ピクシブ百科事典

ビルトビルガー

びるとびるがー

『スーパーロボット大戦』シリーズに登場するパーソナルトルーパー(ロボット)。
目次[非表示]

メカニックデザイナーはカトキハジメ

機体スペック

形式番号:PTX-015R / L
全高:20.6m
重量:56.9t
開発:マオ・インダストリー社(開発者はマリオン・ラドム、カーク・ハミル)

アラド・バランガの搭乗機。
OGシリーズでは青色のタイプRと赤色のタイプLの2機が存在し、PTX-003Cアルトアイゼンのコンセプトを受け継いで開発されたATX計画の新型機とされており、武装はアラド・バランガの操縦を前提に考案された。
アルトアイゼンと異なり、テスラ・ドライブを装備しているため飛行が可能。
頑強な装甲と高い運動性能を併せ持ち、さらに少々癖があるもの強力な武装を搭載した高性能機となっている。

通常はジャケット・アーマーを装着したまま戦闘を行うが、これをパージすると収納されているウィングを展開し、高機動形態に移行できる。
この形態で「ビクティム・ビーク」が使用でき、合体攻撃「ツイン・バード・ストライク(パターンTBS)」ではビルトファルケンと動きを合わせる為に形態移行する。

また、条件を満たせばタイプLが入手可能で、劇中ではマイ・コバヤシが逃走する際に使われた。
機体仕様はほぼ変わりないが、合体攻撃への参加ができず、その代わりにスタンショックという特殊武器が追加されている。
このスタンショックが命中した相手を行動不能するというかなり凶悪な効果を持っており、対ボス戦で必中、直撃をかけて使用する事で、大幅に難易度が下がる。

武装

3連ガトリング砲
左腕に装備された実弾機関砲。コールドメタルソードのホルダーも兼ねる。

M90アサルトマシンガン
手持ち式の実弾ライフル。OGシリーズでは換装武器。

コールドメタルソード
ガトリング砲のホルダーにマウントされる実体剣。

スタッグビートル・クラッシャー
本機の主武装。右腕に装備された近接格闘用兵器で、アクチュエータ式の大きな鋏。

必殺技

ビクティム・ビーク
高機動形態に移行した後、テスラ・ドライブの瞬発力を最大限に活用して敵機に体当たりを仕掛ける突撃戦法。ウィングの周囲にはガーリオンなどと同様のブレイク・フィールドを発生させている。

ツイン・バード・ストライク
ビルトファルケンとの合体攻撃。ランページ・ゴーストを参考に考案された。
高速で敵を撹乱し、ブレイク・フィールドをまとった体当たりで攻撃する。
なお、略称はTBSとなっているが、無論どこぞの放送局とは関係ない。
OG2ndでのトドメ演出では、事あるごとに機能不全らしき現象が起きている。

関連機体

ビルトファルケン:セット運用をコンセプトに開発された機体。こちらは砲撃戦を重視した機体。
アルトアイゼン:実質的な兄弟機。本機の「重装甲・高火力・高突進力」というコンセプトを、より進歩した技術で再現するという提案からビルトビルガーの開発が決定された。
アルブレード:本機のブレード・トンファーの運用データを元に、ビルトビルガーへコールドメタルソードが装備されることとなった。
アルブレード・カスタム:上記のアルブレードの改造機。ビルトビルガーのジャケットアーマーをコンセプトとして取り入れている。

関連タグ

スーパーロボット大戦 スパロボ SRW OG OGIN
エグゼクスバイン・・・こちらもどこぞの放送局のような略称の武器を持つ。

pixivに投稿された作品 pixivで「ビルトビルガー」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29010

コメント