ピクシブ百科事典

シズマドライブ

しずまどらいぶ

シズマドライブとは、『ジャイアントロボTHE ANIMATION 地球が静止する日』に登場する架空のエネルギー。

概要

本編において、石炭石油に代わる新たなエネルギー資源として開発された物質。
両端がキャップでとじられた透明なガラス管の中央に赤い球のような「シズマ中心核」が浮かんでいる外見をしており、稼働させると中の液体が赤くなる。
開発者はフランケン・フォン・フォーグラー、シズマ・ド・モンタルバン三世、Dr.ダンカン、シムレ、ドクトル・トランボの五名であり、完全リサイクル可能、完全無公害な最も理想的なエネルギー資源として「第三のエネルギー革命」と呼ばれた。

所謂充電式電池のように一定のエネルギーを出し切った後でも再びリサイクルすればエネルギーの発生が可能で、大きなものでは工業プラントや大型旅客機、身近では自動車や家電製品、ライターに至るまで幅広く用いられている。

しかし開発中、未完成な状態のシズマドライブはとんでもない災厄をもたらすと考えたフォーグラー博士は実験の中止を進言するも、進言したのはフォーグラー一人だけだった。
博士の予感は見事に的中し、バシュタール公国にあったシズマドライブ実験炉が不完全なシズマドライブの影響で暴走。バシュタール公国を一瞬にして蒸発させたばかりか、全世界に七日間にわたってエネルギーの中和現象というエネルギー停止状態をもたらす「バシュタールの惨劇」と呼ばれる事件を引きおこし、世界中をパニック状態に陥れた。
この事件の全責任はフォーグラーにあるとされ、フォーグラーは失踪。シズマ博士主導の残された4人の提唱した理論によって完成へと持ち込まれた。

しかし完成したシズマドライブにも、使用するたびに特殊な分子を発生させ、それが一定以上の濃度に達すると突如酸素と結合をはじめ、地球上の全酸素を消滅させてしまうという致命的な欠陥を抱えていた。
フォーグラーは一目見ただけでその欠陥に気づき、急遽シズマドライブを停止させるシステム、アンチ・シズマドライブを制作。死の間際に息子のエマニュエルこと幻夜に託した。
アンチ・シズマドライブはシズマドライブの欠点を補うための中和剤として作られたのだが、これは3本そろった状態で使わなければその役割を果たせず、1から2本の状態で使ってしまうとシズマ中心核が異常反応を起こし液体が外部に漏れて破壊され、エネルギー停止状態をもたらすアンチ・シズマフィールドを発生させてしまう。

ここで、シズマドライブに依存しきっていた世界はパニックに陥ってしまった。

関連項目

地球が静止する日

関連記事

親記事

地球が静止する日 ちきゅうがせいしするひ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シズマドライブ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2388

コメント