2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

グア軍団

ぐあぐんだん

グア軍団とは、『ウルトラ超伝説』『アンドロメロス』および『ウルトラマンX』に登場する敵組織である。
目次[非表示]

概要

全ての宇宙の征服を企む悪の組織で、様々な異星人による混成部隊。「宇宙の悪魔」「グア帝国侵略軍」とも呼ばれている。

本拠地は惑星グアと呼ばれる惑星であり、帝王であるグアを頂点に子息ジュダギナモルドの三大軍団長を幹部に据え置く。悪名高い宇宙人や怪獣軍団、さらには戦闘生物ファイティング・ベムを配下にアンドロ超戦士たちやウルトラ戦士と激闘を繰り広げる。

潤沢な構成員だけでなく、月の裏側やカーツ星など様々な星を前線基地にしており、古代兵器であるBH砲を再現。怪獣戦艦の開発など技術面に関しても侮れない。

構成員

帝王

  • 合身魔獣帝グア:グア軍団の帝王。誰もその姿を見た者はいないと言われているが…


三大軍団長

 グアの子息にして幹部。三人は兄弟である。

  • モルド:三大軍団長の長男。スォードUすら跳ね返す戦斧が武器。部下のファイティング・ベムには結構甘い。
  • ギナ:三大軍団長の長女で軍団長の紅一点ムチが武器。ヒステリックな性格でアンドロフロルを敵視する。
  • ジュダ:軍団長の次男で末っ子。バットキャリバーという剣が武器。別の時間軸では宇宙の帝王とも呼ばれている。サイボーグ・ジュダという影武者のアンドロイドがいる。

ファイティング・ベム

 グア軍団が制作した戦闘生物。


怪獣戦艦

 三大軍団長が乗り込む怪獣の姿を模した巨大戦艦。


怪獣軍団

 マグマ星人三人衆以外はコミカライズと雑誌グラビアの登場。


戦闘員


戦え!ウルトラ戦士 出撃!宇宙けいび隊

エンペラ星人ジャッカル軍団壊滅後を狙って現れた。『アンドロメロス』に登場した三大軍団長、怪獣戦艦が登場。ギエロニアキングジョーグにモルドとギナが乗り込み、キュラソ星を襲撃。メロス率いる宇宙警備隊の合体光線で撃破されるが、それは囮であり、ジュダの乗り込んだベムズンが地球を目指しており、ZAP_SPACYとEXゴモラが月面上でこれを食い止めていた。救援に駆けつけた70親子のエメリウム合体光線、ゾフィーのM87光線を強固な装甲で寄せ付けなかったが、三戦士の合同技「ステップショット戦法」でベムズンの装甲を貫かれてジュダごと爆散。
これにてグア軍団は壊滅と相成った。

ちなみに、アンドロじゃない方のメロスグア軍団が戦うのはこれが初となる…が、アンドロメロス本人は登場せず。

ウルトラファイトビクトリーウルトラマンX

ウルトラファイトビクトリー』にてジュダ・スペクターが登場し、後に2015年放送の『ウルトラマンX』にて、モルド・スペクターギナ・スぺクターも登場。
平成作品にてまさかの復活となった

今回は全宇宙の制覇のため、ダークサンダーエナジーという謎のエネルギーを使い、軍団長や配下の怪獣を強化させることを目的に活動していた。
モルドによれば宇宙のそこかしこに軍勢が散らばっているようで、原典同様かなり大がかりな組織であることが窺え、宇宙人の間でもかなり名の知れた組織のようである。グア軍団に入隊できることはかなり名誉なことであることを仄めかす描写もある。
後述する理由で軍団を呼び寄せる事に失敗すると、Xioが保管しているスパークドールズを奪って新たなグア軍団を作り上げようとしたが、Xioやエックスギンガビクトリーの三大ウルトラ戦士の奮戦によって首魁のグア・スペクターは撃破され、グア軍団は完全に崩壊、その野望は潰えたのだった。

帝王


三軍神

原典における三大軍団長にあたる。兄弟である点は原作と同じ。


怪獣軍団

メカゴモラちゃん


劇中では、以下の怪獣・宇宙人がグア軍団の配下や協力者として登場している。
モルドの台詞から、これらはあくまで先遣隊であり他にも戦闘要員が大勢存在していたらしいことが窺えるが、地球へ到達する前にギンガたった1人の手によって壊滅させられてしまったため、どのような軍団員がおり、どの程度の規模の軍勢だったのかははっきりしていない。原典同様、ファイティングベムやグア兵などが存在していたのかどうかも不明。


ウルトラマンタイガ ボイスドラマ

第13回「その拳は誰が為に 前編」から第15回「その拳は誰が為に 後編」に登場。
タイガはかつてゾフィーからグア軍団のことを聞いたことがある。


ウルトラギャラクシーファイト

大いなる陰謀』と『運命の衝突』でグア兄弟が登場。
『X』で倒された彼らが復活したのでは無く、過去のアンドロ警備隊を相手に戦っていた時間軸からアブソリュートタルタロスによって連れてこられた並行同位体

尚、その時既に昭和作品の姿では無く平成作品の強化形態であったが、これがタルタロスの干渉による影響なのかは不明。

この状態でアンドロメロスと戦っていたが、その最中にモルドとジュダがタルタロスに拉致される形でナラクへと誘われ、ギナは取り残される。
その後、どの様なやり取りを経たかは不明だが、モルドとジュダはタルタロスに協力してウルトラ6兄弟と激突するも、激闘の末にコスモミラクル光線によって葬られてしまった。
一方、2人が消えた後の可能性世界では、彼らを欠いて弱体化したグア軍団がアンドロ警備隊によって壊滅し、残って戦っていたギナも戦死する末路を辿っていた。しかし、再びタルタロスが来訪し、彼が連れてきたレイバトスによってギナは蘇生される。
自分達の運命を狂わせたタルタロスに憤るギナだが、兄弟の復活を盾にデビルスプリンターの回収を命じられ、未来の自分達を倒したニュージェネレーションヒーローズを相手に戦う事になる。
そして、怪獣墓場での戦いにおいて、タルタロスはギガバトルナイザーを復元したレイバトスにモルドとジュダの魂を召喚させると、それらを強引にギナと合身させ、かつて『X』の世界で滅ぼされた正史の個体以上に強力なグア・スペクターへと変えてしまう。
激闘の末にウルトラマンレイガによって撃破され、ギナは解放されるが、既に限界を迎えていた彼女は助かりようが無かった。最期に自分を救おうとしてくれたウルトラウーマングリージョに感謝の言葉を述べ、ギナは穏やかな気持ちで消えていった。

正史では、最後まで悪の存在としてアンドロ警備隊やウルトラ戦士達と敵対し、深い恨みを抱いたまま滅んだグア軍団だったが、今作での彼らは第3勢力であるタルタロス達ザ・キングダムの謀略によって運命を狂わされた被害者であり、単に野望を潰されただけで無く、兄弟と離ればなれにされたばかりか、手駒として魂までも徹底的に利用されるなど、如何に悪人とは言え余りにも惨たらしい仕打ちを受けており、これには正史での彼らと面識が無いグリージョはともかく、かつてのグア・スペクターを倒したギンガ達も同情を禁じ得ない様子だった。

そして、最後の最後で改心し、浄化されたかの様なギナの最期は、図らずも「運命が変わった瞬間」であった。

関連項目

ウルトラシリーズ ウルトラ超伝説 アンドロメロス ウルトラマンX

関連記事

親記事

アンドロメロス あんどろめろす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 73690

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました