ピクシブ百科事典

ベムラー(ULTRAMAN)

はじまりのてき

覚えて置け………私の名はベムラー………始まりの敵だ
目次[非表示]

CV:磯部勉(モーションコミック)

概要

本作の最重要キャラクター

ウルトラマンスーツと酷似した装甲服を身に纏っているが、トゲを思わせる突起が多いデザインで、地球人に比べて手足が長い。また、マスクの破損部分からはかの宇宙怪獣ベムラーを思わせる牙の生えた口や口元の網目状の模様が確認できる。
また、第42話では黒いスーツの男性の姿でヤプールと接見している(恐らく人間に擬態した姿と思われる)。

高い戦闘力を誇っており、手や口から光線や光弾を放てるほか、アーマーから副腕を出して攻撃するなど多彩な攻撃手段を持っている。また、体の半分以上を消し飛ばされても生きている程の異常な生命力を誇っている

現時点での詳しい目的は不明だが、物語が始まる12年前より独自の思惑で暗躍しており、主人公である早田進次郎やその父の進(ハヤタ隊員)が持つ「ウルトラマン因子」を危険視している(ただし、エースキラー事件収束後は「ウルトラマン因子」の力を完全にものにした進次郎に対して「最早おまえを抹殺する必要は無くなった」と告げている)ほか、星団評議会の暗部やゼットン星人・エドの目的や真意についてもある程度把握しているような素振りを見せている。
そのため、物語の様々な秘密を握る重要なキーパーソンだと目されるが、現時点ではその詳細は不明である。

劇中では真意が見えない不気味さが漂うが、星団評議会の指令で接触したエージェントであるスクルーダ星人・アダド曰く「目的のためなら悪役に回ることすら厭わない」とのスタンスを取っているらしいことから、単純に侵略目的の凶悪な宇宙人と言う訳ではないようだ。
さらに、かつて幼い頃にウルトラマンに助け出された遠藤庸介が感極まって涙を流すシーンがあった(本人も理由はよくわからなった)ことや、進次郎が北斗星司の治療を進言した際に「地球人を助けるのはこれが初めてではない」と発言したことなどから、その正体はある異星人と深い係わりがあるような節があるが…?

関連項目

ULTRAMAN(漫画) ベムラー キーパーソン

以下ネタバレ










第70話にてその正体は初代ウルトラマン本人だったと判明。
ただし、何故現在の姿になったかについては、本人は「評議会と戦う為に今の姿になった」と言っているものの、未だにその根底の原因は謎に包まれている。

余談

進次郎に破壊された後の14話以降のスーツをよく観るとウルトラマンの姿に無数の突起をつけたデザインである事、父親である早田進からも「何か感じとったものがあった」と公言されておりその正体の伏線がある程度貼られていたりする。

コメント