ピクシブ百科事典

銀嶺ガムート

ぎんれいがむーと

巨獣ガムートの二つ個体。世界最強峰
目次[非表示]

概要

四大メインモンスターの一角であるガムートが、長い年月で過酷な環境により鍛えあげられた体躯と甲殻を持った個体。
その体躯と甲殻には、生半可な攻撃では揺らぎもしない。
見た目は、山そのものと畏怖を込められており、銀嶺と名付けられたであろう。
脚はもちろん、体毛や長い鼻にまで氷雪を纏っており、その攻撃は雪で全てを埋め尽くす程である。
戦闘能力に関しては、巨体故か、一撃の重さは荒鉤爪ティガレックスを上回るほどである。

全般的に雪だるま状態にする攻撃が多くなっており、雪塊を飛ばしたり、破裂させることで視界を見えにくくするといった絡め手を多用するようになった。そのため、動きが制限された所に強烈な追い打ちをかけてくる。

頭を地面に埋めて力を溜め、そのまま顔を埋めた状態で地面を砕き削りながら猛進するといった最大の必殺技は、G1でも防御力700で即死する可能性が高い。移動中でも周囲に無数の氷塊が飛び散るので油断は禁物。
死角の後脚には何故か雪を纏わないが、これは黒く変化して肉質が非常に硬くなったことで、纏う必要がないからである。しかも武器を弾く程極端ではなく、ハンターの攻撃を誘える程度なのも特徴である。

銀嶺の鼻

MHXXに登場する全ての素材の中でも恐らく、最大のストッパー素材と言えるのが銀嶺の鼻である。
尻尾とは異なり、危険な攻撃が多い前方に飛び込むリスクを負うだけでなく、雪を纏って部位耐久を回復することがあり、氷をはがした後は急ぐ必要があるので、最低限の破壊さえも厳しい。どうしても欲しい場合は捕獲して入手するしかないが、例え上手く壊したとしても……。

さらに装備作成に3つ、強化にそれぞれ1つずつとかなりの数を必要とするのだが、意識しない限りはまず手に入らない。気が付くとレアな天殻の方を多く持っていたなんてことも。
何とか装備を作ったとしても、次の強化にいきなり鼻を要求されるのも難点。作成直後でレベル11相当なので二つ名スキルが発動するとはいえ、実戦で使うにはまだまだ力不足なので、完成には非常に時間と労力がかかる。その難易度から、オンラインではG1で銀嶺の鼻を集めるサブターゲットマラソンなるクエストが貼られていることもあった。

余談

老年期に入りつつあるガムートであるらしく、しかもゲームに登場するガムートはすべてメスの個体である事から、老婆である可能性が高い。


関連項目

モンスターハンター モンハン モンスターハンターダブルクロス ガムート 二つ名持ちモンスター
燼滅刃ディノバルド 青電主ライゼクス 天眼タマミツネ

pixivに投稿された作品 pixivで「銀嶺ガムート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 475

コメント