ピクシブ百科事典

ツヴァイザーゲイン

つゔぁいざーげいん

ツヴァイザーゲインはスーパーロボット大戦シリーズに登場するオリジナルメカ。 スーパーロボット大戦Aのボスユニット。

機体スペック

形式番号 EG-XX
所属 シャドウミラー
生産形態 ワンオフモデル
全高 42.9 m
重量 133.8 t
武装 剣、肘のブレードによる格闘
必殺技 邪龍鱗 重虎吠 残影玄武弾 闇刃閃 麒麟・極

パイロットはヴィンデル・マウザー。部隊の司令官が乗る機体だけあって最高の性能を持つ。
ソウルゲインの予備機をベースにヴァイサーガのパーツを組みこんでいる為、戦闘スタイルはソウルゲインやヴァイサーガを基にした格闘術であり、特徴として全ての攻撃を分身して放つ。特に必殺技の麒麟・極は、敵の全周囲を夥しい数のツヴァイザーゲインが覆うという演出がある。
また、OGシリーズでは次元転移装置アギュイエウスが内蔵されており、このシステムの核であるヘリオス・オリュンポスことギリアム・イェーガーを奪取しあらゆる次元を行き来することがシャドウミラーの目的の一つである。


ゲーム中の性能だが、実はGBA版Aの時点では「歴代スパロボ至上最弱のラスボス」と呼ばれるほど異常に弱い。最終MAPの作戦目的は「10ターン以内にツヴァイザーゲインを破壊」であるが、精神コマンドを駆使すれば1ターン目のプレイヤーフェイズで、しかも単独のユニットの攻撃であっさりと撃破出来てしまえる。(PSP版ではHPが大幅上昇し、2回行動・MAP兵器などかなり強化された)
OGシリーズでは当時のインフレの影響を受けて20万を超えるHPを獲得。
だが、MAP兵器となった邪龍鱗で自爆したり最終決戦がアインストの行動で尻に火を点けられた形だったりと、どこか締まらない感じである。その上、追加されたレモンのイベントにまたまた注目を奪われたり…。

また、アニメ『ジ・インスペクター』では、麒麟・極を繰り出そうとしたが、虎龍王に分身を分身で返された挙句にフルボッコにされた。

微妙に長く言いにくい名前からかミスマル・ユリカには「ツガイバーゲン」エリック・ワンには「ツーカイアゲイン」などと言われていた。

スーパーロボット大戦A」内にはいくつか没シナリオのデータがありその中ではヴィンデルの機体が「スーパーアースゲイン改」と称されている。そのため「スーパーロボット大戦64」のスーパー系男主人公のロボット「スーパーアースゲイン」の改良型という設定だったのではないかという説がある。

関連タグ

スーパーロボット大戦A スーパーロボット大戦OG
ソウルゲイン ヴァイサーガ スーパーアースゲイン

pixivに投稿された作品 pixivで「ツヴァイザーゲイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4532

コメント