ピクシブ百科事典

ガリルナガン

がりるながん

ガリルナガンとは『第2次スーパーロボット大戦OG』に登場するオリジナルロボットである。
目次[非表示]

概要

ヒュッケバインに似た外装を持ち、ハイ・パーソナルトルーパーと呼ばれるカテゴリに属する機動兵器。
正式名称が明かされるまでマオ・インダストリー地球連邦軍からは「コード・”エビル”」の認識コードで呼ばれていた。
パイロットはアーマラ・バートン

トロニウムを媒介とした「トロニウム・レヴ」を動力源としており、既存のトロニウム・エンジンよりも高い安定性を発揮する他、背部アクティブ・ウィング・ユニットによる高機動・高速飛行能力を持つ。
主兵装として斧とビームランチャーを組み合わせた複合武装「バスタックス・ガン」を装備し、格闘戦・射撃戦双方に対応可能。トロニウム・レヴの出力も相まって高い戦闘能力を発揮する。

その正体は、アルテウル・シュタインベックことユーゼス・ゴッツォゼ・バルマリィ帝国本国で開発した機動兵器「フーム・ツェレム」を地球産の素材で作られた装甲に換装した物。「ハイ・パーソナルトルーパー」という機体分類やヒュッケバインに似た外見も、それを偽装する為の物であった。
随所にバルマー系の技術が取り入れられており、機体各部の炎を思わせる模様も「エシュ・アナフ・オート」と呼ばれる呪術的儀式具の一種であり、機体に搭載された「メラフティー・ディーン」システムを起動させる為に必要な要素である。

封印戦争の最序盤、オーバーホール中だったヒュッケバインシリーズを襲撃し、それら全てを破壊。ヒュッケバインMk-Ⅲからトロニウムを強奪した事で、以降鋼龍戦隊と幾度となく激突することになる。その後、最終局面において、パイロットのアーマラと共に、正体を表したユーゼスの乗るアダマトロンに取り込まれるが、鋼龍戦隊がアダマトロンを撃破した事で開放され、ラ・ギアスへと召喚された。
この際、機体を回収したヨーテンナイによって損傷箇所を修復されているが、動力源たるトロニウム・レヴの完全修復が見送られた為、本来の能力は発揮出来なくなっている。その後、シュウ・シラカワによって強奪され、アーマラと共にシュウ一行の戦力として加わった。

スペック

機体分類ハイ・パーソナルトルーパー(フーム・ツェレム)
全高22.0m
重量80.3t
動力源トロニウム・レヴ
MMI不明
開発者アルテウル・シュタインベックユーゼス・ゴッツォ
所属ガイアセイバーズ


武装

ツイン・クロー

腕部に備えられた超硬質合金製の格闘兵装。
接続基部に可動軸が設けられており、バスタックス・ガンの取り回しを損ねないよう設計されている。

トライ・スラッシャー

ヒュッケバインのリープスラッシャーと同じくアクティブ・ウィング・ユニットの一部をパージし、組み合わせる事で使用可能となる遠隔操作兵装。
射程や取り回しの良さから使用頻度は高い。

バスタックス・ガン

正式名称はバスター・アックス・コンポジット・ガン。
長砲身の重金属粒子砲をベースに、バレルの上部に鎌状の、下部に斧状の刃が取り付けられ、トリガー・ガードやマズル・ブレーキにも打突用スパイクが配された格闘戦にも対応可能な複合兵装。
それ自体が格闘武器としても使用可能な為、「バスタックス・シーケンス」と呼ばれる接近戦用のコンバット・パターンも存在する。

アキシオンアッシャー

トロニウム・レヴをフル稼働させる事で放つガリルナガン最大の攻撃。
敵機を虚空の淵に叩き落とし、両断する事が出来る。
その際、魔法陣と思われる文様が空間上に浮かび上がる為、最初に使用した際にはバルマー系の機体、特にR-GUNリヴァーレとの関連性が疑われた。
トロニウム・レヴに依存した装備である為、それが機能不全を起こしている場合は使用出来ない欠点を持つ。

関連項目

第2次スーパーロボット大戦OG
アストラナガン ヒュッケバイン アーマラ・バートン
パーソナルトルーパー

pixivに投稿された作品 pixivで「ガリルナガン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 77892

コメント