ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「あっはは! 恐れよ、怖じよ! ウチが来たぜっ!!」

CV:愛美


概要

パヴァリア光明結社の元構成員の一人。

「完全なる生命」という結社のスローガンに基づいて神話や伝説上の怪物の再現を目指して作り出された実験体にして、ヴァンパイアの失敗作。


本来のフルネームは、ミラアルク・クランシュトウン

オーストリア・シュタイアーマルク州出身の少女だったが、旅行で訪れたスロバキアにて会員制拷問倶楽部に拉致され、その後にパヴァリア光明結社の辺境支部に卸され、実験体として扱われた過去を持つ。


模倣元である吸血鬼と同じく活動の為のエネルギーは血液によって賄われ、血液の供給がないと活動が鈍くなる様子(戦闘を避ければ多少は消耗を抑えられるらしく、長期間血液を摂取しないと活動停止になるか死亡すると考えられる)。

その血液も何でもいい訳ではなく、140万人に一人とされるRHソイル式の稀血である必要があり、彼女達の後ろ盾であるとある組織から提供してもらっている様である。


自ら『家族』と称するほど、ヴァネッサエルザに対する仲間意識は非常に強い。

普段は露悪的に振舞っているが、それは仲間に極力手を汚させたくないという彼女なりの優しさである。

だが裏を返せば、仲間と認識しない手合いにはどこまでも情を殺し、相対できる苛烈さを持ち合わせているとも言える。

口調は中性的で、語尾には「~ぜ」と付く。口癖は「あざまーす」

センシティブな作品恐れよ、怖じよ!


怪物としての特徴、能力

耳が長いことに加え、よく見ると手も普通の人間よりだいぶ大きい。爪は人体を切断できるほど鋭い。あと太い。


その出自故、並の人間を卓越した戦闘力を所有しており、飛行能力による高い機動力と強化された膂力を武器として駆使する。

そして、その双眸の『不浄なる視線』(ステインドグランス)に宿った精神摩耗(マインドフレア)の輝きで攻め手搦め手双方を多彩に織り交ぜる。


『不浄なる視線』とは改造モデルであるヴァンパイアの能力の再現であり、相手の精神に強制干渉し、自己肯定感を引き下げることで命令を強制的に実行させるという恐ろしい能力。術者以外でも「刻印、掌握」というコマンドワードによって精神コントロールが可能で、今期のの精神を不安定にしていた要因である。

本来使い勝手はあまりよくないもので、訓練された強固な意志の持ち主(要するにほぼ装者全員)には効かないという欠点があり、このために翼の精神にあらかじめ揺さぶりをかける必要があった。三話でに使用した際は弾かれていた。


普段は背中に翼のように生えているバイオブーステッドユニット『カイロプテラ』は飛行ユニットとして機能するが、腕部や脚部に纏わせる事でその部位を強化できる。

【宣伝】シンフォギアのスリーブ等 その2

ただしこれも二枚しかないため、両手足あわせて二本(飛びながらだと一枚は残しておかなければならないため一本)しか使えないという欠点がある。

シェム・ハによる強化後は両肘と両ひざにも小さな羽が一枚ずつ追加され、四肢を肥大させたまま飛行も可能になった。

また、「オープンバット」という、大量のコウモリに分離したり、分身する術を使えるようになっている。


動向

初登場時は南極にて『棺』と戦う装者達をエルザと共に遠くから監視していた。

本格的な出陣は第2話からだったが、翼とマリアのコンサートにアルカノイズ達を引き連れて現れ、10万人もの客を虐殺。

翼の前で客の1人だった少女を殺し翼を挑発。

翼の激昂に乗じて『不浄なる視線』を打ち込み、訃堂が翼を手の内に引き込むための準備を施すことになる。

第3話では自分たちに必要な輸血液の引き渡し現場を目撃された事で目撃者の抹殺を行うも、肝心の輸血液を紛失してしまった事で病院を襲撃、輸血液の奪取を試みるも暁切歌月読調に阻まれる。

この隙にヴァネッサエルザが輸血液を奪取、大規模な停電を引き起こして撤退する。なお病院患者や街への被害がほぼなく不必要な一般人への攻撃は行っていない事が分かる。

第4話では輸血液の取引を目撃された事で訃堂の黒服を処刑するよう命令され、露骨に嫌悪しながら「許せとは言わないぜ」と言いながら殺害する。



シェム・ハの力で完全な怪物へと変えられてしまった際には人間に戻ることができなくなったことを知り号泣。彼女の奴隷として生きる道しかなくなってしまう。

翼とミラアルクセンシティブな作品


余談

モチーフは吸血鬼で、怪物くんドラキュラに該当する。

口癖の「あざまーす」はドラキュラの語尾、「ざます」からきている。

名前のアルファベット表記はMillaarc。これは19世紀のホラー小説「カーミラ」に登場する吸血鬼カーミラ(Carmilla)のアナグラムである。

スロバキア、会員制拷問倶楽部というところから恐らく元ネタはスプラッター映画である「ホステル」。


ちょっとした癖なのか、いわゆる「あごピース」をしているシーンがちらほらある。


声を担当した愛美は『戦姫絶唱シンフォギアXD』でコラボした『バンドリ!』の主人公戸山香澄を演じており、こちらでシンフォギア装者に協力的だったのに対してTVアニメ本編では外道過ぎる所業に驚愕した視聴者は少なくないと思われる。ついでこちらで戦ったマリアの中の人バンドリ出演者である。また何の偶然か、第2話が放送された7月14日は戸山香澄の誕生日でもあった。

なぜっ!!!

※画像はイメージです。


関連イラスト

センシティブな作品Millaarcミラアルクセンシティブな作品


関連タグ

戦姫絶唱シンフォギアXV

人造人間 吸血鬼 みんなのトラウマ

関連記事

親記事

ノーブルレッド のーぶるれっど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2039338

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました