2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

諸星弾

もろぼしだん

諸星弾とは、『ウルトラセブン』の主人公モロボシ・ダンの漢字表記、若しくは、漫画『ULTRAMAN』の登場人物の1人である。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. ウルトラセブン地球での姿と名前であるモロボシ・ダンの漢字表記。
  2. 1から転じた漫画『ULTRAMAN』の登場人物。本稿で解説


概要

「僕の名は、諸星弾。ウルトラマンだ」

プロフィール

年齢:24歳
身長182cm
体重69kg
所属科学特捜隊 日本支部
一人称
演:関智一(モーションコミック版ボイスアクター)、江口拓也(アニメ版ボイスアクター)、笠原紳司(アニメ版モーションアクター)

漫画ULTRAMAN』ではウルトラセブンが地球に訪れなかった世界を舞台にしているが、科学特捜隊の隊員にこの名を持つ青年が登場する。

普段はメイン画像のように眼鏡をかけ、スーツを着用しているが、宇宙人相手にウルトラマンスーツver.7(通称セブン)を着用して戦いを挑む。

人物像


漫画版とアニメ版です。



基本的には冷静かつ飄々とした言動が特徴的な二枚目だが、何かしらの過去に起因してか悪事を働く異星人相手には「クソ異星人」と罵り(たとえ同情するような理由があろうとも)情け容赦なく抹殺する冷徹な一面を持っている。そのため、科学特捜隊に協力しているゼットン星人・エドのことも完全に信用している訳ではないようだ(しかしあくまで犯罪を犯した宇宙人だけを憎悪しているだけで、アニメ版では進次郎を睨んできたセペック星人を「気性が荒いが気のいい奴だ」と紹介している)。
だが、本来善良な星人が無理やり悪事の片棒を担がされている場合も、決定的な証拠がなかったり救済の手段が確立されていない限りは被害を抑えるためという名目のもとに抹殺する傾向があるため、『戦姫絶唱シンフォギアXD』でのコラボイベント『弾ける光と正義の賛歌』ではシンフォギア奏者たちとの対立を招いてしまう。

生まれながらにして『ウルトラマン因子』を持って産まれた早田進次郎に対しては、生い立ちや戦うことへの迷いを抱える様子から快く思っておらず、面と向かって「僕はお前のことが好きではない」と口にしている。といってもそれは異星人が起こす事件に対処するプロ意識故のものであるようで、口調は辛辣ながらも足下が定まっていない後輩である進次郎に助言を与えたり、異星人の街へ進次郎を案内して見学させるなど、先輩として面倒見の良い一面も見せている。
一方でアイドルである佐山レナと仲良く会話している進次郎が、(思春期故にアイドルと交流を持つことに期待する気持ちを理解しつつ)自分がウルトラマンであることをうっかり喋ったりしないように、遠くから露骨に殺気を放ちながら「余計なことを喋ったら殺す!!」と、スペシウムソードのおまけつきで脅している。

諸星弾は眼で殺す[2020.7.13]



進次郎も諸星に対しては苦手意識を抱いている(序盤の頃は反発していたものの)部分はあるが、基本的に頼れる先輩として彼のことを信頼している。











正体









第42話で、実は地球人ではなく別の星で生まれ育った異星人であることが判明し、進次郎に大きな衝撃を与えた。

レイという弟がいたらしいが、幼少期に異星人のテロリストに連れ去られてそれ以降消息不明になってしまい、このこともあって悪の異星人に対する怒りや憎悪を抱くようになった。
そのレイが犯罪組織「暗黒の星」に殺され、仕事でへまをしでかし重傷を負った宇宙人に身体を乗っ取られていた事を知り、当初は普段の彼からは想像も出来ないほど動揺していた。しかしあくまで弟の姿をしただけで全くの別人…それも平気で侵略行為を働く『(諸星曰くの)クソ異星人』だと分かった途端、覚悟を決めて抹殺に入る。諸星に全く歯が立たなくなり、レイの姿をした宇宙人は自身の姿を利用して命乞いを図るも、諸星は『レイの兄として、レイの気高い命の尊厳を守る』ために、最愛の弟の体を乗っ取った宇宙人を葬り去った。

宇宙人且つ身体能力は高いとはいえ、ウルトラマン因子を持つ早田親子に比べたら一般人並みであるため、高所から落ちても平気な彼らに宇宙船から飛び降りようと提案されてツッコむ場面もある。
また、北斗に「兄さん」、獅子兄弟に「兄貴」と呼ばれ、「僕に(レイ以外の)弟がいたか?」と大真面目に訊くなど、天然な一面もある。

また、番外編『ウルトラファイト』では女性に対する対人経験値が欠落している事が判明。
イデ達が話し合いの為に離れてしまい、待合室でレナと二人きりという空間に取り残される
諸星がまともに会話した地球人の女性は科特隊の友里、主任の富士、定食屋のおかみさんしかおらず、レナとの会話が全く保たない事態に陥る(レナ本人は全く気にしていない)。
適任の北斗を呼び出そうにも「プラモの発売日だから」と断られ、進次郎も獅子兄弟も不在で(勝手に一人で)完全に追い込まれてしまい、最終的にまさかのエドを呼び出し諸星本人は退室、(何故か)一人で勝ち誇っていた。

余談

単行本に掲載されたあとがきコーナーで、作者でありウルトラシリーズが大好きと公言している清水栄一&下口智裕の両氏にも暗に示唆されているが、本作の諸星弾については、そのキャラ造詣や由来、立ち振る舞い、さらに装備しているセブンスーツや戦闘スタイルも含め、清水・下口コンビの作品である『鉄のラインバレル』の森次玲二の印象が強いとされている(森次の名前はウルトラセブンでモロボシ・ダンを演じた森次晃嗣氏が元ネタだったり、『超常的な才能・戦力を持つが未熟な主人公』(=進次郎/ウルトラマン)に対し、『多彩な武器と極まった練度の高さで敵と戦うプロフェッショナルな先輩』(=諸星/セブン)であるところなどは、そのまま『鉄のラインバレル』における主人公の早瀬浩一ラインバレルと森次/ヴァーダントの関係に近かったり、など)

モーションコミック版で彼を演じた関智一氏は過去にガルト星人グレンファイヤーイカルス星人と言ったセブンと関係が深いキャラ(それぞれ平成ウルトラセブンのラスボスの片割れ、セブンの息子仲間における)を演じている。またセブンと何度か共演した事があるウルトラマンエースの声優も担当している。
また、アニメ版で声を担当した江口拓也氏も『ギンガS』にて、セブンと戦ったことのある異星人の同族を演じている。

関連項目

早田進次郎 ハヤタ・シン イデ隊員 モロボシ・ダン
森次玲二

レッドマン:丈領酌量があろうとなかろうと、悪事を働いた異星人に対する諸星の容赦の無さは、彼の戦闘スタイルを彷彿させる。ちなみに原典のウルトラセブンには「レッド族でも特に身体能力に優れるレッドマンと呼ばれる血統に入る」「かつての名前はレッドマンだった」という設定があるが諸星の設定はこれを拡張させた物と言える。

クロキ・アンジュスーパーロボット大戦30にて共演。こちらは戦闘時限定だが諸星並みに口が悪くなる。

関連記事

親記事

科学特捜隊日本支部 かがくとくそうたいにほんしぶ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 120342

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました