ピクシブ百科事典

ガムート

がむーと

モンスターハンタークロスに登場する四大メインモンスターの内の一角。シリーズ初の牙獣種のメインモンスターである。
目次[非表示]

概要

モンスターハンタークロス」に登場する牙獣種に分類される大型モンスター。
通称「巨獣」。

同作に登場する四体のメインモンスター「四天王」の一角。主に雪山や凍土や氷海といった寒冷地域に棲息しており、その地域一帯の生態系の最上位に君臨している。

モチーフは実在した古代の象であるマンモスで、特にその中でも有名な「ケナガマンモス」がデザインベースにある。そこに伝説上の一つ目の巨人である「サイクロプス」や「ヘカトンケイル」などのイメージをブレンドして、デザインされたという。
一つ目のような肩の模様や頭殻、そして男性用の頭装備にそのデザインが反映されている。

全身が青と赤を基調とした鮮やかな体毛に覆われており、頭部を冠のように覆う重厚な甲殻、反り返るように伸びた豪壮な牙に長大な鼻を有する。
頭部は頑強そうな甲殻で覆われてるが、実際は胴体の方が遥かに硬い。
そしてそれら以上に目を見張るのが、超大型モンスターに比肩する程の圧倒的な巨体であり、成体ともなれば小柄な個体でもまず全長20mを下回る事はなく、体高は控えめに見積もっても14m前後はある。言うまでもなく現在確認されている牙獣種の中では最大級の種であり、その圧倒的な佇まいから「不動の山神」の異名も持つ。

マンモスがモチーフなだけあって完全草食性のモンスターだが、寒冷地域という過酷な環境下に棲息している為に縄張り意識が極めて強く、外敵や侵入者を発見すると容赦なく襲い掛かかり、その圧倒的な巨体による一撃で叩き潰してしまう。
巨体に見合った大食漢であり、その為に牙獣種にしては珍しく群れは作らずに単独で徘徊し、常に餌を求めて移動し続けるので基本的に単一の縄張りを持たない。このような生態から、食糧への執着心がとても強く、食糧を狙う者への排撃が取り分け激しい。
さらに食糧が不足すると極端に凶暴化するとされており、食糧難に陥った個体が雪山付近の村に侵入し、木造の家屋を片っ端から破壊して食したという事例すらもある。

このように、食糧を求めてどんな場所にでも襲来して暴れ回り、植物質の物ならなんでも餌として食べてしまうので、ハンターズギルドからも強く警戒を呼び掛けられているモンスターである。
巨体故に動きは鈍重ではあるが、その気性の荒さと一撃で大地を揺るがす破壊力から、ひとたび荒れ狂えば最早誰にも手のつけられない脅威となる。

戦闘力

ガムート


草食種ポポと同様にマンモスをモチーフにしたモンスターだが、その大きさ・強さ・危険性はまさに月とすっぽんであり、並み居る強力な大型肉食モンスター達すら凌ぐ程である。
戦闘の際には、その巨体そのものが恐るべき凶器となり、足を振り下ろそうものならそれだけで大規模な振動が発生する。体躯を生かしたボディプレスや鼻による叩き付けは雪原を隆起させ、外敵を一撃で空高く吹っ飛ばして、地面もろとも粉砕する程の威力を持つ。

では、力技だけのパワータイプなのかというと決してそんな事はなく、鼻で地面を叩く、鼻で器用に雪玉を作り上げて投げ上げる、氷の弾丸を作り出して敵を正確にスナイプする、鼻から拡散ブレスを吐いて敵を一網打尽にする、敵を吸い寄せて攻撃する、といった非常に多種多様な攻撃方法を持っており、とても器用で知性的な面がある事が伺える。
特に「鼻を地面に叩きつける」攻撃は、ガムートの攻撃の中で最も威力の高い一撃であり、怒り状態の際は一回叩き付けた後に前方を吸い寄せてもう一度叩きつける攻撃を仕掛けてくる。
このように鼻は非常に器用に動かす事が出来るのみならず、人間サイズの生物は勿論、大型飛竜すら易々と抱え上げて投げ飛ばす事ができる程の蛮力も誇る。

他にも、脚や尻尾に氷雪を纏っており、脚や尻尾の肉質硬化だけでなくボディプレスの際はこれを飛散させる事で攻撃範囲を広める事ができる。
雪は甲殻をさらに補強する防御壁ともなり、自らの意志で何度でも纏い直す事ができるが、脚部の甲殻が損傷すると付着に支障を来す事が確認されている。
これは雪を付着させるメカニズムに、脚部の甲殻の形状が関係している為だと考えられている。

成体のガムートは分厚い体毛や堅牢な甲殻や圧倒的な巨躯から、ほとんどの捕食者を歯牙にも掛けず、MHP2の看板モンスターであるティガレックスとも真っ向から互角以上に渡り合い、その爪牙をものともしない数少ないモンスターであると称されている。
ちなみに雪山のモンスターの中でも特に大型の種であるティガレックスも、ガムートに食らい付く絵面は、「巨象に襲いかかる肉食獣」といった程度のスケールにしか見えない。
ガムートがいかに巨大であるかが分かるだろう。

レア素材は下位が「巨獣の頭殻」、上位が「巨獣の氷玉」、G級は「巨獣の天殻」
また、「巨獣の鼻棘」という素材も、入手手段が部位破壊と捕獲しかなく(基本報酬では出ない)、そのくせ武具の強化にまとまった個数を要求される為、ハンター泣かせのストッパー素材として非常に悪名高い。

他にも、ガムートの体毛は耐久性、防寒性、衝撃吸収性に富んだ非常に優秀な素材である。
上質な物は「剛毛」と呼ばれて、堅牢な耐久性を持ちながら衝撃吸収性を損なっていない。
最高級な物は「豪剛毛」と呼ばれ、さらなる耐久性としなやかな柔軟性を併せ持つ。
また、首の後ろから背中、腰にかけて生えている鬣状の赤い体毛は、普通の体毛に比べると、一本一本がより太くて硬い質感を持つ。

銀嶺(ぎんれい)ガムート

『頂きに立つ者へ』銀嶺ガムート


モンスターハンターダブルクロス」で新たに登場した二つ名持ちモンスター
老齢期に入ったガムートのようで、体毛の一部が白くなっているのが特徴である。
通常個体とは違って、鼻にも氷雪を纏うようになり、この状態では鼻を使った攻撃が強化される。他にも後脚が硬くなっており、ダメージが通りにくい。
詳細は銀嶺ガムートを参照。

生態

上記のように、ポポと同じくマンモスがモチーフのモンスターなのだが、鼻の長さや体の大きさや体毛の色が異なるのは勿論、足の形状や牙の生え方などを見ても、両者が全く別種の生物である事は一目瞭然である。そもそも作中では、両者が似ているといった記述や設定も特に存在しない。

しかし、そのポポとは共生関係を築いているという事が、後に発表された公式設定で明かされた。

ガムートは幼体時は母親と2頭で生活を送る事が多い(雄がどこでどのようにして生活しているのかは不明)が、幼体は非常に非力である為、捕食者に狙われる事も少なくない。
それ故に幼体の毛皮は真っ白であり、雪山の保護色となっている。
幼体の最大の天敵は前述のティガレックスで、幼体時にティガレックスに植え付けられた恐怖が大きい程に成体になった際のティガレックスに対する攻撃性が激しくなるという。

しかし、母親1頭だけで小型の肉食モンスターも含めた全ての外敵に対処するのは難しいので、それに対抗してしばしばポポの群れに子供を混ぜるのである。
ポポ達に小型の外敵から子供を守ってもらいながら面倒も見てもらい、その見返りとして母親は子供がいる群れ全体をティガレックスなどの強力な大型の捕食者から守る役割を請け負うのである。

主にティガレックスに狙われているのはポポも同じなので、ポポとしては圧倒的な力を持つガムートの成体に幼体共々守ってもらえる。それに対して、ガムートとしては幼体を小型の外敵の襲撃などから守ってもらえる上に、敵の狙いを分散させて幼体の生存率を上げられるのである。
まさに双方にとって願ったり叶ったりの関係である。
この時の、子供がいる群れを守る為に外敵と戦うガムートの姿は、人々の目には「民を守る英雄」のように映る事もあるという。

一方で、普段は母子だけで生活している為にガムートの母子は大変深い絆で結ばれており、特に子育て中の母親は外敵への排撃がとりわけ激しく、どんな肉食生物よりも凶暴で恐ろしい存在になるという。また、こうした生態を持つ関係上、ゲーム中でハンターが狩る事になるのは雌の個体であるらしい。

雄しか狩れないアイツとは、ある意味対照的な存在である。

武具

武器

通常個体

ガムートの甲殻や牙を用いた無骨なデザインをしており、高い攻撃力と軽度のマイナス会心を持っている。
生産段階ではどれも一貫して「巨獣○○」(○○は武器を表す文字)だが、最終段階まで強化すると、とんでもない名称になる。

武器種生産段階最終強化読み
大剣巨獣大剣巨断・頭刃叉ァーンきょだん・ずばしゃぁーん
太刀巨獣刀巨刃・肢ュ刃ッッッきょじん・しゅばっっっ
片手剣巨獣剣巨巧・牙牙牙我通ンきょこう・ががががつぅん
双剣巨獣双剣巨斬・斬苦斬ク狩刃バきょざん・ざくざくしゅばば
ハンマー巨獣鎚巨叩・打ッ堕ァーンきょこう・だっだぁーん
狩猟笛巨獣弦琴巨響・武ゥ応音音音―きょきょう・ぶぅおうおんおんおんー
ランス巨獣槍巨突・怒守度守ド度狩きょとつ・どしゅどしゅどどしゅ
ガンランス巨獣銃槍巨穿・怒守罵ァーンきょせん・どしゅばぁーん
スラッシュアックス巨獣剣斧巨攻・餓斜ン牙機ンきょこう・がしゃんがきん
チャージアックス巨獣盾斧巨衝・餓斜ン具流ンきょしょう・がしゃんぐるん
操虫棍巨獣棍巨襲・舞羽ン舞羽ーンきょしゅう・ぶうんぶうーん
ライトボウガン巨獣弩巨弾・弩ッ弩ッ弩ッきょだん・どっどっどっ
ヘビィボウガン巨獣砲巨撃・爆砲ォー遠きょげき・ばほぉーおん
巨獣弓巨射・頭ッ弓ゥーンきょしゃ・ずっきゅうぅーん
下位武器上位武器読み
オトモアイルー巨ネコ杖巨ネコ・踏叉ァーッ / 猛巨ネコ杖(獰猛化武器)きょねこ・ふしゃぁーっ

冗談でもなんでもなく、実際にこういう名前である。

最早ただの擬音語である。

巨獣武器を順当に強化していき、唐突にぶっ飛んだ名前を見て唖然となった(もしくは腹筋崩壊した)プレイヤーは数知れずいる。
後述の防具説明文に登場する衛士や巫女が、禍つ神と戦う際に用いた武器の音を銘に冠しているようなので、名前とは裏腹に結構重い雰囲気が漂って・・・くるのか?
さらに、G級素材を注ぎ込んで限界突破する事で、武器名の「巨○」が消えてその代わりに最後に「MAX」(全角文字)が付く。例えば、大剣なら「頭刃叉ァーンMAX」となる。

・・・重い雰囲気が漂って・・・こないわー

防具

『パオーン』
神威強化プロジェクト


ガムートへビィ娘


(上:女性剣士用、下:女性ガンナー用)

名称は「ガムート○○」。
男性用と女性用で出で立ちが大分異なる。
男性用は「雪深い山村の守り神である巨人(さらに言うなら一つ目の巨人)」をイメージされているのでゴツく、逆に女性用は「その巨人と心を通わせられる巫女の少女」をイメージされており、モッフモフで可愛らしいデザインとなっている。pixivでも、ガムート自身よりもガムートの防具(特に剣士用)を着用した女性ハンターのイラストの方が多い。
オトモアイルー用の防具も女性用を意識したデザインになっており、雰囲気的にはネコートさんに近い。

スキルは「寒冷適応」から発動する「北風の狩人」を持つ。
寒さ無効に加え、寒冷地だと攻撃力・防御力が上昇する効果を持つ。そこからさらにクーラードリンクを飲む事で攻撃力が上昇する。
ちなみにこれに対して「炎熱適応」から発動する「南風の狩人」というものがある。効果は言うまでもないだろうが、こちらはホットドリンクで防御力が上昇するようになっている(最終的な能力上昇値はまったく同じ)。

防具説明文は昔語り調になっており、一式揃える事で一つの昔話になるようになっている。

巫者と山神


内容を要訳すると、
「昔、心優しい山神に仕えた衛士(巫女)が、外から来た禍つ神との戦いに敗れて命を落とし、山神は悲しみで自我を失って暴走したのち狩人に討たれた」
という非常に物悲しいものとなっている。

かつて雪山深奥に生息していた白い破壊神と呼ばれるモンスターが今作でも登場しており、詳細は不明だが、説明文にある『禍つ神』というのはそれの事を指しているのかもしれない。
なお、そいつから作れる武器の一つである崩剣ウェンカムルバスの名前は、アイヌ語のウェンカムイ(人食いの悪神)が由来である。

評価

公開前から史上初の牙獣種のメインモンスターとして注目度も大きく、その牙獣種とは思えない超大型モンスターと比肩する程の巨体なビジュアルもあって、気になる者も多かった模様。
圧倒的な攻撃力と攻撃範囲、大ダメージを与える程の豪快な技が多数あり、当初は苦戦する者も多かった。専用BGMも威圧感が漂う雰囲気を出している。
しかし、その巨体が仇なのか攻撃が当たりやすく、思ったより狩りやすいという意見が多い。
防具に関しては、特に女性の防具が可愛いと評価が高い。

MHXXでのG級と銀嶺にはヒップアタックまで加わり、攻撃の幅が広がり、さらにタフさが上がった事もあって、たちどころに沈められてしまうハンター達が続出した。
MHXでは「簡単」や「大した事無い」などと散々な酷評を受けていただけに、「不動の山神」としての面目躍如と言ったところだろうか。

余談

  • 名前が明らかになるまでは、ファンの間ではその見た目から「ドスポポ」の愛称がつけられていた。上記の通りポポと共生しているので実際の生態もドスポポである。
  • ポポとは同じ「長鼻目」に属している為、非常に遠い親戚であるとは言える。しかし、ガムートは「頭殻亜目 ガムート科」であり、ポポは「奇鼻上科 ポポ科」なので、やはり両者は生物学的にも殆ど関係はない。
  • 名前の由来は、ヒンディー教の神の一柱で像の頭を持つ「ガネーシャ」とマンモスの一種「マストドン」の英語表記"Mammut"から。
  • 前述の通り、デザインモチーフにはマンモス以外にも「サイクロプス」などの一つ目の巨人が入っているのだが、そもそもこれらの巨人は、元々は象を見た事が無かった古代ギリシャ人達が象の頭蓋骨などから連想したものだとされている。
  • ガムートの牙は現実の象のような先端が鋭利に尖ったものではなく、先端がヘラのように広がった形状になっている他、現実の象やマンモスの牙が上顎から生えているのに対して、ガムートの牙は下顎から生えている。このようにマンモスがモデルなのだが、現実の象やマンモスとは異なる特徴も多い(ちなみにポポの牙は、現実の象と同じく上顎から生えている)。
  • 討伐時に、足踏みで周囲に震動を起こす。起こすだけなのでこれといった害はないが、周囲に震動を起こしつつ力尽きるモンスターはこのガムートのみである。


戦闘BGM

他のメインモンスターと同様、戦闘BGMは固有のものが採用されている。
タイトルは「不動の山神 ~ ガムート」。

OPではティガレックスを圧倒しているガムートだが、クエスト中に両者が合流した場合、戦闘BGMはティガレックスのものが優先される。これはどちらが格上なのか、はたまたティガレックスが先にメインモンスターとして出ていたからなのか、いまいち判断に困る仕様である。

生態ムービー


関連項目

モンスターハンター/モンハン モンスターハンタークロス/MHX 四天王 牙獣種 二つ名持ちモンスター マンモス

関連記事

親記事

牙獣種 がじゅうしゅ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガムート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 708641

コメント