるキャラクター。

常に空中に浮いており、全身にある穴からは鋭い槍を発射する。

食料である地下資源を求めて地球にやってきたが、その過程で地球人を7名殺害したため科学特捜隊によって抹殺対象となり、早田進次郎と戦って殺されかけたが、命乞いの際に佐山レナに擬態、それを聞いて躊躇した進次郎が手を止めたため命拾いし、科学特捜隊に連行された。

なぜブルトンを星人として登場させたかは不明。

関連項目

ULTRAMAN(漫画)

関連記事

親記事

ULTRAMAN(漫画) うるとらまん

兄弟記事

コメント