ピクシブ百科事典

六神体

ろくしんたい

横山光輝のSF漫画「マーズ」およびその関連作品に登場する地球監視者。
目次[非表示]

概要

はるか昔の地球に、異星人によってセットされた6人の無性生殖人間「地球監視者」。彼らが乗り込む6体のロボットが六神体である。
 マーズおよびガイアーが誤動作した時の保険として存在。情にほだされ地球破壊(ガイアーの自爆)を拒否したマーズを抹殺する為に活動を開始する(そのため、ガイアーは六神体に含まない)。

六神体のデザインは、横山光輝氏のかつての作品「鉄人28号」や「ジャイアントロボ」などとは一線を画したものとなっている。
普通のロボットとは違い、神体と呼ばれるだけあってその姿は土偶然としたものや、頭だけなど奇怪なものが多い。
後の「六神合体ゴッドマーズ」の六神ロボのモデルではあるが、立場もデザインも別物。

六神体は一体で一つの大陸を滅ぼすほどの力を持っており、核爆弾も搭載している。強力なバリアーも張ることができ、作中ではガイアーの光子弾でしか破ることができなかった。

六神体の一覧

  • ウラヌス

神体ウラヌス


最初に現れた神体。巨大な気球に偽装していた。ダルマのような形で、気象をコントロールすることができる。また、あごから巨大な槍を打ち出し、かまいたちを起こすほどの上昇気流を発生させる。
操縦者はリーダー格と思われる老年の監視者。(激動たるカワラザキの元ネタ)

  • スフィンクス(ミロ)※メイン画像
エジプトのスフィンクスに偽装されていた4足歩行の神体。外壁の下の本体は黒い金属で覆われ、謎の背ビレがある。蜃気楼で敵を惑わし、太陽の表面温度なみの6000℃の熱を発生させ周囲を焼き尽くす。
操縦者はサングラスの監視者。

  • 第三の神体
雷で攻撃する空の神体。小型探査機を複数搭載している。六神体の中では唯一名前が明らかでないが、アニメ化作品によってはヘリオスセンサーハンターなどの名前が付けられている。
操縦者はモノクル&ハート頭の監視者。(衝撃のアルベルトの元ネタ)

  • シン
土偶型の神体。エネルギー探査機で地底を探り、大地震を引き起こした。(OVA版ジャイアントロボに登場したウラエヌスの元ネタ)
操縦者はスキンヘッドの監視者。(オロシャのイワンの元ネタ)

  • ウラエウス
コブラ型主砲が特徴の空飛ぶ潜水艦。つぶらな瞳が印象的。ゴッドマーズではウラヌスと名前が似ているためにハブられ、OVA版ジャイアントロボではシンに中途半端に名前をパクられたかわいそうな神体。
操縦者は若めの監視者。

  • ラー
最後の神体。その姿は漆黒の球体で、任意で触手が6本生える。雷撃で攻撃することもでき、マーズが潜伏する東京を廃墟にした。内蔵カメラが前方45度角しかないため、視界は小型探査機に大部分を頼っている。そこをマーズに見破られ、ラーは思わぬ反撃を受けることとなる。
操縦者はマーズに最初に接触した監視者。

六神体以外

 該当項目参照。
 なおゴッドマーズの方はガイヤー

  • タイタン
 無人の人型ロボット。物語開始直後に原子力潜水艦の(魚雷によって破壊されたが、この事により地球文明が危険域に達したとみなされ、地球破壊が決定された。
 ゴッドマーズではウラエウス(もしくは第三神体)の代わりに六神ロボに昇格。

関連項目

神世紀伝マーズ
ゴッドマーズ六神合体ゴッドマーズ

pixivに投稿された作品 pixivで「六神体」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2460

コメント