2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「俺は究極生命体、アブソリューティアンの戦士。アブソリュートディアボロ!!」

データ

別名:究極生命体
出身地:不明
身長:65m
体重:9万t
CV:小川輝晃
英語版CV:デニス・フォルト
スーツアクター:大村将弘(『ウルトラマントリガー』)
デザイン:脇貴彦


概要

ウルトラギャラクシーファイト運命の衝突』に登場するアブソリューティアンの戦士(冒頭アニメーションで、彼に似たシルエットのアブソリューティアンは「アブソリューティアンの使者」と名乗っていた)。
『運命の衝突』に先駆けて、『ウルトラマントリガー』にて初登場した。

外見

アブソリュートディアボロ


アブソリュートタルタロスと同様の黄金の体を持っているが、タルタロスと比べるとよりマッシブな外見で、頭にも猛牛の如き角を持っているのが特徴。
また、胸部にも闘牛のような赤い紋章が刻まれている他、暗めの赤色がアクセントになっている。

能力

その外見通り、剛力を得意とするが巧みな技もこなせるという。

宇宙最強と呼ばれるコスモ幻獣拳の使い手であり、猛牛のような紋章状の金色のオーラを放つ奥義「剛力破牛拳」が必殺技。
トリガーパワータイプの必殺技、デラシウム光流を真っ向から破って彼に大ダメージを与えた。

その強さは究極生命体に恥じないもので、闇の巨人を軽くあしらい、この時はまだ碌に力を制御出来ていない状態だったとは言えトリガーの最強形態であるグリッタートリガーエタニティをも難なく追い詰めており、研鑽と修練を積んだウルトラマンリブットが相手となってようやく互角の戦いに持ち込めた程である。
また1対1の戦いでは押されることも多いが、レオ兄弟&レグロスの3人を同時に相手取り余裕を見せるなどかなりの戦闘力を持つことが窺える(単純な比較はできないが、レオ兄弟はタルタロスを苦戦させたことがある)。またグリッタートリガーエタニティとリブットの二戦目も圧倒されはしたものの攻撃は入れていた。


また、固有の能力として体に「アブソリュートハート」という心臓を持ち、これが無事な限り何度でも復活出来る。
しかし回数に制限があり、数回使えば確実に死に至ってしまう(劇中の会話から考察するに、トリガーの時点で残り4つになってしまっている模様)。

性格

一人称は「」で、「狂戦士」の異名を持つ粗暴乱雑な荒くれ者。
武人が持つ高潔な精神とは無縁の根っからの戦闘狂らしく、リブットから幾らかダメージを喰らってもその状況すら心底愉しんでおり、タルタロスに「熱くなるな」と止められた際には従いつつも面白く無さそうに舌打ちしている。
この辺りでも、理知的な性格であるタルタロスとは対照的と言える。
とはいえ戦闘狂の割には冷静であり、闇の巨人らのようにすぐヒートアップする事もなく、タルタロスから制止を掛けられると素直に応じている。

自身と正反対の性格・精神を持つアブソリュートティターンとは反りが合わず、いがみ合いになる事も多い。
ティターンが正々堂々とした闘いを重んじる騎士ならば、ディアボロは相手をなじって叩き潰す傍若無人のヒールレスラーと言ったところか。

活躍

ウルトラマントリガー

『運命の衝突』に先駆け、第14話「黄金の脅威」、第15話「オペレーション・ドラゴン」にてアブソリュートタルタロスと共に登場。

第14話「黄金の脅威」

本編の数日前に別次元からタルタロスと共に『トリガー』の地球に襲来。

闇の三巨人達に接触し一方的に闘いを仕掛け、反撃してきた彼らを軽くあしらうも遅れてやってきたタルタロスにより制止される。
『トリガー』世界への来訪目的はエタニティコアの奪取であり、タルタロスがカルミラ達に条件を呑ませると共に撤収した。
自身達が刺客として放ったデアボリックを撃破したグリッタートリガーエタニティの戦いぶりを見物し、エタニティコアの強大さを確信する。

その後、トリガーを呼び寄せるために自ら街に出現する。現れたトリガーを圧倒的なパワーと剛力破牛拳で追い詰め、力を制御できないグリッタートリガーエタニティを羽交締めにしてエタニティコアのエネルギーを奪おうとする。

トリガー相手には圧倒的優位であったが、アブソリューティアンを追って駆け付けたウルトラマンリブットの妨害に遭い、隙を突かれてトリガーの戦線離脱を許してしまう。
スプレッダーロッドを装備したリブットとはどちらが優位とも言えない一進一退の攻防を繰り広げるも、タルタロスが制止に入った事で不満気ながらも撤退した。

第15話「オペレーション・ドラゴン」

ナースデッセイ号のエネルギー問題の解決を考えたスクナシティ郊外の宇宙線研究所にGUTS-SELECTによっておびき寄せられ、ガンQGUTSハイパーキーの力でエネルギーを吸収される事となる。
エネルギーを吸収されながらもGUTS-SELECTのメンバーを襲おうとするも、意趣返しとして現れた闇の三巨人に妨害され、自らのエネルギーをナースデッセイ号をバトルモードに変形させるために利用される事となってしまい、苛立ちは頂点に達する。

そこへ特訓を終えたトリガーが現場に到着し、彼からの再戦を受ける。
前回とは一転して、力を制御出来るようになったグリッタートリガーエタニティに完全に手玉に取られる形となり、更にリブットが加勢した事で一気に劣勢となる。最後はトリガーのエタニティゼラデス、リブットのギャラクシウムブラスター、ナースデッセイ号のマキシマナースキャノンを同時に食らい爆散した。

しかし、倒されても尚アブソリュートハートにより復活
憤怒に燃えるが、エタニティコアが脅威となるのはまだ先の事と判断したタルタロスから「優先すべき相手は光の国だと告げられ、共にザ・キングダムへと帰還した。
尚この時ナラク内で復活したが、ハートだけの状態で移動出来たのか、或いはタルタロスがハートを回収したのかは不明。

上述の通り、一時的とは言えトリガー世界の善と悪の勢力が共闘し、それにリブットが加勢して何とか撃退に成功したのだが、これだけの戦いを経ても、結局その後であっさりと復活しており、視聴者にアブソリューティアンの更なる厄介さを印象付けた。

ウルトラギャラクシーファイト運命の衝突

プロローグ編

「おいおい!ここは神聖な場所だ!お前らが入れるような場所じゃあねぇ!!」

更なるアブソリュート粒子を注入するためザ・キングダムを訪れたベリアルトレギアの前に、アブソリュートティターンと共に現れる。
ティターン共々、アブソリュート宮殿に立ち入った二人が気に入らなかったらしく、上記の台詞で威嚇し一触即発の雰囲気となるが、二人を連れてきたタルタロスに制止される。

また同話にて、胸部にある闘牛のような紋章はコスモ幻獣拳習得者の証である事が判明した。

本編

捕虜の様子を確認しにナラクを訪れた際に、レグロスを救おうとするユリアン「捕虜が余計な事してんじゃねぇ!」と一蹴し、レグロスに暴行を働いて嘲笑った後、その場を後にする。
この時レグロスとの間には只ならぬ因縁がある事が窺えるが、同時にディアボロのコスモ幻獣拳は真っ当な手段で修得した訳では無い疑いが出ている。

惑星バベルにて任務に失敗して撤退したティターンや、レオ兄弟との共闘の末にゼロに敗れたタルタロスを目の当たりにして「アブソリューティアンとしてのプライドは無いのか」と嘲笑っていたが、ティターンにして見れば粗暴だけが取り柄の彼にだけは言われたくない状況で、必殺技の打ち合いによる小競り合いを起こしている。
この時、トレギアはコスモ幻獣拳に興味深そうな反応を示したが、ベリアルは「下らない」と吐き捨てている。

後に光の国にてユリアン王女レスキュー隊が結成されザ・キングダムに乗り込まれるも「ただの死にたがり」と嘲笑いつつも自身はナラクに先回りしアストラと交戦する。
剛力破牛拳を放って大ダメージを与えて、警告してなおレグロスを救おうとするユリアンに暴行を加えようとすると、自力で鎖を引き千切ったレグロスにより因縁の対決となる。
閃光烈風弾によるダメージを受けてる間にユリアンとアストラに逃げられてしまうも、撤退先の座標を探している隙に何レグロスを追い込みながらエルドラタワーにたどり着く。しかし再び剛力破牛拳を放つもレグロスの白虎赤龍弾により妨害を受けてしまう。
レスキュー隊をタルタロスが大軍を連れて惑星ブリザードまで追いかけるがそこには合流したウルトラ戦士達が待ち構えており全面対決へ突入し、レグロスと改めて激突。

その最中の会話で断片的ではあるが、レグロスの師・マスターアルーデを殺害し、そうする事で彼の「剛力破牛拳」とコスモ幻獣拳習得者としての紋章を得ていた事が判明。
これを知ったレオ兄弟の怒りも買う事になり、そのまま一度に3人の宇宙拳法の使い手と相まみえるが、それでもなお余裕を見せる。しかし、レグロスが隠し持っていた兄弟子達の力を使い、レオとアストラの協力の下に繰り出された『幻獣覇王拳』を受け、アブソリュートハートを残して爆散してしまう。

アブソリュートハートはタルタロスに回収され、次元の穴に飲み込まれ辿り着いた『トリガー』の世界の地球にて蘇生され、そのまま上記の『ウルトラマントリガー』の第14話、第15話へと続いていく。

この時、タルタロスに「アブソリュートハートも残り5つ」と宣告され、命を大事に使えと警告される。すなわち、『トリガー』世界での出来事を加えると、ディアボロを完全に倒すには、後4回は撃破しなければならないという事になる

余談

  • ディアボロはイタリア語で悪魔を意味する言葉である。…が、タルタロスがタルタルソースとネタにされたのもあって、ディアボロもまた「名前の由来は"ディアボロソース"なのでは?」というネタも。
  • シルエットだけなら、前作『大いなる陰謀』最終話配信後にTwitterに投稿されたイラストにて登場していた。
    • ちなみに、このイラストにはディアボロの他に2人のアブソリューティアンのシルエットが描かれており、後に青いシルエットのアブソリューティアンがティターンだと判明する。
    • シルエットの立ち位置故にディアボロがリーダー格でタルタロスは先兵と当初は思われていたが、いざ蓋を開けてみると本編における実際の立ち位置は異なり、タルタロスに率いられるディアボロ達3人のアブソリューティアンと見方が変わる。
    • ちなみにデザイン段階では、実際にディアボロがリーダーという設定だったとの事。そのため金色の面積がタルタロスより多いようだ。
    • コスモ幻獣拳に関してもデザイン段階では設定が存在しなかったためデザイン画には紋章は存在せず、設定が固まってからスーツに追加造形される事になった。
  • 声を担当する小川輝晃氏は、『忍者戦隊カクレンジャー』のサスケ/ニンジャレッド役や『星獣戦隊ギンガマン』の黒騎士ヒュウガ役が有名。しかし、意外にも円谷プロ作品への出演は(モーションアクターとして参加した『ULTRAMAN』を除くと)『運命の衝突』が初出となる。
  • 技の名前に『牛』が入っているが、『Another Genesis』に登場する十二星座をモデルにした「王の眷属」との関連は不明。
  • 第15話の舞台となった『スクナシティ』の由来は、『ウルトラマンティガ』に登場した宿那鬼に由来。
  • 上述の通り、倒されても心臓から復活したが、かつてウルトラセブンもまたシルバーブルーメによって心臓だけにされる程の大ダメージを受けるもウルトラの母によって救出され復活した過去があり、この点も含めてアブソリューティアンとウルトラ一族が似通っていると言っていいだろう。


関連タグ

アブソリューティアン ウルトラシリーズ
ウルトラギャラクシーファイト運命の衝突 ウルトラマントリガー

ウルトラの父:顔のシルエットが似ている。
ウルトラマンタイタス:同じくマッシブな体格のパワーファイター。
モルド・スペクター:こちらも過去の短編作品に登場した敵と関連がある強敵。出現により主人先輩ウルトラ戦士から手解きを受け、強化形態を使いこなせるようになった点も共通。
グローザム:好戦的な性格で、不死身の体を持つ強豪宇宙人繋がり。光の国とも因縁深い組織の一角で、「豪将」の名を冠している。

牡牛座のアルデバラン:金色の巨体やシルエットが酷似している他、拳法も用いる。
クロコダイルオルフェノク:命を複数持っていて、1回ずつ倒されても蘇るという再生能力を持つ強敵繋がり。
幻獣拳獣拳戦隊ゲキレンジャーの敵組織。黄金の拳法使い繋がり。
ディアブロ(ビヨンド・ジェネレーションズ): 同じく悪魔という意味(こちらはスペイン語)の名を持つ特撮作品(こちらは仮面ライダーシリーズ)の敵キャラ繋がり。

関連記事

親記事

アブソリューティアン あぶそりゅーてぃあん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52322

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました