ピクシブ百科事典

スレードゲルミル

すれーどげるみる

スーパーロボット大戦シリーズに登場するオリジナルメカ。
目次[非表示]

機体データ

製造アースクレイドル
生産形態改良機
全高53.7 m
重量403.2 t
所属
  • アンセスター(α外伝)
  • シャドウミラー(OG2)
武装
  • ドリルブーストナックル
  • 斬艦刀
必殺技
  • ドリル・インフェルノ
  • 斬艦刀・電光石火
  • 斬艦刀・一文字斬り
  • 斬艦刀・稲妻重力落し
  • 斬艦刀・星薙の太刀
パイロット


概説

メカデザイナー:富士原昌幸
初出はスーパーロボット大戦α外伝
グルンガスト参式をマシンセルで変異させた機体。
マシンセルによる自己修復機能により多少のダメージは瞬時に修復することが可能。
さらに単独飛行も実現されている。
背部のスタビライザーによって安定した飛行性能を持つほか、ドリルのみの射出攻撃や、ドリルを装着しての格闘戦もこなせる。(原型機も同じことは出来る)
名前の由来は、北欧神話に登場する巨人「スルーズゲルミル」から。

並行世界のゼンガー・ゾンボルトの複製であるウォーダン・ユミルの搭乗機であり、そのゼンガーの搭乗機・グルンガスト零式ダイゼンガーと同様に、斬艦刀による一撃必殺の太刀を最大の武器とする。
特に『斬艦刀・星薙の太刀』は、斬艦刀のマシンセルを固定させないことで延長して広範囲に地面ごと相手を横一文字にぶった切るという豪快な最終奥義であり、スレードゲルミルを代表する技でもある。
(身もふたもない言い方で説明すると、イデオンソードライザーソードの親戚)
なおこの技はアンソロジーコミック「スーパーロボット大戦α外伝コミック 鋼の救世主」から逆輸入設定であり、後にOGSで正式採用となった。
さらに「ドリルインフェルノ」はあとがきでボツ技として載っていたが、こちらも同じく公式採用された。このドリルインフェルノ、富士原氏が天啓的に閃いた技であり、のちに先述の漫画にて兜甲児の乗るマジンカイザーの操縦席であるカイザーパイルダーを直接攻撃するというありそうでなかった禁じ手をぶちかしている。

その他

スレードゲルミルといえば咆哮というほど、本機は斬艦刀使用時に吼え猛る姿が印象的。
登場当時のインパクトはすさまじく、白黒のアップで眼光鋭く雄叫びを上げるスレードゲルミルの演出に、多くのプレイヤーがハートを鷲掴みにされた。

関連動画



関連タグ

グルンガスト参式 斬艦刀 ベルゲルミル

pixivに投稿された作品 pixivで「スレードゲルミル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 163936

コメント