ピクシブ百科事典

アルトアイゼン・リーゼ

あるとあいぜんりーぜ

スーパーロボット大戦シリーズに登場するオリジナルメカ。アルトアイゼンの改修機。
目次[非表示]

データ

形式番号 PTX-003-SP1
製造 マオ・インダストリー社
生産形態 改良機
全高 23.8 m
重量 99.7 t

概要

初出はスーパーロボット大戦COMPACT2

「COMPACT2」、「IMPACT」ではアナハイムエレクトロニクスでアルトアイゼンの改修を受けて完成する。
「OG2」では大破したアルトアイゼンをマリオンが修復、改修することによって完成した。
パイロットはキョウスケ・ナンブ
開発者はマリオン・ラドム

改修コンセプトは攫われた恋人のエクセレンを救出するため、また激化するアインストシリーズとの戦闘に対応するために本来の突破力を極限まで高めようというもの。
その為にバランス面から搭載が見送られた大型パイルバンカー「リボルビング・バンカー」や大型ブースターを無理やり装備し、その崩れた機体バランスをテスラ・ドライブと呼ばれる浮遊飛行ユニットで無理やり整えたピーキーなじゃじゃ馬機体であり、実質的にパイロットのキョウスケ・ナンブ以外乗りこなすことのできないワンオフ専用機に仕上がった(乗り換え自体は可能)。
またテスラ・ドライブはその出力のほとんどをバランス調整に費やしてしまったため、相変わらず飛行はできない。ただし、その凄まじい推進力で「飛び上がる」ことは出来る。

その性能は他のパイロットから様々な評価を受けており、リュウセイからは「イチバチどころかイチジュウ」などと評価された。
パイロットに掛かる負担は想像を絶するものらしく、キョウスケはシミュレーターのGの設定を最大にして訓練した際、「(シミュレーターの)Gが軽すぎる」といっていた。

ちなみに「OG2」では開発、改修者のマリオン・ラドム博士の名前からマ改造と呼ばれており、これは俗に言う「魔改造」を意識したものである。他の「マ改造」と呼ばれる機体としては、ジガンスクード・ドゥロズィーガーリオンが存在する(この2機に関してはタスク・シングウジも開発に携わっている)。

武装

スプリットミサイル
アルトアイゼンと共通。「COMPACT2」でのみ使用。

5連チェーンガン
アルトアイゼンの3連マシンキャノンに相当する。小口径になったが装弾数や有効射程、速射性能が向上している。

プラズマホーン
アルトアイゼンのヒートホーンに相当する。刃が伸びており、始動時に電撃が発生する。

リボルビング・バンカー
リボルピング・ステークに変わる主武装。本来はリボルピング・ステークの試作品で、あまりに大きすぎる上に機体バランスを崩してしまうためお蔵入りになっていたもの。

アヴァランチ・クレイモア
強化版スクエア・クレイモア。火薬入りのチタン弾を使用し、装弾数も増加した。

必殺技

エリアル・クレイモア
アルトアイゼンの「切り札」とほぼ同様の必殺技。

ランページ・ゴースト
詳細はリンク先を参照。

E.D.N.(エターナリィ・ダーニング・ネイルズ)
フリッケライ・ガイストとの合体技。両機の装備や運用思想が共通することを活かしてマリオンが考案した「押して押して押しまくる」コンビネーション。

関連タグ

アルトアイゼン

pixivに投稿された作品 pixivで「アルトアイゼン・リーゼ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 112364

コメント