ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

内田真礼(モーションコミック)

諸星すみれ(CGアニメ)


以下、本作の重大なネタバレを含みます。


人物像

作中において数少ない女性キャラの一人で、本作におけるヒロイン。

現役のアイドルで、3rdシングル『ウルトラブ』を出している。(PVもYouTubeで配信)

本名は『遠藤レナ』で、遠藤庸介の娘でもある。


父である庸介がウルトラマンのファンということもあり、その影響で自身もウルトラマンのファンである。


早田進次郎が変身する現在のウルトラマンにも興味を持ち、エイダシク星人の暴動に巻き込まれた際に進次郎の変身したウルトラマンに命を救われる。

以後、ウルトラマンが進次郎であることを知らないままだが、彼にぞっこん惚れてしまう。

テレビでウルトラマンを擁護するほどだが、それがきっかけで、隔たった思考のファンの嫉妬を買ってしまい、ライブの際に事件が発生してしまう。その際、スクルーダ星人・アダド(実際には、星団評議会の命令で現れただけで、レナに危害を及ぼすつもりではなかった)に攻撃されかけるも、進次郎と諸星のウルトラマンが助けに現れ、危機を逃れた。しかし、自分のファンでもあったイガル星人・ピグモンの犠牲と事件の真相を知り、ショックを受ける。


その後はウルトラマンのことを知るため、科学特捜隊記念館へ行き、遂に進次郎と出会う。初対面から彼に対し、彼こそが自分を救ったウルトラマンの正体であることは知らないままだが、どこかで会ったことがあるような感覚を覚えており、それ以降も進次郎と関わるようになる。


ちなみに進次郎は彼女がウルトラマンに対する熱い思いを口にした時、「アイドルと付き合えるかも!?」と、妄想爆発気味の期待を抱きかけた。(しかし諸星から「余計なことを喋ったら殺す!」と脅される羽目になる)


また、その後は一時芸能活動から身を引き、勉強のためにアメリカへと留学することになるが、そこで暗黒の星による侵略活動に遭遇することになる。


恋に恋する乙女の一面が強いが、エイダシク星人との戦闘で危険を顧みず進次郎に励ましの言葉を送ったり、ライブを荒らす者はたとえウルトラマンでも許さないとマイクで豪語するなど、芯の強さを持つ。


そんな彼女だが、最新話で異星人だったことと、本名がベムラー故郷母と慕われる人物と同一である「マリー」だったことが判明する。


ただし、彼女の実の両親は遠藤の回想場面にて登場しており(その時のレナも実母に似た幼い幼女だった)、ベムラーの知る『母と慕われる人物』とは別人であることが窺える。

ただ、彼女の両親はベムラーがかつての任務で赴いた星で出会い、世話になった者達だと、ベムラー本人が語っている。


ウルトラマンが地球から去った後、地球では異星人に対する過激な弾圧が起こり、レナの実親はその時の暴動で殺されてしまった。なお、この暴動については科学特捜隊は関与していないどころか認知しておらず、暴動の事を知ったときにはレナの両親を含んだ多くの罪のない異星人が弾圧されており、激しく後悔していた(イデ隊員も自分達の責任だとしてレナに謝罪している)。


しかし別人ではあるものの、べムラーは彼女を守るために、母と慕っている人物を模したウルトラマンスーツを転送する装置を遠藤を介して手渡した

もっとも、受け取った直後に「緊急時以外には使うな」と念押しされたにもかかわらず起動し、スーツを纏った自分の姿を見て舞い上がるレナを見て「私は判断を誤ったかもしれない」と嘆く事になったが……。


その後、星団評議会を裏で操っていたゼットンコアが地球人からウルトラマンの信仰を失わせようと表舞台に現れ、レナもスーツを着て戦うが、敵の圧倒的な力に自分がウルトラマンになれたからと思い上がっていたことを痛感し、ベムラーもテンペラー星人に殺害されてしまう。


科学特捜隊本部でイデに正体を明かして一旦は帰宅したが、過去に異星人排斥を行っていた組織に属していた牧史郎が接触。

地球が星団評議会と同盟を結んだ後、組織からの命令で異星人排斥の証拠を隠蔽していた史郎だったが、その最中に先人たちが起こした異星人排斥の真実を知って激怒し、異星人排斥の生き残りであるレナも証拠隠滅のために消される可能性があったことを知った彼は異星人排斥を行った先人たちを秘密裏に暗殺していた。

先人たちが起こしたこととはいえ、レナの実親を殺してしまったことと、その犯人を殺害した事でレナに復讐の選択肢を奪ったことを史郎は謝罪した。それにより自分にも両親を殺した地球人に復讐したいという気持ちがあったことを自覚して泣き出したが、遠藤に「地球人に殺された異星人の子供がアイドルになって、地球で人気者になって受け入れられた」ことを挙げられ、十分復讐できたと慰められ、改めて遠藤との親子の絆を実感した。


そして、改めて後日科学特捜隊にウルトラマンとして雇ってもらえるように頼み、イデや諸星を戸惑わせた

ゼットンコアがマッチポンプのために放ったエレキング似の異星人に苦戦する諸星と北斗の救助に現れるが、ナックル星人とテンペラーが現れて異星人テロリストを始末する。

だが、アラシやバルキーとの対話の末に迷いを吹っ切れた進次郎がテンペラーと激突し、その際にスーツが破損したことでここで漸くウルトラマンが進次郎だった事を知ったのであった


アニメ版でのレナ


「私、ウルトラマンを正義の味方だなんて思ってません」


原作コミックでのウルトラマン好きな一面から一転して設定が異なり、ウルトラマンを応援しているのは表の顔だけで、実際には生まれて間もない頃に起きた母親の死がその時に起こったウルトラマンと異星人の戦いに起因するために内心ではあまり良い感情を抱いていないことになっている(これは父である庸介も同様)。原作と同じようにTVの取材であたかもウルトラマンを応援している様に取れるコメントも、全部事務所からの命令によるキャラ作りと思われる。

この事実は、レナと接近したがっていた進次郎に大きなショックを与えた。

とはいえ、快く思わないものの、原作と同じく進次郎がエイダシク星人からの問いかけに苦悩する際も激励を飛ばす等、全面的に否定しているわけではない。


進次郎=ウルトラマンに二度救われたことと、信じていたはずのファン(それも地球人の恥さらしと言わんばかりに腐り果てた者たち)から消耗品としか見られていなかったという現実を知ったことでその考えに変化が起こり、原作コミックとはまた異なる理由でウルトラマンに近づくために進次郎と交流を交わすようになる。


原作コミックと異なり、早い段階で進次郎がウルトラマンであることに気づき、エールを送りながら連絡を取り合う仲となったため、原作よりも異性間での関係が発展していると言える。

最初のきっかけこそ厳しいものではあったが、最終的に正体を知ったうえで仲良くなっているため、原作の進次郎から見れば実に羨ましいことだろう……と、思われていたが………



アニメ版の彼女の亡き母と、前述での漫画版における彼女の母親の関係は不明。

もしかしたらアニメ版でレナが口にしていた母は、遠藤刑事の妻(漫画版では触れられていないが)だったのかもしれない。


余談

モーションコミック版で声を担当した内田真礼は、その後、2018年の『SSSS.GRIDMAN』や2021年の『SSSS.DYNAZENON』でエンディングテーマを担当しており、2023年の『グリッドマンユニバース』ではあるキャラを演じた。

また、弟の内田雄馬も『ウルトラマンR/B』の劇場作品『セレクト!絆のクリスタル』および『ウルトラマンタイガ』にて悪のウルトラマンウルトラマントレギア役を、『SSSS.DYNAZENON』ではオニジャ役を担当しており、現時点で直接の共演こそないものの、姉弟揃って円谷プロ作品に関わっている。


関連タグ

ULTRAMAN(漫画) ウルトラマン ウルトラヒロイン 早田進次郎


ヤナセ・レナ:過去作の『ウルトラマンティガ』のヒロインにして、名前がレナでウルトラシリーズのヒロイン繋がり。しかもある世界ではある意味進次郎の姉とも言える。


ウルトラマンは神ではない:その意味はアニメ版での彼女の過去が明かされるエピソードで、シチュエーションも含めて連想される。しかも過去作の映画でも、初代ウルトラマン人間態として擬態したハヤタ・シンその弟達から後輩へ助言として送った言葉である。

関連記事

親記事

ULTRAMAN(漫画) うるとらまん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51919

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました