ピクシブ百科事典

リボルビング・ステーク

りぼるびんぐすてーく

アルトアイゼンを象徴する武装。回転弾倉を備えたパイルバンカーである。
目次[非表示]

概要

アルトアイゼンの右腕に装備されている白兵戦用武装。

機体の突撃力を活かして敵機に強固な金属製の杭を打ち込み、装甲を貫徹。直後に薬室内に装填されたビームカードリッジを撃発することで杭から衝撃波を発し、敵機を内部から破壊するというコンセプトの武装。リボルバー式の回転弾倉を採用している為、敵を突き刺したまま更に撃発し、追撃を行う事もできる。最大装弾数は6発。
使用後は回転弾倉を解放して廃莢し、スピードローダーを使用して速やかな再装填が可能。

アルトアイゼンの象徴となる武装であり、アルトアイゼンの系列機には必ずと言っていい程、それに連なる武装が装備されている。
バリエーションとしてはアルトアイゼン・リーゼリボルビング・バンカーアルトアイゼン・ナハトリボルビング・ブレイカーがある。どちらもリボルビング・ステークを大型化し、より威力を上げているのが特徴である。

また、換装武器としてG・インパクトステークというものもあり、こちらはダイゼンガーに装備される予定だったものをダウンサイジングしたものである。ただこちらはリボルバー式ではなく、重力制御式(GはグラビティのGである事が『無限のフロンティア』で解説されている)。

アルトアイゼン以外に装備している機体にフリッケライ・ガイストが挙げられる。
初登場作品の『リアルロボットレジメント』ではどういう経緯で装備されたのか不明だったが、『スーパーロボット大戦OG』シリーズでは「『スーパーロボット大戦OG2』の戦いにおいて、ソウルゲインによってもぎ取られたアルトアイゼンの四肢が、紆余曲折を経てフリッケライへと移植された」という誕生経緯が明かされている。それ故、アルトとフリッケライの相性は抜群であり、両機が隣接すると合体攻撃E.D.Nを使用することが出来る。

ゲーム上の性能

気力制限のない格闘武器としては攻撃力やクリティカル率が高く、P属性(移動後使用可能)でありながら射程が1~2と長めなのが特長。その反面、命中率は低く弾数が6発と少ない。
序盤戦で固めの雑魚キャラを相手にする際に重宝するだろう。

リボルビング・バンカーに強化されると威力が向上するうえ、射程が1~3になり、より使いやすくなる。スーパーロボット大戦IMPACTのみ、ディストーションフィールドの無効化機能も付与されている。

余談

いわゆるパイルバンカーに分類される武装だが、杭の根元に射出・伸縮機構などは存在せず、杭の突き刺しはあくまで機体そのものの加速や腕力によって行われている(戦闘アニメーションをよく見ると、敵に杭を突き刺したあと6回撃発しているのが確認できる)。ただし、コミカライズ版『Record of ATX』では「装甲目標を貫徹する時と、内臓の方を破壊するときで、トリガーのタイミングが違う」という台詞がある為、杭が接触した瞬間に衝撃波を発して装甲貫徹の補助とする場合はあるようだ。
上記の設定はあまり周知されておらず(シリーズを統括する寺田プロデューサーすら知らなかったという)、メディアミックス作品によっては「弾切れで杭を撃ち込むことができない」という描写がなされることもあった。

アニメ2期『ジ・インスペクター』のOPテーマ『MAXON(歌:JAM Project)』のサビには「リボルビング・ステーク!!」と叫ぶパートがあり、同様に最後のサビでは「リボルビングバンカー!!」と叫ぶパートがある。

関連項目

スーパーロボット大戦
アルトアイゼン フリッケライ・ガイスト
パイルバンカー リボルバー

pixivに投稿された作品 pixivで「リボルビング・ステーク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 89545

コメント