ピクシブ百科事典

ロード・ウォリアーズ

ろーどうぉりあーず

ロード・ウォリアーズとは、プロレスのタッグチームである。

概要

1983年NWAジョージア地区のレスラー兼ブッカーだったオレイ・アンダーソンのブッキングでロード・ウォリアー・ホーク(画像左。日本ではホーク・ウォリアー)とロード・ウォリアー・アニマル(画像右。同アニマル・ウォリアー)によって結成された。

WWEマットに於いてはリージョン・オブ・ドゥーム(Legion of Doom/LODまたはLOD2000)のユニット名でも活動した。
入場テーマ曲はウォリアーズでは『IRON MAN/ブラック・サバス』、LODでは『What A Rush』。

何度かメンバーの追加や変遷がなされており、正式に認定されているメンバーはホークとアニマルの他、ドロズ(ダレン・ドロズドフ)、パワー・ウォリアーハイデンライクの3名がいる。

初来日は1985年3月全日本プロレス
アニマル浜口&キラー・カーン組をあっと言う間に片付けてしまうという衝撃的なデビューを飾る。
以降、「暴走戦士」「超怪力暴走族」の異名でマネージャーのポール・エラリングに伴い全日マットを主戦場とし、当時としては珍しい「秒殺」といえる程の短時間で勝負を決めたり、劣勢に追い込まれそうになると勝敗を度外視して暴走し、やりたい放題でリングを後にすることも珍しくなく、その破天荒さで会場を大いに沸かせた。
ただし、アメリカでのスケジュールが多忙だったため、ウォリアーズおよびLODでの世界最強タッグ決定リーグ戦には参戦していない。(2002年にアニマルが武藤敬司と組んで参戦した)
翌年には新日本プロレスに初参戦。

1992年にアニマルが欠場中にホークがパワー・ウォリアー(佐々木健介)と合体し、「ヘルレイザーズ」を結成。
1996年には、アニマルも加えた「トリプル・ウォリアーズ」を名乗った。

解散・再結成の紆余曲折を経て、日米いずれのリングでも大活躍したが2003年にホークが急死したため、事実上の解散となった。
その後アニマルは、2005年にハイデンライクをパートナーに新生LOD(LOD2005)を結成、WWEタッグ王座を獲得している。

2011年、ホークとアニマル、そして初代マネージャーのポール・エラリングと共にオリジナル・ロード・ウォリアーズとしてWWE殿堂に迎えられた。

関連タグ

タッグチーム タッグ
北斗の拳 ヒャッハー:言うまでもなく。

pixivに投稿された作品 pixivで「ロード・ウォリアーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1935

コメント