ピクシブ百科事典

イングラム・プリスケン

いんぐらむぷりすけん

イングラム・プリスケンとはスーパーヒーロー作戦の主人公、及びスーパーロボット大戦シリーズに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

CV:古澤徹

スーパーヒーロー作戦

本作品の男主人公で謎のロボットR-GUNを操る記憶喪失の青年。
性格は正義感が強く仲間思いな好青年。
科学特捜隊のハヤタ隊員や私立探偵・早川健とともに、自分が何者かもわからぬまま謎の敵と戦うことになる。
その正体は事故的にタイムスリップした未来のメカ・パイロットであり、ユーゼス・ゴッツォのクローン。
記憶を取り戻し、宇宙刑事など数多のヒーローたちによるチーム「ガイアセイバーズ」とともに巨悪を討ち滅ぼしたが、「因果律の番人」としての使命を与えられ、平行世界を彷徨う存在となる。
ちなみにSHOでの階級は少尉であるため、上官にあたるリュウセイ達には敬語を使っている。

スーパーロボット大戦シリーズ

スーパーロボット大戦α」にて同シリーズに初参戦。
こちらではSRXチームの隊長および教官となっており、階級は少佐。
冷徹な性格ながらも、部下であるリュウセイ達からの信頼は厚い。
SRX計画には初動から関わったスタッフであり、同時にEOT解析の第一人者。SRX計画に参加する前はパーソナルトルーパー特殊部隊「PTXチーム」の隊長として活躍していた。
部下に対して冷徹とも言える訓練を課すが、全ては「宇宙を乱す存在」に立ち向かうためのものであり、内に秘めた正義感は強い。
その正体は敵対異星人エアロゲイターによって送り込まれたスパイであり、密かに念動力の素質のある人間を拉致していた。後に自ら正体を明かし、地球連邦軍に多大な損害を与え、離反した。
しかし、離反した後の彼はエアロゲイターという軍の一員としてではなく、「イングラム・プリスケン個人」として行動している素振りを見せており、敵という立場でリュウセイ達を成長させて行く。その真意は平行世界を彷徨ってαの世界に辿り着いたイングラムを捕らえ洗脳したこの世界のユーゼス・ゴッツォに対抗するためのものであった。つまり、ヒーロー作戦のイングラムとαシリーズのイングラムは同一人物である。性格が大きく異なるのは、ユーゼスによる洗脳を受けた際に本来のものとも、ユーゼスに与えられたものともまた違う人格を生み出したため。

プレイヤーの進行方法によって彼の運命は2つに分かれ、1つは最期に自ら鍛え上げたSRXチームによって討たれ、その成長を喜びながら「(文字通り)もう1人の自分」であるヴィレッタ・バディム(プリスケン)にその遺志を託して消息を絶つというものである。
そしてもう1つは単独でユーゼスに挑もうとした結果彼によって再び操られSRXチームと対峙することになるが、リュウセイらの説得を受けて本来の、つまりスーパーヒーロー作戦でのイングラム自身の人格と記憶を取り戻し、平行世界の存在とは言えどかつて対峙したユーゼスと再び激突し相討ちとなり消息を絶つ、というものである。以後のシリーズでは後者の展開があったという前提となっている。

スーパーロボット大戦α外伝では宇宙を乱す存在を突き止め、1人でこれに立ち向かうが敗北、肉体が消滅し魂だけの存在となってしまう。魂となった彼はこの事実、そして自ら作った機体のエネルギーを「イージス計画」に使用するべく元いた時代に帰還しようとしたが、機体が破壊されていた事で未来世界に漂着。なすすべなくアンセスターによりアウルゲルミルのブラックボックスとして利用されてしまうが、アウルゲルミルが機能を停止した事で解放され、元の時代へ戻る事ができた。

第3次スーパーロボット大戦αでは思念体として登場し、クォヴレー・ゴードンの力を引き出す手助けをしたり、SRXチームを激励したりしている。最終的には「因果律の番人」としての、この世界での使命を果たすことができ、別の世界へと旅立っていった。

スーパーロボット大戦OGでは流れ着いた彼の魂が人造人間「アウレフ・バルシェム」に憑依し、本来の記憶を取り戻す(=因果律の番人の使命に目覚める)寸前にまたもユーゼスによって「枷」をはめられてしまう。その後の立ち回りそのものはαに近いが、こちらは敵に回ってから枷の影響が強まり本来の意識が次第に消えていくことになった。もう一人の因果律の番人が自我の確立を呼びかけるも、既に遅く彼の自我は死の直前まで戻ることはなかった。OG世界における彼の死後、その魂がどうなったのかは不明である。
ちなみにα世界にもアウレフ・バルシェムは製造されていたが、こちらは宇宙を彷徨うイングラム本人を発見したユーゼスによって破棄されすり替えられている。他のバルシェムは全てイングラム自身を元に製造されており、元のバルシェムはどのような外見・能力であったのかは不明。OGサーガでは上述の通り。その為ヴィレッタとの関係もαとOGでやや異なる。

OGのアニメ版だがパラレルに近い「ディバイン・ウォーズ」では、最終的に自我を確立して因果律の番人としての使命を思い出し、その象徴たる本来の乗機を呼び出してSRXの窮地を救う。そしてSRXと一時的な融合を行い自らの枷も消滅させ、再び別の世界へと旅立ったことが示唆されている。

裏切りや冷徹なセリフ回しなど悪人のイメージが強いものの、それはユーゼス・ゴッツォの影響下にあったことに起因する面が強く、基本的にはヒーロー作戦時代のままのいい人である。
OGシリーズでは今のところ(ヒーロー作戦時代の)イングラム本人の人格が戻っていないため冷徹な印象が強いが、アニメ「ディバイン・ウォーズ」ではクスハから勧められた彼女特製の栄養ドリンクのあまりの不味さに倒れそうになるも、彼女に心配をかけまいとクスハの前では平静を装いきっているなど天然ボケ的な一面を見ることができる。

乗機であるR-GUNの必殺武器「メタルジェノサイダー」発動時の「デッド・エンド・シュート!!」という掛け声と「フフフ…」といういかにも悪役な(初出は敵対時に発していたのである意味印象通りではあるが)笑い声が評判。
特にデッド・エンド・シュートは彼に関わりのある人物(ヴィレッタやクォヴレーなど)も使用しており(デッド・エンド・スラッシュという変則型もある)、「デッドエンド一族」と呼ばれているとかいないとか。

『並行世界の放浪者』

彼のモチーフは、バンプレストオリジナルの先駆者ともいえるギリアム・イェーガーである(その為容姿も似ている)。
『OG』においては両者が対決すると意味深なやりとりを聞くことができる。
無論、『OG』にはギリアムが共に戦ったアムロ・レイも、イングラムと共闘した宇宙刑事達は存在しないが、SHOやヒーロー戦記を思わせる描写等を考えると、二人はその両作から次元を超えて参戦しているとも言える。

またクォヴレー・ゴードンは最終的に同じ使命を背負った、分身とも後継者とも呼べる存在である。二人の関係は片方がもう片方を導くというもので、実際に第3次αではイングラムがクォヴレーを導き、OGではクォヴレーがイングラムを導こうとした。

関連イラスト

イングラム。/SRW


関連タグ

スーパーヒーロー作戦 ガイアセイバーズ
ドモン・カッシュ ハヤタ・シン 一条寺烈 ジロー 剣流星
ユーゼス・ゴッツォ

スパロボシリーズ

スーパーロボット大戦α スーパーロボット大戦OG
リュウセイ・ダテ ライディース・F・ブランシュタイン アヤ・コバヤシ ヴィレッタ・プリスケン クォヴレー・ゴードン アーマラ・バートン
ユーゼス・ゴッツォ

関連記事

親記事

超機大戦SRX ちょうきたいせんえすあーるえっくす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「イングラム・プリスケン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49730

コメント