ピクシブ百科事典

ぽかぽかアイルー村

ぽかぽかあいるーむら

『モンハン日記 ぽかぽかアイルー村』(以下“ぽかぽかアイルー村”)に関係するイラストにつけられるタグ。
目次[非表示]

概要

“ぽかぽかアイルー村”は『モンスターハンター』シリーズのスピンオフ作品で、アイルーを主役とした作品。
アイルーはもちろん、登場するモンスターまでもがデフォルメ、そして残虐表現は控えめである。
此処ではその続編タイトルであるアイルー村Gとアイルー村DXについても記載する。

発売

無印のアイルー村の発売は、2010年の8月26日。
その後『モンハン日記 ぽかぽかアイルー村G』が出ることになった。ちなみに当初は2011年8月25日(木)発売予定と案内されていた。
そして2015年には『モンハン日記 ぽかぽかアイルー村DX』として3DSに『G』が移植されることになった。
ただし、単なる移植にはとどまらず、セルレギオスもいる。
ちなみに、同年11月28日発売のMHXに本作の連動特典がある。

内容

ゲームの内容としては、アイルー族となってモンスターハンター世界で生活することをメインにゲームが進み、プレイヤーは狩りや村づくりなどを行う。
また、アクションを主体に直接キャラクターを動かす本編とは違い、狩りはタワーディフェンス調の大勢のアイルーでモンスターに向かっていくスタイルのものであるため、アクションが苦手な人でも楽しめる仕様になっている。

開発元

デフォルメ調のキャラクターに、ゲームスキルをそこまで要求しない要素を組み合わせた本作は、基本的には初心者でもとっつきやすく、遊びやすいゲームとして高い評価を受けた。
しかし、ゲーマーたちがこのゲームで一番度肝を抜いたのが、このゲームの開発元。

開発はまさかのフロム・ソフトウェアだった。

知らない方のために補足説明すると、この会社、とにかく高難易度の死にゲーと呼ばれるタイプのゲームを作り、ハードで硬派なロボットゲーム作品ダークで陰鬱としたファンタジー作品で有名で、中にはハンターがモンスターを狩るゲームまであるのだが、その内容がとにかく難解かつ陰惨。
その為、フロムがモンスターハンターを作ったらアイルー村ができたという事実に衝撃を受けたゲーマーが多数いた。

もちろん続編の開発もフロム・ソフトウェア。…もしかしたらフロム初の3DS案件かもしれない。

あれこれ

無印GDX
機種プレイステーション・ポータブル同左ニンテンドー3DS
ジャンルアイルーライフ同左同左
発売日2010年8月26日(木)2011年8月10日(水)2015年9月10日(木)
DL配信開始2011年4月21日(木)同上同上
パッケージ版価格(税別)3,800円→廉価版2,000円3,800円3,990円
DL版価格(税別)1,524円(配信終了)3,694円
販売元カプコン同左同左
開発フロム・ソフトウェア同左同左
CEROA(全年齢対象)同左同左


関連動画




関連企画

企画】ぽかぽか日記つけませんか?

【企画】ぽかぽか日記つけませんか?



関連タグ

モンスターハンター アイルー

外部リンク

公式サイト

関連記事

親記事

モンスターハンター もんすたーはんたー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ぽかぽかアイルー村」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 308905

コメント