2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ガルク

がるく

「モンスターハンター」シリーズに登場するモンスター。「モンスターハンターライズ」から登場。
目次[非表示]

概要

モンスターハンターライズ』から登場した、狼のような姿をしたモンスター。

従来作からいるアイルー同様、ハンターに随行して狩りのサポートを行う「オトモ」として登場する。ハンターとオトモアイルーと共にキャラメイクができ、自分好みのオトモガルクを作成できる。

狩場ではハンターを背に乗せて、ハンターのスタミナを消費することなく高速で走る他、戦闘では攻撃でサポートする。体力が減るとオトモアイルーと同様、安全な場所に退避して体力の回復を図る(この間は騎乗しての移動ができなくなるので注意)。
また、オトモアイルーのようにクエスト中にアイテムを使用することができないため、代わりに猟犬具という道具を使って攻撃を行ったり、自身を強化するなどの行動を取る。アイテムボックス付近にあるオトモボードから猟犬具や狩猟での立ち回り、装備の変更などができる。
エリア間のロードが撤廃された影響で、エリアチェンジでモンスターの攻撃範囲外に逃げる事が出来なくなった事や高低差が多く複雑化し移動しにくくなったフィールドを駆けまわって追撃する必要が出来た事で、スタミナの消費無く高速移動出来るガルクは本作のゲームプレイ上でも非常に重要な存在となっている。
アイルーと違い喋ることは出来ないし手先が器用というわけでもないが、交易やお使い等の意外と高度な事もできる。

オトモガルクはカムラの里で生まれ、ハンターと連携したり、攻撃主体でハンターを乗せて走るといった活かし方は他の地方では見られないとNPCのガルクマスター・イヌカイが明言している。

なお、野生のガルクは現在のところ確認されておらず、元々どういった場所に生息していたモンスターだったのかなど、何気に謎の多い存在でもあったりする。

MHST2でもタイトルアップデート第1弾でオトモンとして登場しており、特別な共闘探索クエストの巣で見つかるタマゴから孵化する。
MHST2ではオトモンの得意な属性を変えられる仕様が無いが、ガルクは特別に毛並みの違いで各属性分存在している。
ガルクが孵化するタマゴは名称こそ「牙獣のタマゴ」であるものの、他の牙獣種とは柄が違う。
ちなみに牙獣種に属することは実はMHRiseのDEMO版でも書かれていたりする。

余談

ガルクには乗ることができるが、実際の犬は背骨をしならせて走るしくみのため、たとえ大型犬と子供だろうと乗ることはできない
下手をすると下半身不随もありえるため、絶対に真似をしないように

関連タグ

モンスターハンターライズ オトモガルク オトモアイルー

ジャギィ…犬のようなモンスターの先輩。

関連記事

親記事

牙獣種 がじゅうしゅ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1829057

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました