ピクシブ百科事典

ジークフリード(ワイルドアームズ)

じーくふりーど

ジークフリード(ワイルドアームズ)とは、PlayStationのRPG『WILD ARMS』及びリメイク作PlayStation2の『WILD ARMS3』と『WIRD ARMS Alter code:F』の敵側の登場人物。
目次[非表示]

否ッ! 断じて否であるッ!!
CV:若本規夫
好きなライフスタイル:太く長く、猛々しく
嫌いな空気:平時における閉鎖感

人物像

終末の四騎士ナイトクォーターズのリーダーにして「蒼の騎士」
冷静な判断力と激情的な言動を放つ性格であり、知略的な作戦を取るかと思いきや無茶苦茶な手段を取るなど部下(主にゼット)は振り回さられている模様。それでもどんな手段を取ろうとも「我は死なない。絶対たる支配者の我に敗北などありはしない」と豪語するほどの自信家でもある。
それも全てはファルガイアを第二の故郷とするためで、強者のみが支配、統治すべきだと考えている。

強さで言えば、かつて1000年前の大戦時には多くの守護獣(ガーディアン)を屠ったことがある。現に守護獣たちの力を借りロディたちをフォトスフィアへと転送するところを魔槍の一閃で食い止めている。
その点で言えば強さ的に「最強」と謳われるベルセルク以上か、もしくは同等なのかもしれない。

ベルセルクが敗れた後は密かに彼を復活させたり、同族殺しの汚名を着るブーメランを毛嫌いするなど仲間想いとも思える態度を見せる。また「F」ではブーメランからベルセルクを復活させてはどうだと挑発的に告げられるシーンが追加されている。


容姿

WA1では青を基調とした全身甲冑を纏っており、兜から顔下の部分が少しだけだが人間の顔が見えている。WA3でも同じく、顔下半分が見え鎧を纏っているものの左手が魔獣のような鋭い爪をしている。
リメイクのWA:Fになると、ついに顔の部分も見えなくなり、完全に鋼鉄の兜と鎧に包まれたデザインとなっている。

三作品それぞれ鎧のデザインがバラバラだが、すべて共通しているのは魔槍「グラムザンバー」を持っていること。WA:3だと「グラムザンバー・ネメシス」











※ここから下は、ネタバレになるので読まれる際は注意して下さい


















経歴


――前半部分
1000年前の大戦で封印され、現在では伝承の彼方に記録を残すだけの存在『魔族』の上位種。
しかし、1000年も経った為か封印が弱まわり復活する。そして、再びファルガイアを手中に収めるべく魔族の盟主であるマザーの復活へと行動を移し始める。

まず手始めにアークティカ城を陥落させ「繭」ことマザーの本体を取り戻す。
だが、肝心の心臓が三つに裂かれていることを知った為、エネルギー供給のための「涙のかけら」を入手するべくベルセルクを使いアーデルハイドを襲撃させた。

次にマザーの心臓を守護する守護獣(ガーディアン)の要石の破壊へと手を向ける。それも全て成功すると、ようやく魔族の盟主マザーが完全復活し、歓喜するジークフリードだったが……。


ジークフリードたち魔族の故郷である【魔星ヒアデス】は、マザーの手により滅ぼされたことを知る。


さらにマザーが考えているのは、すべてにおいての生き物たちの恐怖と破壊のみでジークフリードの願うファルガイアの支配などではなかったこと、そして全てが終わったあと魔族たちは全員マザーに喰われてしまうことも聞かされる。それを聞いたジークフリードは、手のひらを反すが如くマザーを見限り始める。

魔族の居城【フォトスフィア】へと乗り込んだロディたちを「ローブの怪人」姿で接触し「涙のかけら」のもとへと案内したばかりか、セキュリティロックが掛けられた扉も解除するなどロディたちの手助けをし始めた。
ジークフリードを始め、他のナイトクォーターズを警備として配置しなかったのもマザーを秘密裏に裏切っていたからである。

また、あわよくばロディたちとマザーの双方をフォトスフィアごと海底へと沈ませる予定だったがロディたちだけは助かり、一方のマザーは滅んだ。結果はどうであれ目的の半分であるマザー消滅は成功したため、そこで改めてファルガイアを賭けての「敵同士」として登場しロディたちの前に名乗り出る。


――後半部分
ジークフリードは、自ら招き寄せたロディたちを次元移動要塞【ゲートジェネレイター】内で迎え討つことにした。死闘の末、ロディたちは勝利するもジークフリードはゲートジェネレイターを暴走させ、ロディたちを「人間の生きられない場所」へ諸共転移するようゼットに指示する。

ブラックホールのように吸い込まれていくジークフリードは、ロディを道連れにしようと鋼鉄の鎖をロディの腕に絡ませる。しかし、ロディが自らの腕を斬り落としたことに驚き、そのまま次元の彼方へと消えていった。

目を醒ますと、ジークフリードが居たのは海底に水没した【フォトスフィア】内だった。
まさか自身が裏切ったマザーの場所に出るとは思わず自らを嘲笑しながら脱出しようとしたとき何処からともなく聞こえるマザーの声が響き渡ると、背後から肉の塊のようなものがジークフリードを襲い、そのまま捕食する音と共に暗転。

次に姿を現したのは、山々に囲まれた魔殿【パンデモニウム】
そこで罠を使って捕らえたロディたちをあえて放し、ダークネスティアとエルミナ(レディ・ハーケン)を使い、ファルガイアの地脈(レイライン)のバランスを崩し世界を崩壊させ絶望を味合わせようと画策していた。しかしそれは、ジークフリードの願っていたファルガイアの支配などではなくマザーの意志(破壊と恐怖)ではないかとアルハザードは彼を咎める。

ラストダンジョン前半となる「カ・ディンギル」では、ロディたちとブーメランが激突する最中、配下をけしかけて双方の抹殺を目論んだ。真剣勝負に横槍を入れたことでブーメランたちから非難を受けたが、同族殺しが同族に殺されることを皮肉って哄笑している。

その後、ラストダンジョン新しき月【マルドゥーク】で、ジークフリードとの決戦へと迎える。死闘の末、ジークフリードは膝を突き、セシリアから「破壊の力では勝てない」と告げられる。
その時、ジークフリードは不気味な招請を響かせる。

実は、ジークフリードはすでにマザーに喰われて抜け殻となっていた。

瀕死のマザーはジークフリードをフォトスフィアまで呼び寄せ、その肉体を内から喰らうことで密かに復活を果たしていた。人格もジークフリードであってジークフリードではないものになっていたのだ。
そして正体を現したマザーは、完全体の破壊の母神「マザーフリード」となって強化復活を果たし、マルドゥークから放った自身の暗黒の力によってファルガイアを暗闇に包んでしまう。
ファルガイアの命運を賭け、ロディたちは最後の決戦に挑む。

そして、ついにマザーフリードを倒し、今度こそ完全消滅させたのだった。マザーの分身たる闇も完全な力を取り戻した守護獣たちの力によって祓われた。
一行は【マルドゥーク】から脱出するべく亜空間エレベーターに乗り込むが……。


逆襲の刃「ジークツヴァイ」
「――我はジークツヴァイッ!!」
「天と地を繋ぐ亜空間こそ、全てを賭けた決戦に相応しいッ!!」


――喰われたはずのジークフリードが、消滅するマザーの身体から自力で脱出しロディたちを追いかけて来たのだ。
とは言えジークフリードの身体は大半を失い満身創痍状態だった為か、かなり弱くなっている。右腕には魔槍【グラムザンバー】が融合され、胴体下半分はすでに無くなっている。
ちなみにWA:Fだと逆にマザーの身体と力を奪い、元より強くなった状態で追いかけて来ている。デザインも二対四枚の両翼に黒い鋼を纏った化物と変更され、以前の面影は完全に無くなっている。

戦闘に勝利すると、亜空間での戦闘を行えば多大な負荷が起き無事では済まないことを叫び、高笑いしながら消滅して逝った。その最後の際まで「支配者に敗北など、ありはしない」と言い切るほど彼において、自分は絶対的な存在(強者)だと言い決して敗北を認めなかった。


――WA3では
こちらでもジークフリードは登場する。
三人の預言者リヒャルト、マリク、ミレディの降魔儀式【ダウンロード】により復活した。
最初は半魔族化したジェイナス・カスケードの内的宇宙精神の奥底に寄生し、本人は気づかず守護獣の力を奪い蓄え続けていた。

破戒樹【ユグドラシル】にて預言者に反旗を翻したジェイナスと一騎討ちを繰り広げ、追い詰められたかに思えたがグラムザンバーを自らの手に引き寄せる際、その軌道上にジェイナスを誘導することで背後から貫き勝利する。
そのとき、ジェイナスは初めて自分が魔族復活の為の【生贄】だということを知り、ついに身体そのものを喰われて本来の姿を取り戻すことに成功する。

上記のジークフリードと考え方は変わらず「強者こそが弱者を駆逐して支配する」と言ったりするなどファルガイア支配への執念はそのまま。空中要塞【デウス・エクス・マキナ】を起動させ、ファルガイアを改造することで「魔なる世界」の創造を目論む。

しかし、その野望の末、邪魔をするヴァージニアたちと戦い敗れるも一時撤退し、量産された竜機【ファフニール】と融合することで形勢逆転を図る。しかしマヤ・シュレディンガーに【ファフニールホーン】を逆利用され、爆発の中へと消えていった。

死んだと思われていたが間一髪のところでファフニールとの融合を果たし、「ドラグナージーク」へと変貌。崩壊する【デウス・エクス・マキナ】からロンバルディアで脱出したヴァージニアたちと空中戦を繰り広げる。
その空中戦の末、ジークフリードは墜落し爆発して今度こそ完全に消滅する。
そこでも死の寸前には「いつかその正義がお前を……」と笑いながら意味ありげなセリフを残し消えて逝った。




これだけ書くとラスボスのように思えるが、実はこの後に最後の黒幕勢力との戦いに突入する。


余談

WA:Fのみ、ジークツヴァイでの戦闘は5ターン以内で決めないといけない。
6ターン目で規定以上のダメージを負えたかを判断し勝敗が決まるためである。これに入らないと亜空間爆発に巻き込まれゲームオーバーという設定が追加されている。これはジークツヴァイに余力が残っているため亜空間の爆発から逃げられずゲームオーバーとなるからである。
またこの戦いでは、シリーズで初めてバックコーラスが流れている。以後のシリーズでもラスボス戦にはOPのバックコーラスが流れるが、ジークツヴァイ戦は専用の歌になっているなど贅沢な扱い。

またジークフリード本人のことではないが、WA4でもクルースニクのクラス名「ペイルライダー(蒼の騎士)」という名称が使われているが、関係などは一切ない。
あえて言うなら彼がラムダの『貫く槍』の役目を担っていたから、そう名付けたのかもしれない。

関連イラスト

WA魔族ログ
かわいいジーク




関連タグ

作品
ワイルドアームズ
WIRD ARMS
アルターコードF

終末の四騎士「ナイトクォーターズ」
レディ・ハーケン
ベルセルク(ワイルドアームズ)
ブーメラン(ワイルドアームズ)
アルハザード

関連記事

親記事

アルターコードF あるたーこーどえふ

兄弟記事

コメント