ピクシブ百科事典

ロディ・ラグナイト

ろでぃらぐないと

ロディ・ラグナイトとは、『ワイルドアームズ』の登場人物。同作の主人公の一人。
目次[非表示]

ロディ・ラグナイトは、『ワイルドアームズ』の主人公の一人であり、シリーズを代表するキャラクターである。
タグとしては「ロディ」での登録が多い。
アルターコードFでのCV鈴村健一氏。
劇中では(WA:Fにおける戦闘やフィールドでのアクション時のボイス以外)一貫して喋らず、ドラマCDでは彼の台詞はザックの相棒であるハンペンが代役する。

パーソナルデータ

年齢15才
身長158cm
体重43kg
クラスガンウォリアー
好きな球技(WA:F) 玉入れ
嫌いな食べ物(WA:F )ししとう(意外な辛さに不信感がぬぐえない)


概要

ワイルドアームズ(第一作)における三人のメインキャラクターの一人。
ファルガイアにおける冒険者に当たる「渡り鳥」の少年。
剣とARM(アーム。作中世界における銃器の総称)を使い分け戦う『ガンウォリアー』(WA:Fでは攻撃手段がARMのみに変更された)。

育ての親であるゼペット・ラグナイト老により、ARMの使い方や剣の扱い、そして人に優しくする事を学び、「誰よりも人間らしい心」を持つ少年に育ったが、物語開始数年前に死別しており、以降は独りでファルガイアの荒野を旅していた。

小柄で華奢な体格ながらも頑健な身体能力と優れた剣技に加え、精神とシンクロさせる事で絶大な破壊力を発揮するARMに対して“異常”とも言えるほどのずば抜けた適正を有しており、その戦闘能力は「鋼鉄の身体に水銀の血」を持つ完全生物、『魔族』すらも驚嘆させた。また、人間ならば誰しもが持っているはずの魔力をまったく有していないため、魔法に対する適正や抵抗力が全くないという特殊な体質をもつ。
しかし、ARMは千年前にファルガイアに侵攻してきた魔族からもたらされた武器でもあるため、ARMとシンクロできるガンナーは人々からは忌避される傾向がある上、ロディ自身があまりにも「強すぎる」事から、滞在した村を魔物から守っては、人外の強さ故に魔物以上に恐れられ、追い出されるという暮らしを繰り返していた。

旅の中で立ち寄ったアーデルハイド王国において、セシリアザックに出会い、千年の時を経て再度侵攻を開始した魔族との戦いに身を投じる事となる。

モチーフは人造人間キカイダー。このためパーソナルカラーも赤と青である。

正体

戦いの最中、仲間を救うためにやむを得ず自らの左腕を斬り落としたが、その切断面が金属であったことから、自らが人間ではなく本当の意味で「世界にひとりぼっち」であるという事実を突きつけられ、肉体・精神の両面からの衝撃で昏睡状態に陥り、戦線から離脱する。

彼の正体は、千年前に製造された人間型兵器、ホムンクルスであった。

完全生物である魔族の身体を解析し、物理魔道(インダストリアルソーサー)の到達点である「生きている金属」によって身体を構成、「推論・仮定型思考回路」によって制御され、高度なサバイバビリティと、オプション兵装として開発された戦術ARMを使用しゴーレムの戦闘力をそのまま、あるいはそれ以上でありながらゴーレムを小型化されたものがホムンクルス。その力によりたった30体で一時的に戦線をファルガイア有利に押し戻したが、ほどなくロールアウトした全機が暴走し人間・魔族に対して見境無く殺戮を繰り返すようになったため、プロトタイプ(=ロディ)を封印した上で全機が破棄されたという、大戦期の最も濃い暗部を背負う存在であった。
魔族の血が暴走を引き起こしたと思われてもいるが真相は不明。

復活

遺跡からロディを発掘したゼペット老は、全てを承知した上でロディを人の痛みがわかる人間として育て、そのロディの“心”に救われた多くの人物が今度は彼を救うために奔走。極大出力を有する生体金属「ガーディアンブレード」を新しい左腕として鍛え上げ、移植手術に成功する。
身体面では万全に回復したロディであったが、世界全てから否定されたと思い込み心を閉ざした彼の昏睡は続いた。
しかし手術後の夜、精神感応能力を持つセシリアが彼の内的宇宙にアクセスし、『愛』の心によって彼を受け入れる『世界(ファルガイア)』を示した事により完全に覚醒。自分の境遇の全てを認めて立ち上がったロディは、限界を超えてARMとシンクロする更なる戦闘能力を獲得し、戦線に復帰した。
(なお、WA:Fでは復帰前と復帰後で左腕のデザインが異なり、復帰後はガントレット自体も肉体の一部となっており、取り外しが利かない。)
更に精神面でも大きく成長し、造られた心でありながら最強の貴種守護獣(ガーディアンロード)である『希望』のガーディアン ゼファーを復活させるに至り、最後まで魔族と戦いぬいた。

ゲームキャラとして

素早さと魔力が低いが、ARMを含めた攻撃力と防御力の高い重戦士系。
魔族に対するカウンターとして創造された身体、ARMとのシンクロ能力、そしてガーディアンの加護の力を、「誰よりも人間らしい心」で御して戦い、裏設定では『未来』を司るガーディアンとして昇華した可能性も示唆される(後述)などシリーズ屈指のオーバースペックを有するが、ゲーム内ではバランス調整の為、基本攻撃力はザックより低い。
一言もセリフはないが、頷く、殴る、照れる、笑う、落ち込む、空を見上げる、など動きはあるため無言ながら分かりやすいキャラである。
加えて「仔犬系」の天然ジゴロで、本人にはその気はなくとも彼に対して好意を抱く女性キャラが何人もいる。

関連イラスト

WA:F
風は西から


ロディロディロディ!
雨やどり



銀の左腕

ワイルドアームズシリーズは、各々が独立した平行世界のため作品を跨いで登場するキャラクターは基本的に存在しない(僅か一部のキャラや用語などは共有している)。しかしながら、トータルゲームデザイナーである金子のおっさんが、「造られた存在でありながら『希望』に至ったロディの在り方を何らかの形で『次』に繋げたい」と考えた事から、上述で切り落とした後にワームホールに消えた左腕が様々な形で金子作品に影響を与える事となった。
2ndのファルガイアにおいては、左腕が聖剣アガートラームとなったこと、ロディ自身も『未来』を司るガーディアンへと昇華した事が、ある程度明確に示されているほか、3rd4thにも影響を与えている可能性も暗示されている。


ワイルドアームズシリーズとは直接関係はないが金子のおっさんが監督の戦姫絶唱シンフォギアシリーズにも白銀のギアとして登場。ガングニール天羽々斬といった主神格の聖遺物と同等の戦力として扱われている。

なお、ケルト神話に登場する本来のアガートラームは右腕であり、これと区別するため上記作品群に登場する際は「銀の左腕」に「アガートラーム」とルビを振られるなどで表現される。

関連タグ

ワイルドアームズ WILDARMS ロディ アガートラーム
セシリア・レイン・アーデルハイド ザック・ヴァン・ブレイス
戦姫絶唱シンフォギア
セレナ・カデンツァヴナ・イヴ マリア・カデンツァヴナ・イヴ

pixivに投稿された作品 pixivで「ロディ・ラグナイト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 108077

コメント