ピクシブ百科事典

フリッケライ・ガイスト

ふりっけらいがいすと

「リアルロボットレジメント」および「スーパーロボット大戦」シリーズに登場するオリジナルメカである。
目次[非表示]


概要

「ガイストシリーズ」と呼ばれる機体の1機で、アリエイル・オーグの乗機。
ゲシュペンストMk-Ⅲ』(アルトアイゼン)のパーツから組んだ未完成品の機体。
上半身しか存在しなかった物をジャンクパーツを集めて組み上げた経緯から、ドイツ語で『継ぎ接ぎだらけの亡霊』という意味の名前を冠している。

第2次スーパーロボット大戦OGでは、オペレーション・プランタジネットの終盤においてソウルゲインによって大破し、回収されたアルトアイゼンの四肢とステークを修繕・リペイントした上で移植しており、またシャドウミラーが残したラピエサージュの予備パーツなどを用いて急造された機体として登場した。この際、パイロットの性別もあって、「アルトの」と呼ばれた事もある。

ネーミングや武装など、ATX計画の機体を繋ぎあわせたような機体であるラピエサージュとの共通点が多い。

先に開発されたアレス・ガイストと同じく「ファウ・ケルン」と呼ばれる特殊な動力源を搭載しており、機体周囲のあらゆるエネルギーを制御・使用することができる。
これにより、機体性能自体は高くないが、優れた能力を発揮することができる。
また、エネルギー制御を応用した空間転移機能も備えている。
ただし現状では不完全であり、その機能を最大限に発揮することはできない。

装備

3連マシンキャノン
リボルビング・ステーク
スプリット・ミサイル
いずれもアルトアイゼンから継承された武装。
堅い装甲を生かして真正面から突っ込むアルトとは違い、機体の機動性を利用した高機動からの一撃離脱を主要な戦法としている。

マグナム・ステーク
リボルビング・ステークでの連続攻撃。
マシンキャノンで牽制してから、ステークを前後から素早く一発ずつ打ち込み敵を空中へ打ち上げ、さらに逆方向から突進、ステークを二発打ち込んで敵を粉砕する。

フォース・レイ
肩部に搭載された拡散ビーム砲。
フリッケライの元来の武装である。
主にU.U.N.の機動パターンの締めに使われる。

必殺技・合体攻撃

U.U.N.
正式名称は「Uncanny Ultimatum Nails」(アンキャニー・アルティメイタム・ネイルス)
「ダブルユーエヌ」と呼ばれる。
3連マシンキャノン、リボルビング・ステーク、スプリット・ミサイル、フォース・レイを続けざまに高機動で放つ。
アルトアイゼンの『切り札』を想起させる機動パターンである。
なお、ラピエサージュも同名の機動パターンを使用しているが、こちらは表記の最後にピリオドが付かない。

E.D.N.
アルトアイゼン・リーゼとの合体攻撃。
名称は「Eternally Derning Nails」(エターナリー・ダーニング・ネイルス)の略。
マシンキャノンとチェーンガンの斉射から、フリッケライがスプリット・ミサイルを放ち、リーゼが突進。
そのままバンカーで上空へ撃ち出し、上空へ回り込んだフリッケライがステークで撃ち返す。
再びマシンキャノンで追い詰め、そこにリーゼがプラズマホーンを構え突進。
そのまま持ち上げた所をステークで撃ち落とし、クレイモアとフォース・レイの一斉発射で締める。
両機それぞれの武装を出し尽くしてゴリ押しする機動パターンである。
なお、射程こそ短いが数値的な威力はランページ・ゴーストより上で、しかも超低燃費という、エクセレン涙目な性能になっている。
ただ、キョウスケとエクセレンが組んでいる場合はリレーション補正でランページ・ゴーストの実ダメージが僅かに上回る。

関連イラスト

フリッケライ・ガイスト
リボルビング・ステーク



関連タグ

リアルロボットレジメント アレス・ガイスト スーパーロボット大戦 第2次スーパーロボット大戦OG アリエイル・オーグ アルトアイゼン

pixivに投稿された作品 pixivで「フリッケライ・ガイスト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64313

コメント