ピクシブ百科事典

ソウルゲイン

そうるげいん

スーパーロボット大戦シリーズに登場するオリジナルメカ。 スーパーロボット大戦Aのスーパー系主人公機。
目次[非表示]

機体スペック

形式番号 EG-X
所属 シャドウミラー→地球連邦軍(A)
製造 不明(A) テスラ・ライヒ研究所(OG2)
生産形態 試作機
全高 41.2 m
重量 129.6 t
武装 素手、肘のブレードによる格闘
パイロットはアクセル・アルマー

概要

装甲とパワーに重点が置かれ、一撃離脱の強襲用機と目される。全ての攻撃を拳と肘のみで行うという特殊なスタイルを持ち、肘には聳弧角(しょうこかく)と呼ばれるブレードを装備している。
操縦はパイロットの動きをそのまま機体にトレースさせる『ダイレクト・アクション・リンク・システム』とパイロットの思考を機体の動きに反映する『ダイレクト・フィードバック・システム』を採用し、パイロットの動きをそのまま機体にリンクさせる事ができる。

初出のスーパーロボット大戦Aではアクセルの搭乗機に選ばれなかった場合、少数ながら量産化が行われ、シャドウミラーの兵士が搭乗する事になる。

OGシリーズでは「向こう側」のテスラ・ライヒ研究所にて開発されていた格闘戦用特機をシャドウミラーが接収しアクセル・アルマーの専用機として改修したという設定。「こちら側」の連邦軍のコードネームは『マスタッシュマン(=髭男)』。
当初は敵として立ちはだかり、OG2にてホワイトスター内部におけるクロガネヒリュウ隊との戦闘で破壊された後、OG外伝ではホワイトスターに侵入したクライ・ウルブズに機体の一部が回収され、エリック・ワンらによって「不自然なほどに完璧に」修復される。以降は目覚めたアクセルと共に再び戦場に降り立ち、終盤にて味方として使用可能になる。
第2次OGでも引き続き味方として登場する。

必殺技

青龍鱗(せいりゅうりん)
掌から青いエネルギー弾を撃ち出す。構え方はかめはめ波と言えばわかりやすいか。

白虎咬(びゃっここう)
エネルギーを手に収束させて連続パンチを繰り出す。OGS以降ではラッシュの最後に螺旋丸のようなエネルギー弾を打ち込むモーションが追加されている。

玄武剛弾(げんぶごうだん)
スピンをかけながら放つロケットパンチ

玄武金剛弾(げんぶこんごうだん)
ジ・インスペクターで初登場。失った右腕の玄武剛弾の代わりとして新たに装備されたもので、より性能が上がっている。聳弧角が金色になっているのが外見上の違い。ゲームでは第2次OGから登場。

舞朱雀(まいすざく)
聳弧角を伸ばし、高速で敵を切り刻む。

麒麟
リミット解除後、拳が分裂して見えるほどのラッシュを繰り出し、アッパーで打ち上げた所を大型化した聳弧角で両断する。

関連イラスト

この切っ先…触れれば切れるぞ

ソウルゲイン


まだまだひとりOG祭り中、これがな



関連タグ

スーパーロボット大戦A スーパーロボット大戦OG
アースゲイン スーパーアースゲイン アークゲイン
ヴァイサーガ ツヴァイザーゲイン
アクセル・アルマー

pixivに投稿された作品 pixivで「ソウルゲイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 172754

コメント