ピクシブ百科事典

幻夜

げんや

『ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:小川真司(少年時 CV:関智一

悪の秘密結社BF団のA級エージェント。28歳。
シズマドライブを無効化させるアンチ・シズマドライブを導入した功績により、「地球静止作戦」のリーダーに任命された。
能力は瞬間移動、影縛り、変身術。

詳細

※以降、OVAのネタバレあり。













本名はエマニュエル・フォン・フォーグラー
悪役だが、おそらくこの作品における最大の被害者である。
バシュタールの惨劇の最大の犠牲者となったフォーグラー博士の息子であり、国際警察機構の銀鈴(ファルメール・フォン・フォーグラー)の実の兄。
父の遺言である「シズマを止めろ」を「復讐としてバシュタールと同じ惨劇を起こせ」と解釈し、それを実行するためだけにBF団に入団した。なお、このとき幻夜をBF団に勧誘したのは孔明である。

o.o


本来はクラシックワインを愛する物静かな青年であるが、父や復讐のこととなると容赦のない一面を見せる。

BF団に入った後は「大怪球フォーグラー」を建造。
地球静止作戦では自らそれを操縦し、父の遺言を遂行せんと破壊活動を行った。
シズマドライブを静止させたり、聖アー・バー・エーを破壊したときは復讐を達成していることに喜びを感じているような狂気的な行動が見受けられるが、うなされている大作に優しげな反応を示したりと、本来の穏やかな性格が垣間見れるシーンもある。

終盤、国際警察機構アルベルトの対抗により大怪球が半壊状態になり、追い込まれ始める。
そこにやってきた銀鈴が、父の形見であるサンプルを破壊しようとしたため、錯乱して発砲。実の妹を射殺してしまう。
兄としての情は昔のままだったようで、このことでひどく追い込まれ、自爆装置に手をかける。
さらに追い打ちをかけるように父・フォーグラー博士の遺言が発動、衝撃の真実が幻夜に告げられる。
実はフォーグラー博士が望んでいたのは復讐ではなく、シズマドライブの欠陥を形見のサンプルで修正することだった。

復讐に捧げた自分の10年が無駄だったという事実と、妹を射殺してしまった後悔から失意のどん底に落ちる。

「今更それはないじゃないですか!!父さん!!
 なぜ一言でいい、ちゃんと言い残しておいてくれなかったのですか!!
 こんな恐ろしいものを僕に渡しておいて、どうしろっていうんだよ!!
 父さん!答えてよ父さん!!!」

サンプルを「こんな恐ろしいもの」と表現していることから、彼の10年間の苦悩がうかがえる。

そして境遇の似た大作に「そうだろう?こんな恐ろしい遺産を父親に勝手に手渡され…どうする?貴様ならどうするつもりだ!!答えろ!ジャイアントロボ!いや、草間大作!!!」と叫んだ直後、自爆装置が作動。
とっさに瞬間移動で大怪球ごと移動し、人的被害のない宇宙で自爆した。

地球の滅亡を望んでいた幻夜だったが、結果的に彼の行動が地球を救うこととなった。

その他

正装が白のスーツ、就寝時の服装が黒のブリーフ1枚であるなど、服装のセンスは少々独特である。
(10年前の就寝時の服装はチャイナ服とおぼしき服。)

キャラクター原案は『伊賀の影丸』第4部「七つの影法師」に登場する伊賀忍者の「幻也斎」。登場人物の入れ替わりが激しい『伊賀の影丸』の中でも、外見・性格共にキャラが立っており、そのために、原作では1部限りのゲストキャラでありながら、GRではこのような大役をもらえたのかもしれない。
ちなみに、初登場から退場まではおよそ40ページほどである。

関連タグ

ジャイアントロボ
横山光輝
今川泰宏
伊賀の影丸
BF団

pixivに投稿された作品 pixivで「幻夜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 88045

コメント