ピクシブ百科事典

ベルゲルミル

べるげるみる

スーパーロボット大戦シリーズに登場するオリジナルメカ。
目次[非表示]

北欧神話に登場する巨人とその名前に由来するスーパーロボット大戦シリーズに登場するロボットがあり、本項では後者について説明する。

概要

アースクレイドルの基幹技術である自律型金属細胞「マシンセル」によって変貌した量産型ヒュッケバインMk-Ⅱ
同じくマシンセルによって作られた人造人間「マシンナリー・チルドレン」によって運用されるが、自律回路を搭載した無人機も存在する。
α外伝ではアースクレイドルに配備されていた量産型ヒュッケバインMk-Ⅱの配備数が多かったため大量の量産型ベルゲルミルが製造された。

スーパーロボット大戦OGシリーズではノイエDCが鹵獲した量産型ヒュッケバインMk-Ⅱをマシンセルを用いて強化・改造した機体として位置づけられ、マシンナリーチルドレン専用機としてやはり大量に生産されたが、量産型はダイゼンガーによって全て一刀両断された。
しかし、アースクレイドル崩壊後一部機体はガイアセイバーズへ流れており、第一部隊「アルファセイバー」によって運用されている。
本作ではアーム・ナッターという格闘武器が追加されている。

ジ・インスペクターでは量産型ヒュッケバインMk-Ⅱが代替の機体に置き換えられてしまったが、こちらは素体について言及しない事で登場している。

メカニックデザインは津島直人

スペック

分類:変異型人型機動兵器
全高:21.3m
重量:50.6t
動力:核融合炉(αシリーズ・推定)
装甲:マシンセル
補助MMI:ゲイム・システム
所属:アンセスター(α外伝)、アースクレイドル→ガイアセイバーズ(OGシリーズ)

武装

マシンナリー・ライフル
シックス・スレイブ

関連タグ

スーパーロボット大戦α外伝 スーパーロボット大戦OG2
アウルゲルミル スレードゲルミル ヒュッケバインMk-Ⅱ
量産型ヒュッケバインMk-Ⅱ

pixivに投稿された作品 pixivで「ベルゲルミル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7063

コメント