ピクシブ百科事典

黒騎士ヒュウガ

くろきしひゅうが

「星獣戦隊ギンガマン」に登場するキャラクター。

概要

炎の兄01


演:小川輝晃

リョウマの兄。武器である星獣剣を使うと星が飛び散るほど。
元々ヒュウガ自身がギンガレッドになるはずだったが、継承式の際に現れた宇宙海賊バルバンとの戦いで地割れに落下し、その星獣剣をリョウマに託し生死不明となっていた。リョウマはその志を継ぎ、ギンガレッドに変身することになる。

しかし落ちた地底にはバルバンに敗れ傷ついた黒騎士ブルブラックが潜んでおり、ブルブラックはヒュウガを取り込むことで復活し、バルバンへの復讐を再開した。
最初はブルブラックの中でヒュウガは半ば眠っている状態だったが、己の復讐のためには他人の犠牲も顧みず、なりふり構わぬ行動を取るブルブラックの中でヒュウガの良心が目覚め、ブルブラックの心も苦しみを覚えるようになってゆく。
そしてヒュウガとその弟であるリョウマの姿を、自分と自分の弟に重ねた事でその行為を恥じたブルブラックは、命を捨てて地球崩壊の危機を救い、ヒュウガに黒騎士の力と称号、そして相棒のゴウタウラスを託して自らは昇天した。
ヒュウガ自身もリョウマ達と共に闘いたいという願いと黒騎士の意志を受け継ぐという思いで、ブルライアットを天にかざした。
こうしてブルブラックの鎧を纏う『黒騎士ヒュウガ』が誕生するのであった。
以降は6人目の戦士としてギンガマンや星獣たちと共にバルバンと戦うが、三十七章でゼイハブに見限られ、故郷を滅ぼされた上に、姪イリエスを殺害されたことでゼイハブに復讐せんと企むブクラテスによってイリエスとの戦いでダメージを負い弱った隙を突かれゴウタウラスを捕獲され、やむなく別行動をとることとなってしまう。
続く三十八章ではゼイハブの星の命を破壊出来ると言われる斧、ナイトアックスを使えるようにするために「沈み草」を飲みアースを捨て、以後はブクラテス自身が海に沈められた際に生還するために使っていた星の命を使い修行しているうちに初めは利害の一致ということで協力していた彼らにも次第に信頼関係が芽生えていった。
そして四十九章でシェリンダによって瀕死の重傷を負わされたブクラテスからゼイハブの弱点は右胸の星の命であることを聞かされたあと彼の最期を看取りギンガマンと合流、そして最終章でのゼイハブとの一騎打ちで右胸にナイトアックスの一撃を決めるが、実はゼイハブは星の命をいつの間にか中央に埋めかえていたため攻撃は無意味に終わってしまい、さらにナイトアックスも破壊され変身解除した隙を突かれて生身の状態で攻撃を受けてしまう。
が、第一章でリョウマにしたように彼に「星を守りたいという思いがあるかぎりアースは生まれる」と励まされたことでアースが復活、リョウマと共にW炎のたてがみでゼイハブの星の命を破壊することに成功、ギンガマンと共にゼイハブを倒しその直後に復活したギンガの森へ皆で帰還した。

人間態を持たない戦士から、その姿と装備を変身者に後継するというケースは、スーパー戦隊シリーズ上、どころか特撮の中でも非常に珍しい。


本編以外では199ヒーロー大決戦冒頭および、海賊戦隊ゴーカイジャー第20話『迷いの森』にてゲスト出演している。

関連タグ

星獣戦隊ギンガマンギンガレッド黒騎士ブルブラック
忍者戦隊カクレンジャー(役者繋がり)
海賊戦隊ゴーカイジャー(劇場版第1弾&本編20話にてゲスト出演)

pixivに投稿された作品 pixivで「黒騎士ヒュウガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3524

コメント