ピクシブ百科事典

グローザム

ぐろーざむ

ウルトラシリーズに登場する宇宙人で、冷凍星人の別名を持つ。
目次[非表示]

俺は不死身の、グローザムだッ!!

データ

別名身長体重出身地CV
冷凍星人2m~56m200kg~2万tグローザ星系江川央生


概要

ウルトラマンメビウス』第43話「脅威のメビウスキラー」で初登場。
皇帝「エンペラ星人」に仕える「暗黒四天王」の豪将の地位に就いており、グランドキングに似た形状の角を携える銀色に輝く鋭利なデザインが人気の宇宙人である。
その肩書き通り強烈な冷気を放つ攻撃が可能であり、その気になれば一つなど軽く氷結出来るほど。
から吐く「ヘルフローズンブレス」と、両腕ので相手を攻撃する「グローザムブレード」が主な武器である。
攻撃もさる事ながら、そので出来た体はいくらバラバラに砕かれても再生する事が可能となっており、不死身のグローザムの異名を持っているのはその為である。
豪傑らしい自信満々な性格もその再生能力がある故で、かつて3万年前に引き起こされたウルトラの星との全面戦争「ウルトラ大戦争(ウルティメイトウォーズ)」においても、寒がりなウルトラ一族からその冷気や再生能力が大いに恐れられていた。
暗黒四天王が動き出した当初からメビウスとの一戦に向けて気合をいれており、第44話で一番手のヤプールが倒れたのを知った際には、早速次なる刺客へと名乗り出ようとしたが、この時は同志であるデスレムに先を越されてしまった。
そのデスレムもメビウスに倒された後、第46話で四天王三番手としてようやく指名される。

先に出撃したヤプールやデスレム、そして後にメビウスと戦ったメフィラス星人が策略を主軸とした作戦でメビウスを苦しめた中、グローザムだけは回りくどい謀は一切用いず(事前に戦いの舞台となるダム周辺を氷結させ、邪魔者避け対策を施すなどは行っていたが)に、文字通り真正面からメビウスに勝負を仕掛けた。
その自信に違わず初戦ではメビウスを圧倒し、バーニングブレイブとなって放ったメビュームバーストをもかき消す冷気でメビウスを氷漬けにしたうえでダムににし、その様子を地球人たちに見せつけ絶望感を植えつけ、さらにあえて止めを刺さずにウルトラ兄弟を誘い出してこれをもろとも倒そうと企む。事実ウルトラセブンを誘い出す事に成功している。
しかしその自信過剰な性格が仇となり、格下と侮っていたGUYSにメビウスの復活を許しただけでなく、メビウスとセブンの一斉攻撃でバラバラになった所をGUYSの新兵器「マクスウェル・トルネード」によって欠片一つ残らず消滅してしまった。どこかの自称無敵の宇宙人みたいだ(加えて、メフィラス星人の「人間の力を甘く見ない方がいい」という忠告を鼻で笑い、無視するという死亡フラグを踏んでいる)

その後

『ウルトラマンメビウス外伝 ゴーストリバース』ではアーマードメフィラスの力によって復活させられ、他の四天王と共に「ギガバトルナイザー」を手に入れて皇帝復活を企んでいる。
ここではインペライザーを率いてメビウスに先制攻撃を仕掛けたり、ウルトラ兄弟に苦戦する四天王の元に駆け付けて一喝を入れるなど豪将らしい振る舞いも見せた。
大怪獣バトル』シリーズの漫画版やゲームのストーリーでもグローザムは登場しており、同じく平行世界に出現したキリエロイドとバトルナイザー争奪戦を繰り広げている。
ここでも皇帝復活を目的としており、アーマードダークネスの力を授かって紫色のを纏った「アーマードグローザム」としてパワーアップを果たした。

闘士グローザム

ウルトラマン超闘士激伝新章』ではデスレム共々第4回銀河格闘トーナメントに出場。優勝候補の闘士ウルトラセブン21を下し1回戦を突破した。
観客席のギガスマーゴドンアイスロンなどの冷凍系怪獣も「なんて恐ろしい奴だ」と舌を巻いている。
過去には962もの惑星を滅ぼしている残虐な宇宙犯罪者で、「ちまちま積み上げたものをぶち壊す」のを何よりも好む。
亜空間「皇帝空間」にて闘士ウルトラマンメビウスを追い詰めるが、間一髪割り込んだ闘士ウルトラマンネオスの計略により体の大半を焼き尽くされてしまい、デスレムから見捨てられ皇帝空間に投げ込まれた火球を受け倒された(このシーンは原作者・三条陸氏の代表作『ダイの大冒険』における、グローザムにソックリな悪役「フレイザード」の末路に似ている)。

…が、デスレムが作中で言っている通り「皇帝騎団は不死身」であり、皇帝空間にて霊魂のみの状態で暗黒司祭ジェロニモンにより蘇生される。新たに肉体を得た後にデスレム共々四天騎星に選任された。
復活したメフィラス大魔王により窮地に陥る闘士ウルトラマンタロウを嘲笑うも、修業を積んだ21とネオスの合体攻撃に苦戦を強いられた。

同族

『ウルトラマン列伝』内にて放送される『ウルトラゼロファイト第二部』では、同族の『グローザ星系人氷結のグロッケン』が登場。
赤く輝く瞳を持っており、『ダークネスファイブ』の一員としてウルティメイトフォースゼロの面々と激しいバトルを繰り広げた。
この時はチンピラ紛いのキャラクターになっており、グレンファイヤー不良対決を行っている。
後日談ではダークネスファイブ随一のコミカルなキャラクターとして描写されていた。

余談

初期の名称は「グレイザー」。

人間大時のローブはソリチュラの流用。

この回でメビウスとセブングローザムが戦った場所は『ウルトラマンネクサス』の防衛チームナイトレイダーのロケ地でもある宮ヶ瀬ダムである。

グローザムの中の人はロベルガーの声も担当している。また、グローザムとデスレムの中の人はスターフォックス64でも共演している。

関連タグ

ウルトラ怪獣
ウルトラセブン
ウルトラマンメビウス
エンペラ星人
メフィラス星人三代目
デスレム
ヤプール
グランドキング (他人の空似)
暗黒四天王
ダークネスファイブ

pixivに投稿された作品 pixivで「グローザム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24711

コメント