2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ババコンガ

ばばこんが

モンスターハンターシリーズに登場するモンスターの一種。自らの大便を投擲してくる他、エクストリーム放屁やエクストリームゲップなど、やりたい放題の下品なモンスター。
目次[非表示]

(お食事中のハンターの方へ
当該項目はアイテム使用不可になる恐れがあるため、お食事中の閲覧にはご注意ください)


概要

初登場は『モンスターハンター2(dos)』。牙獣種に分類される。
名前の由来は恐らくババ(関西方言でunk)+コンガ(コング)。
体色は桃色で、通称は「桃毛獣」。珍獣、密林の無法者と呼ばれることもある。
名前の通りデカいクソを投げつけてきたり、死ぬほど臭い屁をかましたり、走るときにはハァハァと喘ぎ声をあげたりとリアルでの相手は別な意味で断固拒否したい相手。
そんなモンスターなだけあって弱点は勿論火属性

便・放屁・ゲップ総じて「飲食する」タイプの回復アイテム使用禁止の状態異常を付与してくるため、消臭玉という対策アイテムは用意しておきたい。
※「抗菌」というスキルでアイテム使用不可は無効化できるので、おそらく雑菌的な悪臭かもしれない。しかし、飲食することができなくなるほどの悪臭とはいかほど・・・。

このババコンガを頂点とする、ニホンザルと同じような群れをコンガらと構成する。
頭の上のカラフルな毛は樹液などで固めるなど意外なオシャレをする。
この立派なトサカがボスの証で、この部分がコンガとの差である。

攻撃力・耐久力共に高いが、攻撃チャンスは比較的多いため、そう強いモンスターではない。
ただし取り巻きのコンガに注意。
また、チャンスを見誤ると強烈な打撃力にフッ飛ばされたり、スカトロプレイの餌食になるので鈍重といえども甘く見てはいけない。

センシティブな作品


なお、ババコンガ素材をメインに使用した防具一式はワイルドなスタイルだが、男剣士防具一式はまさしくヒャッハー世紀末である。
さらにガンナー頭防具に至っては、俺の名を言ってみろとでも言いたくなりそうなデザインである。
是非とも剣士にはトゲ棍棒タイプの片手剣、ガンナーにはショットガンなボウガンを装備してもらいたい。
もしくは頭のみヘルムにしたガンナーでババコンガ相手に火炎弾を速射して、汚物を消毒するのもいいだろう。

なぜかぽかぽかアイルー村のこいつは取り巻きを連れていない。
おまけにぼんやりした眠そうな表情で、自分で勝手にマヒダケを食べて勝手に麻痺するという自爆っぷりを見せてくれるアホ猿となった。

クック先生狂走エキスの素に続いてモンスターハンター4にて復活する事が決定。
だがしかし、クック先生の時のように歓迎するハンターは壊滅的に少なかった…。
なお、キノコが大好きであることや、モチーフが猿であることから、任天堂とのコラボクエストでの対戦相手を担当することになった。なんと巨大化ギミックも完備。

よりにもよってMH4のハンターカードのデザインの中に任天堂コラボとしてドンキーコングがあるのだが、なんとババコンガがネタにされている。その後、スマブラでのドンキーコングのカラー変更でピンクがあるのだが…まさかな。
なお、スマブラのプレイアブルではワリオの方が「怪力」「下品」「食い意地」と三拍子揃っている為ババコンガに近く、更に言えば最新作ではそのババコンガすら裸足で逃げ出す「生きる汚物」がスピリットに出ていたりする。

MH2をベースとするMHFにも登場していたのだが、本種にそっくりな人面モンスターが登場したり、特異個体は衝撃波のような龍風圧の屁を連発してきたりと、やはりネタ要素が多かった。

生態動画



関連項目

ババコンガ亜種 コンガ(モンスターハンター) 牙獣種
ゴリラ 北斗の拳

関連記事

親記事

牙獣種 がじゅうしゅ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1958533

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました