ピクシブ百科事典

サンジェルマン(シンフォギア)

さんじぇるまん

サンジェルマンとは、アニメ「戦姫絶唱シンフォギアAXZ」の登場人物。
目次[非表示]

CV:寿美菜子

死を灯すことでしか明日を描けなかった、私にはぁーッ!

タグに関して

サンジェルマンのみのタグでは、他作品の同名人物もヒットする為、タグに関してはこちらを使用する事を推奨する。

「サンジェルマン シンフォギア」で検索する事も可能だが、可能な限りで専用タグを使う方がマイナス検索という観点からもイラストを発見しやすくなるだろう。

人物像

パヴァリア光明結社の幹部のひとりで男装の麗人。
カリオストロプレラーティを完全な身体である「女性」へと変えた人物であり、彼女らからは慕われている。

錬金術の到達点は様々であるが、
いずれも目指すところは「完全」を為すところにある。

錬金奥義の果てにその身体を完全なモノへと作り替え、
悠久の命となったサンジェルマンは、
「人は何者にも支配されるべきではない」という考えのもと「神の力」の創造を試みる。

実は数百年前に産まれた人間で、元から女性。
奴隷の娘として生まれ、貧困の中で母親を喪っている。
その理想は彼女の虐げられた幼少期の経験も大きく影響している。
しかし目的のためには人命も厭わず、錬金術により生身の人間たちを分解、本編開始時点で7万人を超える命を奪っている。
ファウストローブを開発、自らの装着するファウストローブのスペルキャスターは銃。

人を人とも思わないアダムのやり方にやがて疑念を抱くようになり、カリオストロとプレラーティを失い離反。
立花響たちと手を取り合うことは否定したものの、終盤は事実上の共闘関係になっていった。

しかしアダムとの最終戦の最中神の力に取り込まれた響を危険視し放たれた反応兵器を食い止めるため、生還して現れたカリオストロとプレラーティとともに「死を灯す」ことをもって臨み、プレラーティの錬成した弾丸状のラピスを使い命と引き換えに反応兵器を消した。
最期に自身の力が誰かのためになったことに満足し、微笑みを浮かべ消えていった。

外部リンク

公式サイトのキャラクター紹介ページ

関連項目

戦姫絶唱シンフォギアAXZ パヴァリア光明結社

カリオストロ プレラーティ
ティキ アダム・ヴァイスハウプト
  
錬金術師 男装の麗人 性転換

ジョルジュ・ビュルー:1900年代のモロッコで性別適合手術の為にメスを振るった産婦人科医。

ハート/ハート・ロイミュード:始めは主人公達と敵対していたものの、終盤で敵の首領を倒すために和解した人物繋がり。

pixivに投稿された作品 pixivで「サンジェルマン(シンフォギア)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70149

コメント