ピクシブ百科事典

大怪球フォーグラー

だいかいきゅうふぉーぐらー

大怪球フォーグラーとは、『ジャイアントロボTHE ANIMATION 地球が静止する日』に登場するメカニック。

概要

BF団が開発した地球静止計画の要となる巨大な目玉の付いた球体型メカ。正式名称「大怪球フランケン・フォン・フォーグラー」
10年前にフランケン・フォン・フォーグラーが建造していた実験用炉心だったが、不完全だったために「バシュタールの惨劇」と呼ばれる事件を引き起こした。BF団が開発したのはそれをベースにしたレプリカであり、完全なものへと改良を加えた上兵器としての機能を付加させている。
動力は無数のアンチ・シズマドライブのレプリカで、武装は重力レンズ砲「ティアドロップ」と表面についている無数の穴から発射するレーザーアーム。
サンプルが三本セットされると全身の穴が大量の目玉へと変わる。
フォーグラー博士が10年前に開発したオリジナルのフォーグラーは電磁ネットワイヤーで封じ込められた為、ワイヤーメカが今回も持ちだされたがウラエヌスの妨害で失敗に終わり、グレタガルボが脱出するまでの足止めとして使われる事になった。

アンチ・シズマドライブフィールドを形成する事でシズマドライブに頼り切っている世界中の機能を停止させることが目的であり、最初はパリに出現。
その後はバシュタール現象を広めながらロンドンニューヨークワシントンサンフランシスコ日本上海等を通過。世界の三分の二を停止させると聖アー・バー・エーへと向かい、地球上の全てのシズマドライブ停止を目論んだ。

しかし聖アー・バー・エーにて三本のサンプルが揃った事でアンチ・シズマフィールドが全世界のシズマドライブを害のないものへと変えた事で、父の真意に気付いた幻夜がこれ以上の被害を出すまいと宇宙へとテレポートさせ、妹の銀鈴を殺してしまった際に押していた自爆装置が起爆。宇宙にて大爆発した。

余談

元ネタは『マーズ』の最後の六神体ラー、実写版『ジャイアントロボ』のガンモンスグローバー

pixivに投稿された作品 pixivで「大怪球フォーグラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 207

コメント