ピクシブ百科事典

ヒュッケバイン009

ひゅっけばいんぜろぜろないん

ヒュッケバイン009とは、スーパーロボット大戦シリーズに登場するリアルロボットである (メイン画像中央の機体)。
目次[非表示]

概要

3機建造されたヒュッケバインのうち、ブラックホールエンジンではなく従来型のプラズマジェネレーターを搭載したパーソナルトルーパー。2機のヒュッケバイン008に、動力炉としてブラックホールエンジンが搭載されたのには政治的事情が絡んでおり、ある意味で本機はヒュッケバイン開発陣が当初に想定していた本来あるべきだった姿とも言える。
正式な機体名称は他の2機と同じ「ヒュッケバイン」であるが、形式番号のみ「RTX-009」と異なっており、RTX-008L/Rと区別するために「ヒュッケバイン009」という便宜上の名前で呼ばれている。
他のヒュッケバイン2機と区別するため機体色は緑色に塗装されているが、このためか「緑色の金属→青銅」という連想からか「カッパバイン」呼ばわりされる事も。だがこの場合、「カッパー=」ではなく「青銅=ブロンズ」が正しいのだが……。水地形にも適応があるため、海での戦闘が多いOG1リュウセイ編では水を得た河童の如く活躍できるかも……という意味にもかかっているかもしれない。
メカニックデザインはカトキハジメ

後にRTX-008Rが暴走・消滅事故を起こし、同じブラックホールエンジン搭載型のRTX-008Lも封印されて以降、しばらくこの機体だけが新機種開発のためのデータ収集用機体として細々と運用されていた(後のヒュッケバインMk-Ⅱの他、この機体とビルトラプターのデータを元にしてR-1が作られた経緯がある)が、戦局の激化に伴い実戦にも投入された。
流石にブラックホールエンジンを搭載したRTX-008L/Rと比べると出力面では見劣りし、重力制御兵器を使うこともできない。とはいえ他の2機と同様に「分身」による回避力に優れ、換装武器の積載量では008Lに勝るため、武器改造費に余裕のある周回プレイ時などは本機で無双してみるのも一興だろう。

数あるヒュッケバイン系列機の中でも比較的地味な存在であり、次々と高性能機が開発・配備される鋼龍戦隊においては忘れられた過去の遺物と化しつつあったのだが、後に(大人の事情も絡んで)数奇な運命を辿り、やがて幾度も姿を変え「凶鳥の末裔」としての運命を背負ってゆくこととなる……。

ゲーム内での活躍

スーパーロボット大戦α

設定上の初出作。ゲーム本編には登場しない。
リン・マオが本編開始前のPTXチーム時代に搭乗していた機体とされ、その後はデータ収集機として本作のリアル系主人公機・ヒュッケバインMk-Ⅱの開発の元となった。

スーパーロボット大戦OGシリーズ

第1作目『スーパーロボット大戦OG』に登場。DC戦争の時にイルムガルト・カザハラの搭乗機としてハガネに配備され、その後は主にリョウト・ヒカワが搭乗、L5戦役まで運用された。
次作『OG2』『OG外伝』では登場しなかったが、その間に再びテスト用機体としてマオ・インダストリーに回収されエクスバインに改修されていた事が、同作のTVアニメ版『スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター』で明らかとなった。

続く『第2次OG』では、ヒュッケバインシリーズ全機が破壊されるという惨事の中、本機だけが何とか復旧可能な状態で生き残り、更にエクスバイン・アッシュへと改修される。そして遂には……

スペック

分類:汎用型試作パーソナルトルーパー
形式番号:RTX-009
全高:19.8m
重量:60.4t
動力:核融合エンジン(αシリーズ)、プラズマ・ジェネレーター(OGシリーズ)
フレーム:Hフレーム
基本OS:TC-OS
開発:マオ・インダストリー
開発者:カーク・ハミル
所属:地球連邦軍

武装

バルカン砲
ロシュセイバー
ブーステッド・ライフル
リープ・スラッシャー

関連タグ

スーパーロボット大戦 スーパーロボット大戦OG
ヒュッケバイン エクスバイン
パーソナルトルーパー

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒュッケバイン009」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 286

コメント