ピクシブ百科事典

グア・スペクター

ふっかつのだいまてい

『ウルトラマンX』のキャラクター。『ウルトラ超伝説』および『アンドロメロス』に登場したグアのリメイクキャラクター。
目次[非表示]

データ

別名:幻影合身大魔帝
身長:58m
体重:3万3千トン
出身地:惑星グア?
担当声優:宇垣秀成佃井皆美


概要

ギンガビクトリーに倒されたジュダ・スペクターと、地球に潜伏して暗躍していたギナ・スペクターの精神エネルギーがモルド・スペクターと合体して誕生したグア軍団の大魔帝で、『ウルトラマンX』グア軍団編のラスボスと言える存在。

モルド・スペクターの肉体をベースにしているため、外見上はモルド・スペクターとの差異はまったくない。ただし、声はギナとモルドの声を混ぜ合わせたかのような不気味なものへと変貌しているほか、モルド、ギナ、ジュダ3人分の精神エネルギーを持ち合わせているため、その戦闘力も大幅にパワーアップしている。

モルド・スペクターの武器であるバットアックスに加えて、ジュダ・スペクターとギナ・スペクターの魂が宿り2人の顔が付いたバットキャリバーを用いて戦う。二つの武器に闇の力を纏わせて同時に振り下ろす技を持ち、その威力はオペレーションベースXのバリアを一撃で粉砕し、ギンガとビクトリーを同時に薙ぎ倒すほど。

なお、公式サイトによれば『アンドロメロス』や『ウルトラ超伝説』のグアと同様、元々モルド、ギナ、ジュダの3人は1つの存在だったが、それが何らかの形で分裂してしまったのだという。そのため、このグア・スぺクターがある意味彼ら本来の姿と言えるのかもしれない。また、モルド曰く、「一度魂が1つになってしまうともう2度と元には戻れない」とのことで、彼らにとっては最後の切り札とも言える姿だったようである。

戦歴

強大な闇の力とウルトラマンへの恨みの力で、エックス・ギンガ・ビクトリーを倒し、グア軍団を復活させるべく最後の戦いを挑む。

序盤こそ3人のウルトラ戦士を相手に互角以上の戦闘能力を見せつけたものの、強力であるがゆえに彼らからは必殺技を立て続けに喰らうはめになった。

手始めに『ギンガサンダーボルト』、『エレキングテイル』、『エレキング電撃波』の三連続電撃攻撃を喰らうも、これは大して効いておらず、逆に闇の力を纏った二刀流でギンガ、ビクトリーを圧倒する。

しかし、ここでエックスはエクシードXに、ギンガとビクトリーはギンガビクトリーに、それぞれ強化変身。
エクシードイリュージョン』を喰らって怯んだところに、続けて『フォトンエッジ』を喰らいバットアックスを破壊され、さらに『ソルジェント光線』によってバットキャリバーも失う。
ダメ押しとばかりに『エクシードエクスラッシュ』で闇の力を封じられたために復活の手段を絶たれ、トドメに『エクスラッガーショット』と『ゼペリオン光線』の同時攻撃を喰らい、木端微塵に爆散した。

余談

たった1話しか登場しなかったことに加え、割と呆気なく倒されてしまったことから、ファンの間では「実はそこまで強くなかったんじゃ…」という声も見られる。ただ、彼が圧倒されるようになったのはギンガビクトリーとエクシードXの登場以降であり、それまでのギンガ、ビクトリー、エックスの3人相手では圧倒的な強さを見せていたため、並みのウルトラ戦士では太刀打ちできないほどの強さを持っていたことは間違いない
また、やられ方に関しても並の怪獣ならば一撃で蒸発してしまうほどの必殺技を何発もぶち当ててようやく倒せていることから、超絶的なタフネスの持ち主であったことが窺える。結論を言えば、「決して弱くはなかったが、あまりにも相手が悪すぎた」。これに尽きるであろう。
ちなみに、特撮版『アンドロメロス』のグアも(こちらと状況は若干異なっているが)、弱くないが相手が悪すぎて呆気なく敗れ去るという、こちらと似たような末路を辿っている。

バットキャリバーについているジュダ・スペクターとギナ・スペクターの顔は、原典であるグアのスーツで奇跡的に残っていた部分であった、ジュダとギナのマスクパーツから型取りして作られたものであることが公式サイトのブログで明かされている

関連項目

ウルトラマンX グア
ジュダ・スペクター モルド・スペクター ギナ・スペクター

ウルトラリンチ

pixivに投稿された作品 pixivで「グア・スペクター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6459

コメント