ピクシブ百科事典

グルンガスト参式

ぐるんがすとさんしき

スーパーロボット大戦シリーズに登場するオリジナルメカ。
目次[非表示]

概要

初出はスーパーロボット大戦αだが、ユニットとして使用可能となるのは第2次スーパーロボット大戦αから。
SRX計画で開発されたグルンガストの三代目モデルであり、上半身を構成する大型戦闘機「Gラプター」と、下半身を構成する重戦車「Gバイソン」の分離・合体式ロボットとなっている。

  • 上半身の「Gラプター」のコックピットはそのまま参式のコックピット(メイン)として機能する。Gラプター単体で使用することはあまり無い。
  • 下半身の「Gバイソン」も単体で使用することはあまり無いが、こちらにはドリルが装備されている。

3機が開発され、1号機は龍虎王修復の為にパーツが流用され、2号機はゼンガー・ゾンボルトの専用機として運用された。
なお、スレードゲルミルもこの機体をベースとしている。
基本、乗員は二人乗りで参式のメインパイロットは「Gラプター」側となる。

形式番号SRG-03-1/2/3
所属地球連邦軍
製造テスラ・ライヒ研究所
生産形態試作機
全高60.2 m
重量390.0 t
MMI
  • T-LINKシステム(1、3号機)
パイロット(1号機)
パイロット(2号機)
パイロット(3号機)

武装

アイソリッド・レーザー
目から放つレーザー。Gラプター、Gバイソンも使用可能。

参式爆連打
連続パンチ。参式自体が使用したことはないが、パーツを流用した虎龍王が使用。

ドリル・ブーストナックル
背中に装着されたブースタードリルドリル・アタッカーを装着して放つロケットパンチ。Gバイソンも使用可能だが、こちらはドリル・アタッカーのみを放つ(腕がGラプター側にあるため)。
一応、ドリルを装備しない通常のブーストナックルも設定上は可能。

オメガ・ブラスター
一言で言えばブレストファイヤー…と、言ってしまえば身も蓋もないが、横向きの竜巻のような極太ビームをぶっぱなす。『第4次』のグルンガストの「グルンガストビーム」に割と近い。

APTGMランチャー
グルンガスト零式と同様、「第2次OG」で追加された脚部ミサイルランチャー。

参式斬艦刀(2号機)
通常時は日本刀型だが、液体金属で刀身を覆うことによって超大型の両手剣となる。刀身の形状はある程度の変形が可能。後にダイゼンガーへ引き継がれる。

参式獅子王刀(3号機)
特機サイズのシシオウブレード。

スプリット・ミサイル
Gラプター時の武装。壱式のウィングガストや弐式のGホークのものの発展版。

オメガ・ビーム
Gラプター時の武装。オメガ・ブラスターの簡易版。

ドリル・アタック
壱式のガストランダーと同じもの。

Gコンビネーション
分離してGラプターからオメガ・ビームとスプリットミサイルを、Gバイソンからドリル・ブーストナックルをそれぞれ発射、さらに合体してドリル・アタッカーを叩き込む。

必殺技

斬艦刀・一文字斬り(2号機、「第2次α」)
斬艦刀で敵を一刀両断する技。

斬艦刀・疾風怒濤(2号機、「OG2」)
斬艦刀で高速で斬りこむ技。

獅子王刀・歳破(3号機、「第2次OG」)
刀を構えた後に突進し、一刀両断する。「歳破」も凶方角の名称。

余談

現在の所、グルンガストシリーズ最新鋭機であり、その性能もピカイチ…のはずなのだが、1号機は龍虎王虎龍王)の、2号機はダイゼンガーの前座(もしくはスレードゲルミルの素体)というイマイチな扱いである。3号機はOGシリーズで活躍中。
またαでは、BF団十傑集素晴らしきヒィッツカラルドの指パッチンで真っ二つにされた事が有名である。
なお、‪α‬では全く登場しなかった為に参式がどんなものか不明だった。実質的に‪α‬シリーズで初めて登場した参式はスレードゲルミルであり、合体型・複座なのは第2次‪α‬の時点では設定画のみだった。
ようやく登場した参式は第2次‪α‬で一人乗りに改修された為に分離形態の登場はOGSまで待たねばならなかった。
デザイン自体はスレードゲルミルの方が先に登場した為、逆算する形で参式はデザインされたという。
スレードゲルミルと違い、ドリル・アタッカーは背部では上向きに付いている。

関連タグ

グルンガスト スレードゲルミル 素晴らしきヒィッツカラルド

関連記事

親記事

グルンガスト ぐるんがすと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「グルンガスト参式」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17890

コメント