ピクシブ百科事典

モンスターハンター4G

もんすたーはんたーふぉーじー

『モンスターハンター』シリーズの最新作であり、2013年9月に発売された『モンスターハンター4』の拡張版。
目次[非表示]

概要

2014年1月26日、モンハンフェスタ決勝大会および『モンスターハンター4』公式twitterにおいて発表された。

MH4の発売から半年も経過していない中での異例の速さでの発表であり、多くのユーザーを驚かせた。3・11がシリーズ10周年の日なので発表した狙いが分からなくもないが…

MHP2GMH3Gと同様、新たにG級クエストや新規の武器・防具、新モンスターや新フィールドなどの新要素を追加した拡張版。MH4のデータを「ほぼそのまま引き継ぐことが可能」だという。

発売は3連休の初日2014年10月11日
昨年にMH4が押さえた9月の3連休初日(敬老の日によるものなので毎年ある)をスマブラの新作が押さえていること、昨年ポケモンXYが押さえた10月の3連休初日(体育の日によるものなのでこちらも毎年)が今年はまだ押さえられていなかったこと、今年は11月に2回ある3連休の月後半のほうでORASが発売を控えること…などを考えると、多くの人が10月11日を予想したであろうと思われる。

また、海外でも『Monster Hunter 4 Ultimate』のタイトルで発売予定。ただし先のORASは発売の遅い欧州でも2014年11月中なので発売順が前後逆。

新要素

  • 新たな狩りの舞台として『旧砂漠(昼夜両方)』が、新拠点に『ドンドルマ』が追加。どちらも過去作に登場したものだが、旧砂漠は年月の経過によって以前に比べて地形がかなり変化している。また、ドンドルマでは新たなストーリーイベントが追加されている。
  • 新モンスター、新亜種モンスター、新復活モンスターが続々登場。詳しくは後述。
  • 双剣ヘビィボウガンチャージアックスに新アクションが追加。双剣は鬼人連斬にフィニッシュ技が追加、ヘビィボウガンはリミッター解除時に竜撃弾の取り回しが良くなり、チャージアックスには『盾突き』『属性強化状態』『超高出力属性解放斬り』が追加された。また他の武器にもいくつか派生攻撃が追加されているようだ。
  • 味方ハンターからカチ上げられた際に、ジャンプ攻撃に派生できるようになった。ただしこの仕様によってカチ上げられ中の無敵判定が消失するのではないか、もしくは場の空気を読まずにカチ上げまくる地雷ハンターが出てくるのではないか、と警戒する声もある。
  • オトモのトレンドに「ジャンプ」「ビースト」が追加。「ジャンプ」はオトモが踏み台となってハンターを跳ばしてくれるトレンド。「ビースト」はモンスターのスタミナを奪い、そのスタミナをハンターに与えて強走状態にしてくれるトレンドである。
  • オトモの合体技が強化。
  • ギルドクエストのレベル上限が100から140に上昇。G級の追加にあたって、レベル86からG級クエストとなった。
  • G級探索が登場。今までの未知の樹海には見られなかったモンスターや地形などが出てくる。
  • 発掘装備の種類が増えた。また、前作には無かったチャージアックスと操虫棍の発掘武器が登場する。
  • オンライン環境が改善。キック機能が導入され(地雷ハンターを強制的に退出させることが可能となった)、狩猟ターゲットや指定もかなり細かく設定・検索できるようになった模様。また、特定のアクション(爆弾を置いた時、力尽きた時など)をした際に自動でコメントを書き込む「自動発言機能」が追加。
  • 狂竜ウイルスを鎮静化させる効果を持った「抗竜石」なるアイテムが登場。武器に付与させることでモンスターの狂竜化を一時的に解除させることができる。
  • モンスターが狂竜ウイルスを克服した「極限状態」が追加された。狂竜化個体を上回る攻撃力と硬さを持つ。
  • 発掘武器・イベクエ武器を除くレア度8以上の最終強化武器に様々な効果をもたらす「極限強化」が追加された。上述の極限化個体から得られる「極竜玉」「大極竜玉」を素材として使う。
  • ショートストーリー仕立てのイベントクエスト「エピソードクエスト」が登場。過去作のNPCが依頼人として直接登場してくるほか、クリアすることで特別なご褒美がある。


プロモーションビデオ

PV第1弾 (制作決定発表映像)



動画のラストで旧作における「砂漠」や「砂原」に相当する新フィールドが映し出されている。
砂漠といえば、残念ながら前作へ参戦できずにシリーズ皆勤を逃したあのモンスターの存在がちらつくが、果たして…。

PV第2弾



PV第2弾にて、ついにディアブロスの登場が明らかになった。
そしてディアブロスに続き、過去作品からモノブロスドスガレオスダイミョウザザミアプケロスの存在も確認された。

さらにMH4で初登場を果たしたケチャワチャテツカブラネルスキュラザボアザギルガララアジャラアルセルタスゲネル・セルタスの7匹の亜種の姿も発見された。

またそれ以外にもオトモの合体技であるネコ式火竜車に酷似した、テオ・テスカトルを模した車が登場したり、味方ハンターにカチ上げられたハンターがそのままジャンプ攻撃に繋げるという衝撃的な攻撃をするなど、新要素も追加されている。

そして、ラストでは本作のメインモンスター:セルレギオスが登場し、休眠中のリオレイアに襲い掛かるというシーンもあった。

4Gに進化したことで、MH4よりもさらに幅広く楽しめるという期待が持てる。

ちなみにほぼ時を同じくして、PVの砂漠が「砂漠岩地」ことMHP2Gの旧砂漠(のリメイク)であることも明らかになった。

PV第3弾



2014年7月11日に放送されたニンテンドーダイレクトにて、久々に公開された新PV。
MH2のオンラインの拠点であったドンドルマの復活や、追加ストーリー・G級クエスト・新規村クエストなどの存在が正式に確定した。

モンスターについては、MH4に引き続きリオレイア亜種が登場。

また、イャンクック亜種が遺跡平原に出現している。
このことから、今までギルドクエストのみの登場だった達が通常フィールド(クエスト)に登場するかもしれないという期待が持てる。

そして過去作からの復活モンスターに、ダイミョウザザミ亜種と、ディアブロス亜種が登場。
どちらも新モーションと攻撃パターンが追加されている模様。

オトモアイルーの新モーションもあり、なんとオトモを踏み台にしてジャンプすることができ、そのままモンスターに攻撃し乗りを狙える
他にもネコ式音楽隊の笛の種類が増えていたり、モンスターに向けてローリングアタックを繰り出したりと、オトモも負けじとパワーアップしている。

そして、PVのラストにはまたしてもメインモンスターの存在が。
今回は長くPVに出ており、攻撃パターンや動きが見れ、さらには姿を変化させている様子が映し出されている

PV第4弾(※ネタバレ注意)




2014年9月20日に公開されたPV第4弾。
アカムトルムの近縁種であるウカムルバスが復活。
さらに剣鱗が赤く染まり大地を溶岩地帯に変えるダラ・アマデュラや、爆炎噛み付きから流れるように尻尾で薙ぎ払うリオレイア亜種などの既存モンスターのG級行動が垣間見れる。

中盤ではドンドルマの街でテオ・テスカトルをバリスタや撃龍槍、そして可動式の大砲らしき兵器で迎撃するハンター達やチャージアックスの新アクションなどが映し出されていた。
前回と比べてセルレギオスの出番は控えめであり、最後に攻撃の一瞬が映るのみであった。

そしてラストにオオナズチが専用BGMと共に登場。
舌を伸ばしてハンターを奇襲し牙を立てるなど、以前の登場ムービーよりもずっと好戦的な姿勢を見せた。
PV公開当初はこのシーンが入っておらず、後になってから姿を見せるという実にオオナズチらしい最後を飾った。

余談だが、モンスター達がG級行動をしている最中、イャンクッククンチュウをハンターに向けて放り投げるシーンがあるのだが、これが「クック先生がボーリングで遊んでいる」ように見え一部の人が和んだらしい。

MH4Gでの復活、初登場モンスター

公式画像、PVなどで確認されたもののみ。
太字は新モンスター、斜字は過去作からの復活モンスター。
なお、それ以外のモンスターはモンスターハンター4からの続投なので、その他のモンスターについてはそちらの記事を参照してもらいたい。

種族モンスター名
草食種アプケロス
甲虫種アルセルタス(亜種)、ゲネル・セルタス(亜種)
牙獣種ケチャワチャ(亜種)
甲殻種ヤオザミダイミョウザザミ(亜種)
魚竜種ガレオスドスガレオスガノトトス亜種 (※1)
飛竜種モノブロス(亜種)、ディアブロス(亜種)、セルレギオスウカムルバス
獣竜種ブラキディオス(特殊個体)
両生種テツカブラ(亜種)、ザボアザギル(亜種)
鋏角種ネルスキュラ(亜種)
蛇竜種ガララアジャラ(亜種)
古龍種ダラ・アマデュラ(亜種)、オオナズチ錆びたクシャルダオラゴグマジオスミラバルカン(特殊個体)、ミラルーツ (※2)
分類不明渾沌に呻くゴア・マガラ

※1 投網マシーンの捕獲対象として登場。
※2 ミラルーツはイベントクエスト限定の登場であり、正規のクエストでは戦えない。

なお、今作では、イベントクエストでしかG級個体と戦闘できないモンスターがかなり多く存在する。
リオレイア希少種リオレウス希少種ミラボレアスダラ・アマデュラがそれにあたる。
いずれも作成できる武具が最高クラスの性能を誇る者ばかりであったことから、「露骨な延命措置」として批判する声も多かった。

あれこれ

機種ニンテンドー3DS
ジャンルハンティングアクション
発売日2014年10月11日
パッケージ版価格5,800円+税
DL販売価格5,546円+税
開発・発売カプコン
CEROC(15歳以上対象)


関連イラスト

復活おめミャオーーーン(・◇・)
MH4G発表記念


千刃竜襲来~砂漠の宴
モンハン4G参戦、おめでとう☆



関連動画

OPムービー


余談だが、このムービーにて前作の4のOPで登場したスキンヘッドのガンナーと思しきランサーが登場しているが、作中のEDで共演していたことから別人だと判明した。

礎の唄


作中ではこれを含めて過去作の唄を聴くことができる。

体験版

ダイミョウザザミ討伐(中級者向け)


ザボアザギル亜種討伐(上級者向け)


セルレギオス討伐(上級者向け)



関連タグ

モンスターハンターモンハン) MH4G

pixivに投稿された作品 pixivで「モンスターハンター4G」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 307928

コメント