ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーgdpr.message3改訂履歴
アクセル・アルマー
13
「スーパーロボット大戦A」の男性主人公、「スーパーロボット大戦OG」シリーズの登場人物。

概要

CV:神奈延年


年齢は22,23歳ぐらいの青年で、容姿はクセッ毛の赤髪と紫色の瞳のタレ目が特徴。「~、これがな」という語尾を付ける癖がある。

性格については記憶喪失になる前と後で大きく差がある。

記憶喪失ではない状態の彼は常に冷静沈着ながら義理堅く、口ではいろいろ言いながらも正義感ある男である。


登場作品

スーパーロボット大戦A

主人公時のアクセル

主人公として選んだ場合、記憶喪失で登場する。

記憶喪失のときは、背景が何もなかった場合の素の性格なのか、ポジティブで三枚目な人物となっている。チャラ男とも言える(この性格のときは「アホセル」とも呼ばれる)。

兵士として相当の戦闘訓練を受けており、機動兵器の操縦技術や肉弾戦での体術能力の高さは群を抜いている。

記憶喪失の状態でも、その優れた戦闘能力が失われることは無かった。

機甲戦記ドラグナー』のドラグナーパイロット3人組と仲良くなり、悪友のような関係になる。


記憶を取り戻した当初こそ、シャドウミラーとして本来の任務を果たそうとしたが…ロンド・ベル隊の一員として戦って来たことでヴィンデルの掲げる理想に疑問を持つようになり最終的にはシャドウミラーを裏切り自爆する。

しかし密かに恋人のレモンによって回収・救助されたが彼女からの誘いには乗ることができず、完全にシャドウミラーからロンド・ベル隊に寝返る決意を固める。


最終決戦ではツヴァイザーゲインを道連れにする形で自爆するが、予想に反し辛うじて生き延びる。

そして行くあてもないまま宇宙を放浪しながら静かに最期を迎えようとしたがロンド・ベル隊の仲間達に救助され、戦いの中で散った恋人レモンの分まで、「お人好し達が支える世界で頑張って生き抜く」ことを決めAの物語は終わる。


なお、レモンを最終決戦で撃墜した場合は彼女との最後の会話が発生し、アクセル自身は機体からの脱出を促したりレモン自身も「もしも戦争のない、軍とは無縁の出会い方をしていたら…」と言い残していたため決別してもなお2人は相思相愛だったと思われる。


GBA版でのみ特殊技能に「ニュータイプ」を所持しており、リメイク版では削除された。

記憶喪失時の戦闘台詞を音声付きで聞けるのは本作のリメイク作「A PORTABLE」のみである。

記憶を取り戻して以降は本来の冷徹な口調に戻るが「〜これがな」と言った感じに記憶喪失時の名残が残る口調にもなっている。


ライバル時のアクセル

女主人公(ラミア・ラヴレス)を選んだ場合は、ライバルとして登場。

冷徹で任務に忠実な人物として登場し、かなり冷めた性格をしている(この性格のときは「悪セル」とも呼ばれる)。


OGシリーズ

スーパーロボット大戦OG2

敵として登場。

Aでのライバル時の性格を極端にした性格になっており、特にWシリーズへの不信感やキョウスケに対する執念が凄まじく、他にもかなり身勝手な発言が目立つ。

最終的には「A」でラミアを主人公に選んだ場合と同様、仲間になることもなく死亡してしまう。

A主人公時のアクセルに慣れ親しんだプレイヤーはこの扱いの酷さから制作スタッフに抗議を贈るものもいたという

スーパーロボット大戦OGS

スーパーロボット大戦OG外伝

ソウルゲインに乗り、敵キャラクターとして登場する(「悪セル」として登場)。

戦闘BGMはライバル時のものではなく、Aでの主人公時のものがかかる。

いわゆるスパロボ補正がかかり、OG2では主人公たちに倒されはするがリメイク前と異なり生存しており、OG外伝で同じく主人公たちに倒されたアルフィミィと共に復活し、ともに行動するようになる。

その後、紆余曲折を経ながら終盤で仲間になる。本作以降はOGシリーズでも味方として活躍するようになる。

何の因果か、相方的存在となるアルフィミィは恋人だったレモンと声が同じ。


ちなみにOG2のリメイク版に当たる『OGS』では展開や行動こそ同じではあるもののセリフがほとんど一新され、『A』で記憶が回復した後を彷彿とさせる性格に変更がなされた。

例を挙げると『OG2』では以前の世界で敵だったキョウスケ・ナンブに異常な執着を見せるが、OGSでは『ベーオウルフ』からのちにキョウスケ・ナンブという1人のパイロットに戦いを挑むようになる。

また、自我を持ち始めたW16W15に対しても一定の理解を示した上で諭すような発言も見られた。


OG外伝ではシャドウミラーが統制された闘争だったのに対し、見境なく戦乱を起こす修羅達を目の当たりにした際はかつてのシャドウミラーを自嘲しつつも、その横暴さに不快感を覚えていた。


無限のフロンティアEXCEED

多機能トンファー「ミズチ・ブレード」を片手に生身で戦闘をこなす。青龍鱗も出します。

記憶を失っていることから、性格は「A」のようなアホセルに近い。

固有スキルとして精神コマンドがランダムでかかる「博打」を時々発生させる「記憶の断片」がある。

OG外伝の設定の関係でアルフィミィと共に登場する。2人で1ユニット扱い。


第2次スーパーロボット大戦OG

無限のフロンティアEXCEEDの世界から帰還したところというタイミングで参戦。

ソウルゲインの性能も相まって非常に頼れるパイロットである。

生身の戦闘技術を活かしてトウマ・カノウの特訓に付き合っており、周囲からは「意外と面倒見がいいのか」と驚かれていた。

エピローグではルートに関わらず、クロガネ隊に加わることになる


スーパーロボット大戦OGムーン・デュエラーズ

第2次OGから続投。今回は第13話からと早めに参戦する。

ソウルゲインの性能が多少下方修正されたものの、それでも変わらずほぼ最強クラスのアタッカーとして活躍できる。


スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター

シャドウミラーとして登場。

最終話では彼の攻撃が後にラスボスにトドメを刺す布石となった。


搭乗機

※完全な専用機はソウルゲインのみであり、ヴァイサーガはラミアも乗れる。また、スパロボAではリアル系で始めたときのみソウルゲインが量産機として登場する。

OGシリーズではアシュセイヴァー、ラーズアングリフの両機共に他のパイロットでも乗換が可能である(というかラーズアングリフは実質ユウキ・ジェグナンの専用機と化している)。


関連タグ

スーパーロボット大戦A スパロボA アクセル

シャドウミラー レモン・ブロウニング ヴィンデル・マウザー ラミア・ラヴレス

ケーン・ワカバタップ・オセアノライト・ニューマン:悪友


スーパーロボット大戦OG

キョウスケ・ナンブ ベーオウルフ アインスト・アルフィミィ

無限のフロンティアEXCEED

ハーケン・ブロウニング アシェン・ブレイデル


カップリングタグ

アクレモ アクミィ


類似人物

ランサー:中の人が同じで、戦闘ではシビアだが根は義理堅い戦士繋がり。

概要

CV:神奈延年


年齢は22,23歳ぐらいの青年で、容姿はクセッ毛の赤髪と紫色の瞳のタレ目が特徴。「~、これがな」という語尾を付ける癖がある。

性格については記憶喪失になる前と後で大きく差がある。

記憶喪失ではない状態の彼は常に冷静沈着ながら義理堅く、口ではいろいろ言いながらも正義感ある男である。


登場作品

スーパーロボット大戦A

主人公時のアクセル

主人公として選んだ場合、記憶喪失で登場する。

記憶喪失のときは、背景が何もなかった場合の素の性格なのか、ポジティブで三枚目な人物となっている。チャラ男とも言える(この性格のときは「アホセル」とも呼ばれる)。

兵士として相当の戦闘訓練を受けており、機動兵器の操縦技術や肉弾戦での体術能力の高さは群を抜いている。

記憶喪失の状態でも、その優れた戦闘能力が失われることは無かった。

機甲戦記ドラグナー』のドラグナーパイロット3人組と仲良くなり、悪友のような関係になる。


記憶を取り戻した当初こそ、シャドウミラーとして本来の任務を果たそうとしたが…ロンド・ベル隊の一員として戦って来たことでヴィンデルの掲げる理想に疑問を持つようになり最終的にはシャドウミラーを裏切り自爆する。

しかし密かに恋人のレモンによって回収・救助されたが彼女からの誘いには乗ることができず、完全にシャドウミラーからロンド・ベル隊に寝返る決意を固める。


最終決戦ではツヴァイザーゲインを道連れにする形で自爆するが、予想に反し辛うじて生き延びる。

そして行くあてもないまま宇宙を放浪しながら静かに最期を迎えようとしたがロンド・ベル隊の仲間達に救助され、戦いの中で散った恋人レモンの分まで、「お人好し達が支える世界で頑張って生き抜く」ことを決めAの物語は終わる。


なお、レモンを最終決戦で撃墜した場合は彼女との最後の会話が発生し、アクセル自身は機体からの脱出を促したりレモン自身も「もしも戦争のない、軍とは無縁の出会い方をしていたら…」と言い残していたため決別してもなお2人は相思相愛だったと思われる。


GBA版でのみ特殊技能に「ニュータイプ」を所持しており、リメイク版では削除された。

記憶喪失時の戦闘台詞を音声付きで聞けるのは本作のリメイク作「A PORTABLE」のみである。

記憶を取り戻して以降は本来の冷徹な口調に戻るが「〜これがな」と言った感じに記憶喪失時の名残が残る口調にもなっている。


ライバル時のアクセル

女主人公(ラミア・ラヴレス)を選んだ場合は、ライバルとして登場。

冷徹で任務に忠実な人物として登場し、かなり冷めた性格をしている(この性格のときは「悪セル」とも呼ばれる)。


OGシリーズ

スーパーロボット大戦OG2

敵として登場。

Aでのライバル時の性格を極端にした性格になっており、特にWシリーズへの不信感やキョウスケに対する執念が凄まじく、他にもかなり身勝手な発言が目立つ。

最終的には「A」でラミアを主人公に選んだ場合と同様、仲間になることもなく死亡してしまう。

A主人公時のアクセルに慣れ親しんだプレイヤーはこの扱いの酷さから制作スタッフに抗議を贈るものもいたという

スーパーロボット大戦OGS

スーパーロボット大戦OG外伝

ソウルゲインに乗り、敵キャラクターとして登場する(「悪セル」として登場)。

戦闘BGMはライバル時のものではなく、Aでの主人公時のものがかかる。

いわゆるスパロボ補正がかかり、OG2では主人公たちに倒されはするがリメイク前と異なり生存しており、OG外伝で同じく主人公たちに倒されたアルフィミィと共に復活し、ともに行動するようになる。

その後、紆余曲折を経ながら終盤で仲間になる。本作以降はOGシリーズでも味方として活躍するようになる。

何の因果か、相方的存在となるアルフィミィは恋人だったレモンと声が同じ。


ちなみにOG2のリメイク版に当たる『OGS』では展開や行動こそ同じではあるもののセリフがほとんど一新され、『A』で記憶が回復した後を彷彿とさせる性格に変更がなされた。

例を挙げると『OG2』では以前の世界で敵だったキョウスケ・ナンブに異常な執着を見せるが、OGSでは『ベーオウルフ』からのちにキョウスケ・ナンブという1人のパイロットに戦いを挑むようになる。

また、自我を持ち始めたW16W15に対しても一定の理解を示した上で諭すような発言も見られた。


OG外伝ではシャドウミラーが統制された闘争だったのに対し、見境なく戦乱を起こす修羅達を目の当たりにした際はかつてのシャドウミラーを自嘲しつつも、その横暴さに不快感を覚えていた。


無限のフロンティアEXCEED

多機能トンファー「ミズチ・ブレード」を片手に生身で戦闘をこなす。青龍鱗も出します。

記憶を失っていることから、性格は「A」のようなアホセルに近い。

固有スキルとして精神コマンドがランダムでかかる「博打」を時々発生させる「記憶の断片」がある。

OG外伝の設定の関係でアルフィミィと共に登場する。2人で1ユニット扱い。


第2次スーパーロボット大戦OG

無限のフロンティアEXCEEDの世界から帰還したところというタイミングで参戦。

ソウルゲインの性能も相まって非常に頼れるパイロットである。

生身の戦闘技術を活かしてトウマ・カノウの特訓に付き合っており、周囲からは「意外と面倒見がいいのか」と驚かれていた。

エピローグではルートに関わらず、クロガネ隊に加わることになる


スーパーロボット大戦OGムーン・デュエラーズ

第2次OGから続投。今回は第13話からと早めに参戦する。

ソウルゲインの性能が多少下方修正されたものの、それでも変わらずほぼ最強クラスのアタッカーとして活躍できる。


スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター

シャドウミラーとして登場。

最終話では彼の攻撃が後にラスボスにトドメを刺す布石となった。


搭乗機

※完全な専用機はソウルゲインのみであり、ヴァイサーガはラミアも乗れる。また、スパロボAではリアル系で始めたときのみソウルゲインが量産機として登場する。

OGシリーズではアシュセイヴァー、ラーズアングリフの両機共に他のパイロットでも乗換が可能である(というかラーズアングリフは実質ユウキ・ジェグナンの専用機と化している)。


コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

無料で読めるpixivノベル人気作品

  1. ヒロインに婚約者を取られるみたいなので、悪役令息(ヤンデレキャラ)を狙います

    読む▶︎
  2. 僕たちは番じゃない

    読む▶︎
  3. もう興味がないと離婚された令嬢の意外と楽しい新生活

    読む▶︎

pixivision

カテゴリー