ピクシブ百科事典

暁切歌

あかつききりか

暁切歌とは、TVアニメ「戦姫絶唱シンフォギアG」の登場人物である。
目次[非表示]

CV:茅野愛衣

プロフィール

誕生日4月13日
年齢15歳→16歳
血液型O型
身長155cm
B/W/H82/56/83

人物像

マリア・カデンツァヴナ・イヴ達と行動を共にする少女。彼女もまた、武装組織「フィーネ」に属する装者のひとりである。
協調性が高く明るい性格の持ち主だが、マリアやセレナ調らとともに、アメリカの聖遺物研究機関F.I.S.にてフィーネの魂の器を見出す観測対象「レセプターチルドレン」として扱われてきた暗い過去を持つ。故に仲間との絆は強く、世界を相手に戦う事にも怖れを感じていない。
また、その身の上から「弱者を守る」立場に対するこだわりも強く、ウェル博士の強硬な姿勢に対して心を開く事は少ない。

「常識人」を自称し、作戦遂行の妨げになる要素を荒事で排除しようとする傾向のある調をフォローしつつ事を穏便に済ませるべく努力する良きパートナー。
ただし、その性格は歳相応に子供っぽく、彼女の持つ「一般常識」についても一般大衆の抱くそれとは若干のズレがある。
加えて語尾に「デス」と付け、困った時もとりあえず「デェス!」と叫ぶその語彙センスはF.I.S.出身の装者三人の中で一番独特。シンフォギア装着時に使用する技の名前についても、常人からかけ離れたセンスを持っている事が窺える。

特異災害対策機動部二課の面々と刃を交える中、ウェル博士の手によって「LiNKER」を過剰投与された事により一時戦線を離れる事になるが、その際に起きた事故で調を守ろうとした際に、調に宿ったフィーネの力が発動。この際、調が無意識に発したフィーネの障壁に切歌が手をかざした形となった事で、自分にフィーネの魂が宿ったのだと錯覚してしまう。

元々、武装組織「フィーネ」はマリアを新たに転生した新生フィーネとして祭り上げており、彼女自身もマリアがフィーネであると信じていた。調に対して「自分が自分でなくなるなんて怖いことを結果的にマリアに押し付けてしまった」と苦しい胸中を打ち明けていたのだが、今度は切歌自身がフィーネの器だったという残酷な事実(実際は錯覚だったのだが)に悩むようになる。
そして彼女は最終的に、自分が生きていた証を成果として遺すため、何より「新世界で調に生きていてもらうため」ため、ウェル博士の強硬路線に同調する。

調はこれに反発し、2人は互いを想いながら戦うことになるのだが、その時調が「力」を発動したことで、フィーネの魂が宿っていたのは調の方だったということが判明。全くの誤解から調を傷つけてしまったことに気付いた切歌は、自らに嫌気が差し、自刃することを決める。
しかし、これを調が庇ったことにより、その傷を受け止めたフィーネは、彼女の身体から完全消滅することとなった。

その後、フロンティア事変の最終決戦においては、調との蟠りを解消し、響らに協力して戦いに参加。一連の事件を終結へと導いている。
その後の裁判においては、一時は米国政府によって、未成年でありながら死刑が求刑されていたが、日本政府の立ち回りにより国連指導の特別保護観察下に置かれ、リディアン音楽院高等科に編入。
そこで出会った「先輩」達と一緒にライブを見たりと元気一杯に平和な日常を謳歌している。その一方で、自分達に「毎日笑って暮らせる日常」をくれた人々の力になれていない自分にやるせない思いを抱き、キャロル・マールス・ディーンハイム一派の出現によって響やクリス達が危機に陥った際には危険を承知でシンフォギアを纏い戦う一面を覗かせた。

しかしその行為が他人に不安を抱かせる事を知ると、調の立ち振舞を心配するあまり不仲を拗らせる。そして胸の内を彼女に明かすと共に「責任」の言葉を受け止め、共に人格的な成長を成し遂げ更にはミカ・ジャウカーンを撃破せしめる活躍を見せつけた。

使用ギア:イガリマ

暁切歌


日本政府の管理外にあるノーナンバリングのギア。メインカラーは
アームドギアは魂を切り刻む翠の大鎌。普段はステッキ状の小振りな鎌であるが、用途に応じて巨大化し、中・近距離戦で威力を発揮する。非使用時は肩アーマーに収納されており、両肩から同じものを取り出した二刀展開も可能。
また、両肩のアーマーはアンカーとしての機能を有する他、バーニアを内蔵し、これを駆使することで空中での機動戦を展開する事が可能となっている。

絶唱使用時には、対象の魂を一閃し物質的な防御を無力化するというより死神らしい能力を発現する。調と対峙した際には、この一撃によって調に顕現したフィーネの魂を消滅させた。
しかし、切歌もまたマリア同様に適合係数不足を補う為に「LiNKER」を服用しており、ギアの展開時間に制限がある。

起動聖詠は「Zeios igalima raizen tron」

モチーフはシュメール神話における戦いの神ザババの武器「緑の刃」。
調の赤の刃「シュルシャガナ」とは対となっており、同時運用によるユニゾンによりその性能を引き上げる他、戦闘時の曲も似た曲調・歌詞を持つ。

使用技

単体技

  • 切・呪りeッTぉ:読み方は「きる・じゅりえっと」。鎌の刃部分を分裂させブーメランのように投擲して左右から挟撃する。
  • 断殺・邪刃ウォttKKK:読み方は「だんさつ・じゃばうぉっく」。射出した鎖で敵を拘束し、バーニアで加速しながらイガリマの刃を蹴り込んで対象を両断する。
  • 封伐・PィNo奇ぉ:読み方は「ふうばつ・ぴのきお」伸ばしたアームに保持した4つの肩アーマー各々から鎌の刃を展開する。
  • 双斬・死nデRぇラ:読み方は「そうざん・しんでれら」。2本の鎌を合わせ高枝切りばさみのような形状にして、相手を挟み切る。
  • 終虐・Ne破aア乱怒:読み方は「ついぎゃく・ねばーらんど」。EXドライブ時に於いて大型化した三枚刃の大鎌を振るい斬り掛かる。
  • 災輪・TぃN渦ぁBェル:読み方は「さいりん・ティンカーベル」。肩アーマーからのバーニア噴射を行いながら、コマの様に高速回転してアームドギアで敵を切り裂く広範囲攻撃。
  • 対鎌・螺Pぅn痛ェる:読み方は「ついれん・ラプンツェル」。二本の鎌を融合させ、三日月型の刃が左右についた形の鎌を形成する。


連携技

  • 禁殺邪輪 Zあ破刃エクLィプssSS:読み方は「きんさつじゃりん ザババエクリプス」。切歌と調によるコンビネーションアーツ。イガリマのワイヤーアンカーで対象を固定し、更にそのワイヤーでイガリマとシュルシャガナを繋ぐと共に強撃。調の非常Σ式・禁月輪と切歌の断殺・邪刃ウォttKKKによって対象を確実に裁断する。


技名は「漢字+お伽話の登場人物や用語」のパターンで統一されているが、後半部分が漢字、カタカナ、ひらがな、アルファベット大文字小文字が不規則に入り混じった誤変換のような奇妙な表記になっており、漢字のチョイスも物騒なものが多い。

歌唱曲

獄鎌・イガリマ
作詞:上松範康/作曲:中山真斗/編曲:藤田淳平 / 歌:茅野愛衣
Edge Works of Goddess ZABABA
作詞:上松範康/作曲:菊田大介・中山真斗/編曲:菊田大介 / 歌:南條愛乃・茅野愛衣
オーバーキルサイズ・ヘル
作詞:上松範康/作曲・編曲:喜多智弘/ 歌:茅野愛衣
Just Loving X-Edge
作詞:上松範康/作曲・編曲:喜多智弘・岩橋星実 / 歌:南條愛乃・茅野愛衣

備考

本来の人格を歪まされ別の存在になる鎌使いという要素は、ワイルドアームズレディ・ハーケンに通じるところがある。
また、彼女が調に話していた「ご飯にザバーっとかけるもの」はワイルドアームズにおける日常会話の一例で、シリーズでよく多用されているが、何をご飯にかけるのかまでは言及されていない(WAXFに限り、シチューではないかという考察がある)。
なお、第8話にて彼女のパーソナルデータが記載されているが、本作の登場人物の体重とスリーサイズが公開されたのは、何気にこれが初めてである

関連イラスト

決闘デス!然るべき決闘を申し込むのデス!
デースデースデェース!!



関連項目

戦姫絶唱シンフォギアG 戦姫絶唱シンフォギアGX 戦姫絶唱シンフォギアAXZ
戦姫絶唱しないシンフォギア
立花響 風鳴翼 雪音クリス
月読調 マリア・カデンツァヴナ・イヴ セレナ・カデンツァヴナ・イヴ
ウェル博士 ナスターシャ教授 
櫻井了子
しらきり きりしら 紅の工具と翠の農具

pixivに投稿された作品 pixivで「暁切歌」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3997403

コメント