ピクシブ百科事典

セレナ・カデンツァヴナ・イヴ

せれなかでんつぁゔないゔ

セレナ・カデンツァヴナ・イヴとは、「戦姫絶唱シンフォギアG」の登場人物。
目次[非表示]

CV:堀江由衣

プロフィール

誕生日10月15日
血液型AB型
身長148cm
スリーサイズ70/54/76

金子彰史氏のツイートより。
※恐らく死亡時のもの。

人物像

マリア・カデンツァヴナ・イヴの妹。東欧の辺境地方の生まれ。
姉と共に民族紛争や領土問題の戦禍に翻弄され続け、難民として過ごした過去を持つ。
マリアや暁切歌月読調らと共に、アメリカの聖遺物研究機関F.I.S.にてフィーネの魂の器たる存在を見つける観測対象「レセプターチルドレン」として扱われていた。
シンフォギアへの高い適合係数を示し適合者となるが、穏やかな性格の持ち主であった為、ギアの力を戦いに用いることに抵抗を覚えていた
また、セレナの適合によってレセプターチルドレンたちへ急遽パッチテストが実施され、マリア・調・切歌が装者として選出されたという経緯がある。

六年前、機械装置を介して起動した完全聖遺物ネフィリム(アルビノ・ネフィリム)の事故を収束すべく、エネルギーベクトルを操作する特性を持った絶唱を放つ。
暴走するエネルギーを操作し、ネフィリムを蛹状の基底状態にリセットするも、絶唱のバックファイアと燃え盛る炎に撒かれ、その直後に瓦礫の落下に巻き込まれてマリアの目の前で命を落とした。
享年13歳。計算すると天羽奏と同い年である。

彼女の優しい歌声はマリアの心を癒し、セレナの笑顔こそがマリアの決意を支える拠り所になっている。
最終決戦の際には、彼女の幻影がマリアの元へ現れ、彼女が本当に望むものを見つめ直すきっかけを与えている。

使用ギア:白銀のシンフォギア(アガートラーム)

ネフィリムの暴走を制御する際に、セレナが纏ったシンフォギア。
本編にてその正体が明かされる事は無かったが、後にマリアが歌った聖詠の歌詞には、「アガートラーム」というフレーズが入っている。しかし、後にGX公式サイトのマリアのキャラ紹介ページにて、正式にギアの正体はアガートラームであると明かされた

ギアはペンダントとして形は残ったものの、破損によって起動する事は出来なくなった為、マリアが形見としている。
また、彼女の絶唱はエネルギーベクトルを操作するという立花響のそれと似た特性を持ち、攻撃的な特性を一切持たない防御特化の絶唱であったとされる。
最終決戦の際、マリアが「奇跡」を起こして起動させたのを最後に、完全に大破した。

アガートラームとは、ケルト神話におけるトゥアハー・デ・ダナーン(ダーナ神族)の王・ヌァザの別名である。この名前は彼の銀製の義手(右腕)を指してつけられたものだが、ギアの仕様は「左腕」が重装となっており、我々が知る伝承と相違が見られるなど謎が多い。

一方、マリアは第13話において、胸元からアームドギアらしき剣を抜刀している。
トゥアハ・デ・ダナーンの四至宝には、ヌァザの剣というものも含まれており、こちらが白銀のギアとなったという可能性もある。

ちなみに金子彰史氏のセルフオマージュ的には、WA2に登場した、英雄アナスタシア・ルン・ヴァレリアの聖剣・アガートラームが元ネタであると言えるだろう。
同名の武器はWA3にも登場するが、マリアナスターシャのネーミングを考えると、WA2の方が直接の由来と考える方が自然である。
なおCVの堀江氏は同作のドラマCDにおいて姉のネーミング元であろうノーブルレッドを演じていた。

関連イラスト

闇に惑う夜には 歌を灯そうか
終わらないメロディーを歌いだしました。



関連項目

戦姫絶唱シンフォギアG

マリア・カデンツァヴナ・イヴ
暁切歌 月読調

pixivに投稿された作品 pixivで「セレナ・カデンツァヴナ・イヴ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 205673

コメント