ピクシブ百科事典

ベルゲルミル

べるげるみる

スーパーロボット大戦シリーズに登場するオリジナルメカ。
目次[非表示]

北欧神話に登場する巨人とその名前に由来するスーパーロボット大戦シリーズに登場するロボットがあり、本項では後者について説明する。

概要

アースクレイドルの基幹技術である自律型金属細胞「マシンセル」によって変貌した量産型ヒュッケバインMk-Ⅱ
同じくマシンセルによって作られた人造人間「マシンナリー・チルドレン」によって運用されるが、自律回路を搭載した無人機も存在する。
α外伝ではアースクレイドルに配備されていた量産型ヒュッケバインMk-Ⅱの配備数が多かったため大量の量産型ベルゲルミルが製造された。

スーパーロボット大戦OGシリーズではノイエDCが鹵獲した量産型ヒュッケバインMk-Ⅱをマシンセルを用いて強化・改造した機体として位置づけられ、マシンナリーチルドレン専用機としてやはり大量に生産されたが、量産型はダイゼンガーによって全て一刀両断された。
しかし、アースクレイドル崩壊後一部機体はガイアセイバーズへ流れており、第一部隊「アルファセイバー」によって運用されている。
本作ではアーム・ナッターという格闘武器が追加されている。

ジ・インスペクターでは量産型ヒュッケバインMk-Ⅱが代替の機体に置き換えられてしまったが、こちらは素体について言及しない事で登場している。

メカニックデザインは津島直人

スペック

分類:変異型人型機動兵器
全高:21.3m
重量:50.6t
動力:核融合炉(αシリーズ・推定)
装甲:マシンセル
補助MMI:ゲイム・システム
所属:アンセスター(α外伝)、アースクレイドル→ガイアセイバーズ(OGシリーズ)

武装

マシンナリー・ライフル
シックス・スレイブ

武装の謎

スレードゲルミルとは逆に元となった機体由来の武器が一体何なのか不明なのがシックス・スレイブである。そもそも量産型ヒュッケバインMk-Ⅱにはそれらしき武器が見当たらないのである。
マシンナリー・ライフルはフォトン・ライフルの変異型と考えられるが・・・。

チャクラム・シューターはどちらかと言えば有線式でヨーヨーに近い為シックス・スレイブとはかけ離れている。可能性としては発射直前に複数のパーツが合体するリープ・スラッシャーではないかと思われるが量産型の標準装備ではなかったりする。

余談

変異はしているものの、よく見ると量産型ヒュッケバインMk-Ⅱの面影が多少残っている。ただし、当初はα外伝の量産型ヒュッケバインMk-Ⅱの変異型としてデザインされた為、それに対してOGシリーズの量産型ヒュッケバインMk-Ⅱはデザインが異なる為、こちらだとあまり似ていない。

関連タグ

スーパーロボット大戦α外伝 スーパーロボット大戦OG2
アウルゲルミル スレードゲルミル ヒュッケバインMk-Ⅱ
量産型ヒュッケバインMk-Ⅱ
エグゼクスバイン…一部装備がシックス・スレイブに似ている。

関連記事

親記事

量産型ヒュッケバインMk-Ⅱ りょうさんがたひゅっけばいんまーくつー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ベルゲルミル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13734

コメント