ピクシブ百科事典

ベルセルク(ワイルドアームズ)

べるせるく

ベルセルクとは、PlayStationのRPG『WILD ARMS』及びリメイク作PlayStation2の『WIRD ARMS Alter code:F』の登場人物。鋼鉄の身体に水銀の血を持つ完全生物『魔族』終末の四騎士ナイトクォーターズの一角である。
目次[非表示]

ふがいないッ! 脆すぎるッ!!
CV:飯塚昭三
好きなイデオロギー:大艦巨砲主義
嫌いな作戦:いまいちまどろっこしい策

人物像

ロディたちと敵対する異世界からの侵略者『魔族』
それらを指揮する「終末の四騎士(ナイトクォーターズ)」の筆頭である「青の騎士」ジークフリードと同等かそれ以上の力を持つ一角「黒の騎士」とも呼ばれる。
魔族最強と謳われ、そのケタ違いの怪力を持っており自身の巨大鉄球武器「ディスラプトハンマー」を片手で軽々と投げ飛ばすほどの実力者。

容姿、性格、経歴

野獣のような巨漢に、頭には緑のバンダナをつけボロボロのシャツを着ている。
まるで山賊や海賊を思わせるような服装をしていたが、リメイクWA:Fでデザインが大幅に変更され長い白髪に黒仮面に上半身は鋼鉄の鎧を纏い、白の道着のようなズボンを履いている。

一見すると武人のような姿にも見えなくもないが、やることは奇襲や弱者への挑発&油断と言った行為をするなどブーメランと違い、人間だろうと魔族だろうと武人としての程度は低い。
ジークフリードに従うのも人間との戦場を用意してくれるからだと言う。そこで人間を叩き潰ぶすことを楽しみにしているだけと言う。

またバカではないが、頭を使うのは苦手な方である。
何より自身の力を過信しているせいか、初戦では攻撃と挑発を繰り返し人間を侮っている節が見られる。
しかし、二戦目の「霊峰ゼノム山」にてロディたちを抹殺することに失敗。マザーの心臓の要石破壊には成功しているもの同胞からは失態だと言われ憤慨する。

三戦目の「ヴォルカノントラップ」でガーディアンブレードが眠るというニセの情報を流し、アルハザードが立てた必勝の策でロディたちに戦いを挑むが、ジェーンの活躍(本人は気づかず)により逆に自身が窮地に追い込まれる破目になった。
その後、ロディたちに惨敗はするものの上手く逃げ延び再戦を企んでいたとき、終末の四騎士にはなれなかった員数外(イレギュラーナンバー)の一角であるブーメランに弱ったところを突かれ処刑された。

しかし死んだと思われた彼だったが……。

ラストダンジョン「マルドゥーク」にて、ジークフリードとアルハザードの手により復活を果たしていた。
WA1ではなかった四戦目となる戦いでは、挑発や油断もなく全力で挑んで来ておりナイトクォーターズ最強の名に相応しい圧倒的な力でロディたちの前に立ち塞がる。


最後

復活をしてロディたちに再戦するも、やはりやられてしまう。
その最後は爆発四散しただけで、他のナイトクォーターズと違いセリフも無くあっけなく終わる。
さらに強烈な全体攻撃を誇る「ベルセルクブレイク」も終盤になれば、あらゆる魔法と守護獣をセシリアが得られるため、リタリエション(物理ダメージ反射)などもあり難無く倒せる方法もある。

それらがあるせいか、ロディ(プレイヤー側)やジークフリードからしてみれば、単なる時間稼ぎ扱いにしか見えなくもなかった。


余談

マルドゥークでベルセルク戦の直前にゼットをパーティインさせることが出来、戦闘前に発する「反目にまわった員数外」「裏切者への制裁」などと台詞が付け加えられる。


関連イラスト

魔族まとめ2
いつものWAログ8



関連タグ

WILDARMS  ワイルドアームズ
アルターコードF 

ブーメラン(ワイルドアームズ) 
アルハザード

関連記事

親記事

アルターコードF あるたーこーどえふ

兄弟記事

コメント