ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「わたくしめが相手であります!」


CV:市ノ瀬加那


概要

パヴァリア光明結社の元構成員。

ヴァネッサミラアルクと共に臨床実験体「卑しき錆色」(ノーブルレッド)と蔑まれてきた過去がある。だが、その忌み名を良しとしない、あすなろの心意気を持っている。


本当の名前は『エルザ・ベート』。

フランス、ローゼル県の出身で近親者による暴行・監禁事件の被害者。

神経機能の増幅手術が施されており、反応速度の高速化や並列処理の複雑化を実現している。


口調はきっちりとしており、語尾に「~であります」と付き、一人称は「わたくしめ」。

口癖は「ガンス」(了解の意)。

小さめのスーツケースのようなものを常に持っている。


結社残党の中では最年少だが、聡明なしっかり者であり、残党たちの小さなまとめ役となっている。

それ故なのか、他の二人に比べると幾分か理性的で残虐な行為も少なかった。

エルザエルザ


常人を遥かに超えた速度やマニピュレーターデバイス『テール・アタッチメント』を使用して戦う。

そして、それらの使用に際する肉体への負荷を抑えるために複数の獣のDNA配列が後天的にインプラントされており、強化された肢体は野性みを帯びる。

他の二人に比べて直接の戦闘能力は劣るが、それを補って余りある機知と機転による柔軟な対応力がある。

ミラアルクと共に、希少な血液が必要で定期的に輸血しないと生きていけない。


自分達を切り捨てた風鳴からシェム・ハ(小日向未来)のコントロールを奪おうとするも、ダイレクト・フィードバック・システムを解除した途端、制御を失ったシェム・ハによって殺害されてしまい、「完全なる生命」を与えられる形で蘇る。

しかしそれは、「元の人間に戻る」という願いとは異なり「完全なる化け物として生きていく」ことを意味しており、自分が永遠に人間に戻れなくなってしまったことにミラアルクと共に泣き崩れ、ヴァネッサに従うまま「神」であるシェム・ハの奴隷として生きることになってしまう。

シェム・ハによる改造後は複数のアタッチメントを同時に操作できるようになっており、さらにすべて合体させることで巨大なメタルオオカミに変身する戦法を得た。


その後、種子島の宇宙センターをヴァネッサやミラアルクと共に襲撃するも、他の二人以上に自暴自棄に陥った状態となっており、月探査用のロケットを破壊し、月読調暁切歌の二人と交戦。アマルガムの力を発動させた彼女達の連携攻撃の前に敗れる。

その後、彼女達から「孤独を埋めるのに心を怪物にする必要はないデスよ」、「あなたの心にある壁は、誰かを拒絶するためじゃない。それはきっと、誰かの思いを受け止めるために…優しさを忘れないで…!!」と説得を受けることになる。


余談

モチーフは人狼で、怪物くんオオカミ男に該当する。

口癖の「ガンス」はオオカミ男の語尾、「がんす」に由来する。


出身地のフランス、ロゼール県と苗字のベートはそれぞれ、ジェヴォーダンの獣事件の発生場所と出現した巨大オオカミの名前が由来と考えられる。


名前と経歴から元ネタは恐らく実際に起こった事件であるフリッツル事件だと思われる(かなりショッキングな内容なので閲覧される場合は注意されたし)。


関連イラスト

エルザ無題


関連タグ

戦姫絶唱シンフォギアXV ケモミミ


ロード・ウォリアーズ:『戦姫絶唱シンフォギアXD』を運営するブシロードが、子会社として有するプロレス団体・新日本プロレスに参戦したことがあるレスラー。公式ツイッターアカウントが連載する4コマ漫画にて、エルザがホーク・ウォリアーのコスチュームを着用したことがある。

関連記事

親記事

ノーブルレッド のーぶるれっど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 626672

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました