ピクシブ百科事典

カッダー星人

かっだーせいじん

カッダ―星人とは、漫画『ULTRAMAN』に登場する狩猟民族である異星人の名称である。

CV/大平原也

概要

漫画『ULTRAMAN』第18話に登場する宇宙人
から飛び出た鋭いと高く伸びたが特徴の宇宙人で、一応“星団評議会”から地球への移住許可が下りた種族だが、生粋の狩猟民族である為に、一部のものが犯罪に走ってしまう光景が多々ある為に要注意種族にカテコライズされているらしい。

本来は状の武器を使用した狩りを行うが、劇中に登場した個体は先端をらせん状に加工した鉄杭の様な投げナイフを武器としており、地球で窃盗を繰り返して7人の地球人を殺害するという強盗殺人事件を起こし、抹殺対象として科学特捜隊にマークされていた。

再び犯罪を起こした為、抹殺対象として進次郎が派遣されるが、命乞いをした事で進次郎が抹殺から捕縛へと変更し命だけは助かり、そのまま拘束されたようだ。

なお、この行為が気に入らない諸星は、進次郎に対して失望を抱くことになる。

関連項目

ULTRAMAN(漫画) 宇宙人
プレデター→元ネタ?

コメント