ピクシブ百科事典

ヒュッケバインMk-Ⅱ

ひゅっけばいんまーくつー

スーパーロボット大戦シリーズに登場するロボット、ヒュッケバインの後継機。
目次[非表示]

概要

マオ・インダストリー社が開発したヒュッケバインの改良・量産試作機。
ヒュッケバインの名を関してはいるが、エンジンやフレームなどはゲシュペンスト系の物が流用されており、ブラックホールエンジンを搭載していたMk-Iにパワーこそ劣るものの、全体的に信頼性は向上している。
試験的に重力制御装置が装備されており、Gウォールによる防御やGインパクト・キャノンによる攻撃が可能となっている。
コクピットブロックは脱出ポッドを兼ねた小型戦闘機パーソナルファイターとなっており、後継機ヒュッケバインMk-Ⅲとの互換性がある。
主なパイロットはブルックリン・ラックフィールドなど。

初出は『スーパーロボット大戦α』のリアル系主人公機(前半)として。
なお『α』および『OG』の設定では、ヒュッケバインMk-Iの1号機(形式番号:RTX-008R)は起動試験中の事故で基地ごと消滅している事になっている(ヒュッケバインシリーズに付き纏う「バニシング・トルーパー」の二つ名はこれが由来)。
試作機は全部で3機が開発され、1号機はブリットを始めとするスーパーロボット大戦αの主人公8人の愛機となり、2号機は政治的取引でコロニー統合軍に渡り撃破された後、エルザム・V・ブランシュタインの専用機ヒュッケバインMk-Ⅱトロンベへと改修されている(現在の所、3号機だけが行方不明のままとなっている)。

高性能だが乗り手を選びコストも高いヒュッケバイン系列機の中にあって、本機は比較的低コストで優れた性能を持つことから、後に連邦軍の次期主力期の座を勝ち取り量産化された

メカニックデザインはカトキハジメ

スペック

分類:試作型パーソナルトルーパー
形式番号:RTX-010
全高:20.8m
重量:52.0t
動力:核融合炉(αシリーズ)、プラズマ・ジェネレーター(OGシリーズ)
空中浮揚機関:テスラ・ドライブ(トロンベ仕様のみ)
防御装置:グラビティ・ウォール
補助システム:グラビコン・システム
基本OS:TC-OS
補助MMI:T-LINKシステム
開発者:カーク・ハミルイングラム・プリスケン
開発元:マオ・インダストリー

武装

ツインバルカン(α)/バルカン砲(OGシリーズ)
所謂頭部バルカン砲。

ライトソード(α)/ビームソード(OGシリーズ)
非実体剣。サイドアーマー内に収納される。OGシリーズでは換装武器。

フォトン・ライフル
非実体弾ライフル。近距離から長距離まで対応可能。OGシリーズでは換装武器。

チャクラム・シューター
左腕に装備された有線式のチャクラム念動力による遠隔操作で複雑な軌道を描くことも可能。OGシリーズではGBA版のみ換装武器だった。

Gインパクト・キャノン
重力制御装置で造り出した超高重力結界を発射し、目標を押し潰す重力兵器。Mk-Iの必殺武装ブラックホール・キャノンより威力は劣るが、エネルギー消費などの使用条件が改善されている。
戦艦や基地から射出され、腰にあるジョイントに接続し、両サイドのグリップで保持する……のだが、接続位置がアレなため、とにかくネタにされがちな武器。

シシオウブレード
PTサイズの日本刀
格闘系最強クラスの換装武器であり、厳密に言えば本機固有の武装ではないが、OGシリーズの展開以降、ブリット機の武器としてこの武装が公式にピックアップされるようになり、OGシリーズでの彼の前期機体ヒュッケバインMk-Ⅱにも徐々に反映されるようになった。OG2では特定条件を満たすと、ブリット機用のシシオウブレードが入手可能。

バリエーション

ヒュッケバインMk-Ⅱトロンベ
量産型ヒュッケバインMk-Ⅱ

関連タグ

スーパーロボット大戦 スパロボ メカ カトキハジメ
パーソナルトルーパー ヒュッケバイン ヒュッケバインMk-Ⅲ

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒュッケバインMk-Ⅱ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53033

コメント