ピクシブ百科事典

目次[非表示]

オトモアイルーとは、モンスターハンターシリーズの一部作品で一緒に連れていくことができるアイルーである。

アイルー



概要

作中に登場する獣人種のモンスター「アイルー」のうち、ハンターと契約して狩りのお供をするものたちの呼称。
ハンターと共にクエストに参加し、攻撃や採取・スキルによるサポートなど様々な手段でハンターの手助けをする。

ゲーム的に言えばソロプレイ専用クエストに連れて行けるNPCであり、言い方は悪いがハンターからモンスターの注意を逸らす事が最大の役目である囮役。
その恩恵は大きく、連続で攻撃を受ける危険を減らすだけでなくオトモアイルーへの攻撃中はハンターにとっての攻撃チャンスとなり、ソロでは狙い難い尻尾切断等の部位破壊を狙う機会も増える。
クエストに連れて行くかどうかは基本的にハンターが選択できる(作品によっては強制参加のストーリークエストがある)。
作品ごとに関連するシステムや仕様に違いがある。
また、育てたオトモアイルーは他のプレイヤーに配信したり受け取ったりする事もできる。


作品別概要

解説:アイルー

MHP2G

連れていけるのは1匹ニャ。
ネコバァから雇用するニャ。名前や毛並みや各ステータスはランダムで選ばれ、提示されたオトモアイルーの中から選んで雇用するニャ。キッチンアイルーとして雇用したアイルーを転職させる事も出来るニャ。
クエスト参加で得たオトモポイントを消費して最大3つのオトモスキルを自由に覚えさせる事ができるニャ。
訓練所・トレジャーハンタークエスト・オンライン集会所には連れていけないニャ。
次のモンスターがターゲットのクエストはオフラインでも連れていけないニャ。


武器は防具の種類・アイルーの攻撃力・攻撃の系統(斬撃/打撃)によって変わるニャ。全14種類、このため「武器の変更」は出来ないニャ。
防具は3種類、しかも見た目のみで特殊な効果はないニャ。

攻撃は武器(斬撃/打撃)と爆弾の3種類ニャ。

MHP3

連れて行けるのは最大2匹ニャ。オンラインでパーティが2人の時なら、1匹ずつ連れていけるニャ。それ以上の人数の時と、訓練所には連れていけないから気を付けるニャ。

ネコバァから雇用するニャ。名前は最初、ランダムで付けられているニャ。雇う時に変更できるけど、それ以降は変更できないから、慎重に決めるニャ。
基本的には、毛並みや各ステータスがランダムな中から選んで雇用するけど、毛並みや性格を指定して斡旋してもらう事もできるニャ。

クエスト参加で得たオトモポイントを消費して、自由にオトモスキルを覚えさせる事が出来るニャ。習得には装飾珠みたいなスロット制が採用されていて、スキルごとに消費スロット数が変わる仕組みニャ。

武器は全94種類から選択可能だニャ。武器によって攻撃力、攻撃属性、武器属性(打撃・斬撃)が変わるニャ。
防具は兜・鎧それぞれ85種類からの選択ニャ。防具によって防御力と耐性が変わるニャ。

攻撃手段にブーメランが追加されたニャ。

また、コラボレーションとして「名探偵コナン」の主人公:江戸川コナンメタルギアソリッドの主人公:ソリッド・スネークになりきれる装備が実装されたニャ。

MH4

「だってロックマン色の宇宙服(仮)と雷神様(仮)っぽく見えt」
アイルー


MHP3の時と同様、オトモをクエストに2匹連れて行くことが可能ニャ。
メインオトモとサブオトモを設定でき、さらにメインオトモは名前だけでなく容姿を自分好みにカスタマイズすることが可能だニャ(ちなみに、変更できるのは毛並みと色の他、目・耳・尻尾の形状と鳴き声の計5つ)。ただしカスタマイズ出来るのはハンターの作成時だけで、それ以降はインナーや装備の変更ぐらいしか出来ないニャ。
野生のアイルーをオトモにできる「ノラオトモ」というシステムが新たに実装され、新たなオトモアイルーの雇用はクエスト中にスカウトする事でのみ可能だニャ。

ノラオトモのスカウト


今作では、オトモ同士で強力な合体技を放つことも可能ニャ。
どの合体技を使えるかは、サブオトモの傾向によって変わってくるニャ。
種類は「ネコ式火竜車」・「ネコ式突撃隊」・「ネコ式応援楽団」の3つだニャ。

ぶっぱなせえええ!
とつげきいいいっ!


上のイラストは左が「ネコ式火竜車」、右が「ネコ式突撃隊」を描いたものだニャ。


また、アイルー村のような外観のオトモの育成施設:ぽかぽか島があることが判明しているニャ。
モンニャン隊のシステムも変更されており、MHP3の時のように送りっぱなし…というわけではなく、プレイヤーがオトモのチーム構成を考えてモンスターと戦わせる一種のミニゲームのような扱いになっているらしいんだニャ。

他にもオトモと一緒に魚を捕まえる投げ網マシーンや、オトモスキルに変わる「トレンド」、オトモのモチベーションややる気を示す指標が「なつき度」から「テンション」に変更されるなど、いくつかの新システムが実装されているニャ。

今作でもコラボレーションとしてスーパーマリオシリーズの主人公:マリオルイージになりきれる装備があるニャ。


MH4G

MH4の要素を引き継ぎつつも、新しいトレンドやスキル・新モンスターのオトモ装備が登場しているニャ。

MHX

連れて行けるのは最大2匹ニャ。
MH4(G)の仕様をベースに、MHP3の雇用方法やスキルシステムとかを混ぜた形ニャ。更には任意でターゲット傾向(大型狙い・小型狙い等)を変更出来るようになるなど、カスタマイズ性が向上しているのニャ。
MH4(G)でのぽかぽか島に該当する施設として、ベルナ村に隣接するオトモ広場があるニャ。オトモ育成や交易、モンニャン隊の派遣が出来るニャ。皆のアイドルネコ嬢もココに常駐しているニャ。

そしてMHX一番の特徴は、オトモアイルーを自分で操作できるようになってしまったところだニャ。詳細はリンク先を見るんだニャ。

雇用はネコ嬢(及びベルナ村以外の拠点にいるネコバァ)に斡旋してもらう形で行うニャ。
雇用はMHP3のシステムに加えて、MH4(G)での筆頭オトモ作成時とほぼ同じで細かい指定が出来るようになっているんだニャ。…まぁインナーは指定できないんだけどニャー。
それから、最初の一匹はサービスで外見と名前が自由に設定できるんだニャ。…まぁサポート傾向はカリスマ固定にされちゃうんだけどニャー。

オトモの所有するサポートスキル・オトモスキルは、MH4(G)の時みたいに、ランダムで設定されてるニャ。更にスキルは、指定条件を満たしてやっと使えるようになるんだニャ。
オトモスキルはMHP3のスロット仕様だけど、スロット数がレベルアップで増えてく仕組みになったから、いきなり最大数を使う事は出来ないようになったんだニャ。
ただ、各スキルを他のオトモアイルーに「伝授」させられるから、MH4(G)の頃に比べれば、欲しいスキル構成のオトモは随分と作りやすくなったニャー。

装備の仕様はMHP3をベースに、武器には「遠・近・バランス」という新たな分類が追加されたニャ。これによって、武器ごとに武器とブーメランの攻撃性能が個別に設定されるようになっているニャ。制作素材である「端材」の入手方法もMHP3仕様になってるから、MH4(G)よりは装備の入手が楽になっているんだニャー。

MHW

連れて行けるのは1匹ニャ。でもギルドカードを交換した他のハンターさんのオトモや、新大陸で仲良くなった獣人族(テトルーガジャブーボワボワなど)が手伝ってくれることがあるニャ。

装備はハンターさんと同じ加工屋で作ってもらえるニャ。素材もハンターさんの装備と同じ素材がベースだから作りやすいニャ。あと、仲良くなった獣人族からは各エリアの小型モンスターとオトモダチになる方法や便利な道具の使い方を教えてもらえるニャ。
今回はサボらないので安心してほしいニャ。

MHRise

連れて行けるのは最大2匹ニャ。マルチではハンター1人につき1匹連れて行けるニャ。
雇用方法は、オトモ雇用窓口のイオリに斡旋してもらう形で行うニャ。オトモスカウトで外見やサポートタイプを指定できて、要望に合ったオトモを雇用することができるニャけど、雇うと外見やサポートタイプの変更はできないニャ。また、オトモスキルはMHXのように伝授はできないから注意してほしいニャ。
装備はオトモ加工屋で生産できるニャ。

防具別イラスト

どんぐりネコシリーズ(MHP2Gにもある防具の一つ)

おともアイルー!!



マフモフネコシリーズ(MHP2Gにもある防具の一つ)

オトモアイルー



レウスネコシリーズ(MHP3で新たに登場)

mhp3アイルー (レウス装備)



ユクモノネコシリーズ(MHP3で新たに登場)

新しい狩猟にいくのニャ!



ブレイブネコシリーズ(右)&ケチャネコシリーズ(左)(MH4で新たに登場)
(セブンイレブン限定)

せぶんいれぶん



関連タグ

モンスターハンター MHP2G MHP3
アイルー メラルー チャチャ カヤンバ ニャンター

関連記事

親記事

アイルー あいるー

兄弟記事

  • 料理長 りょうりちょうあいるー

pixivに投稿されたイラスト pixivで「オトモアイルー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「オトモアイルー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1532602

コメント