ピクシブ百科事典

BF団

びっぐふぁいあだん

横山光輝の漫画作品および横山光輝原案の特撮作品「ジャイアントロボ」に登場する悪の秘密結社。
目次[非表示]

概要

 東映特撮作品および、横山光輝漫画ジャイアントロボ』に登場する悪の組織
 なお漫画版は特撮版の原作ではない。元々、ジャイアントロボを作ったのもBF団であり、後継機のGR-2、(漫画版ではGR-3)なども作っていた。

特撮版におけるビッグファイア団

 アンドロメダ星雲・ビッグファイアー星から地球侵略のためにやってきた、ギロチン帝王が結成した悪の組織。構成員は宇宙人から地球人など多岐に渡り、怪獣や侵略ロボットを戦力にして、ジャイアントロボや国際機関「ユニコーン機関」と戦った。
 特撮版のBF団はTV番組ということもあって、漫画版とは異なり、怪獣が登場するのが最大の特徴。一応侵略ロボットも戦力としているが。怪獣のデザインがバラエティ豊かでユニークなものが多いのも特徴で、ロボットもGR2しか人型のものはいない(スタンダードなスタイルの怪獣はアンバランとアイスラー)。
 よく怪獣の使い回しが多いといわれているが、実際はそれほど多くない。再登場には数種類のパターンがあり、「再生怪獣として復活したもの」、「別個体の怪獣が新たに登場」、「以前の個体がそのまま再登場」に分かれる。こうしてみると再登場でもバリエーションに富んでおり、単なる使い回しではない。さらに一度しか登場していない怪獣もいる。なにしろ全26話しかないので、それから考えれば多いというほどでもない。

 首領宇宙人ギロチン帝王
 最高幹部は主に宇宙人が多く、ドクトル・オーヴァミスター・ゴールドメトロスリーなどが名を連ねる。
 また最高幹部とは別に日本支局の支局長が登場し、特撮における悪の組織の幹部キャラのはしりとなった。
 歴代日本支局長は、スパイダー、ブラックダイヤ、レッドコブラ、ミイラーマン。中でも初代支局長のスパイダーは出演回数も多く、後の作品に大きな影響を与えた。演じた丹羽 又三郎氏は後に仮面ライダーで再び幹部キャラであるブラック将軍を演じている。

OVA版におけるビッグファイア団

 OVA『ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日-』はいわばお祭り作品であり、横山作品の全てをカメオ出演させるというものであった。したがって本作のBF団のカオス度は尋常ではなく、特に幹部である十傑集に至っては特撮版に出てきた怪獣ロボットを素手でぶちのめせそうな連中ばかりであり、ジャイアントロボの必要性ェ。なぜか赤影までいるし。

関連項目

 秘密結社 愛すべきバカ チート

pixivに投稿された作品 pixivで「BF団」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 120874

コメント