ピクシブ百科事典

チャージアックス

ちゃーじあっくす

『モンスターハンター』シリーズに登場する武器カテゴリーの一つ。
目次[非表示]

チャージアックスとは、モンスターハンター4で新たに登場する武器である。

概要

スラッシュアックスと同様に剣と斧の二つの形態を持つ特殊な武器。
スラッシュアックスが武器の変形によって形態を変えていたのに対し、武器を構成する二つのパーツの分離・合体によって形態を変える。

ちなみに、メイン画像の男性ハンターが所持しているのが斧形態、女性ハンターが所持しているのが剣形態である。

剣形態

通常の抜刀(抜刀攻撃)操作を行うとこの形態になる。剣と盾を構えた片手剣に似た姿であるが、小回りの利く点やガードが可能な点も似ている。ただ、抜刀状態でアイテムを使用することはできず、斧形態で刃となる部分を盾にしているためか大剣同様にガードで切れ味を消耗する。
この形態での最大の特徴は攻撃を当てる事によって剣撃エネルギーを蓄積し、蓄積したエネルギーをビンにチャージする事ができる点である。チャージアックスが真価を発揮するためには剣形態でのエネルギーチャージが必須となる。
攻撃によってエネルギーを溜める点は太刀や双剣と似ているが、こちらはチャージしない限り時間経過で失われる事が無い代わりに限界までエネルギーを溜めきった(オーバーヒート)状態では切れ味に関わらず全ての攻撃が弾かれるというデメリットがある。この為、一定数の攻撃を加えた後には必ず隙を伴うチャージ動作を行う必要があり、片手剣や双剣に比べて手数を稼ぎにくい要因となっている。
一度ビンにチャージされたエネルギーも消費しない限りは維持し続けることができる為、小型モンスターへの攻撃であらかじめビンのストックを溜めておく事が可能な点は太刀や双剣のゲージ管理に比べて優れているといえる。

4Gでは新攻撃としてシールドバッシュが使えるようになった。
片手剣やランスが盾の面で殴りつける攻撃であるのに対し、こちらは盾の先端で素早く突くような攻撃となっている。使用後に薬莢が排出される描写があったため、おそらくチャージ機能も兼ねていると思われる。
またこの攻撃から高出力属性解放斬りに派生できる。そのため、わざわざ斧形態への切り替えをしなくても高出力属性解放斬りが発動できるようになった。

斧形態

剣形態の剣と盾を合体させるとこの形態になる。高い攻撃力と高い位置にまで届く攻撃範囲の広さを持ち攻撃動作にスーパーアーマー効果が付与されるが、移動速度・攻撃速度共大幅に緩慢になりガードもできなくなる。
スラッシュアックスの剣形態に相当する形態だが、通常攻撃ではビン効果が発揮されないかわりにビンにエネルギーが一切チャージされていない状態でも斧形態を維持し続けられる点で異なっている。
この形態での最大の特徴はビンに蓄積された剣撃エネルギーを消費して高威力の属性開放斬りを使える点である。武器ごとに装備されたビンの効果はこの属性開放斬りにのみ発揮される。

4Gでは高出力属性解放斬りをキャンセルして剣形態に移行できるようになったが、それだけではない。
その際のエネルギーが盾にストックされるようになった。この状態の盾は赤く発光する。
そこから更に剣撃エネルギーを蓄積して高出力属性解放斬りを行うと、盾に溜めたエネルギーも上乗せして高出力属性解放斬りを超えたさらに高威力の属性解放斬りを出せるようになる。
ただ攻撃時間がかなり長く、一度でも使うと剣撃エネルギーが空っぽになるのが欠点。

総括

様々な武器の特徴を合わせ持つ一方で制約も多く、手数を稼ぎにくい上に基本的な攻撃力も抑え目になっている他、最も威力が高い攻撃が他の攻撃からの連携でしか出せない為に高いダメージ補正のかかる「睡眠時のモンスターへの初撃」に使いにくい等、安易に高火力を発揮できる武器ではない。
ただ、剣形態での溜め攻撃やチャージ動作・属性開放斬りの派手なエフェクト・複雑な条件を満たした上で決める高火力の一撃等、厨二心をくすぐる要素の多い浪漫武器でもある。


関連タグ

モンスターハンター
モンスターハンター4
モンスターハンター4G
モンスターハンターにおける武器

スラッシュアックス

pixivに投稿された作品 pixivで「チャージアックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 57629

コメント